ホーム » 暮らし » 【三重】西洋では「悪魔の魚」 タコと日本人を考える企画展 鳥羽・海の博物館



【三重】西洋では「悪魔の魚」 タコと日本人を考える企画展 鳥羽・海の博物館

鳥羽市浦村町の市立海の博物館で、日本人の暮らしと密接に関わる海の生きもの「タコ」を通して、人と海とのつながりを考える特別展「こまったときのタコだのみ~まちを元気に、タコに願いを~」が開かれている。 

 西洋ではタコは「悪魔の魚」と呼ばれ嫌われているが、日本では古くから食べられてきた。鳥羽市もタコ漁が盛んで、神島と渥美半島間の伊良湖水道に生息するタコは、海流にもまれて身が締まり「おいしい」と評判だ。 

 タコ薬師やタコ地蔵として信仰を集める。英語のオクトパスに引っ掛けて「置くとパス」する受験の願掛けや、「ひっぱりダコ」から連想する商売繁盛など、地域振興にも活用される。 

 特別展は「タコへの信仰と伝承」「タコの捕り方いろいろ」「タコ食と地域振興」の3部門に分けて約200点を展示した。 

 信仰と伝承は、兵庫県明石市から借り受けた合格祈願の「たこ神社」や、絵馬、祭具、古文書などを使って解説。捕り方では、タコ漁の歴史や海女とタコの浮世絵、日本最古とされる弥生時代のタコつぼなどを並べた。タコ食では、各地のタコを使った郷土料理の他、まちづくりに奮闘するタコのキャラクターや、タコをデザインしたマンホールのふたなどを紹介している。 

 博物館学芸員の縣拓也さん(38)は「タコは、不思議な姿から恐れられながらも、信仰と関心を集め続ける、ミステリアスな海の生き物だ。人と海との密接なつながりを感じとってほしい」と話している。11月25日まで。【林一茂】 

182 名前:名無しさん@1周年 2018/08/30(木) 07:14:10.31 ID:5cIKDNT50

イタリアあたりだと食ってるだろ
あとイカも

 

183 名前:名無しさん@1周年 2018/08/30(木) 07:17:18.97 ID:sP7IVRxo0

フングルイ・ムグルウナフ・クトゥルー・ルルイエ・ウガフナグル・フタグン

 

184 名前:名無しさん@1周年 2018/08/30(木) 07:17:31.97

ID:VpFfJjM/0http://pbs.twimg.com/media/CFnB38EUsAEL5UK.jpg

 

185 名前:名無しさん@1周年 2018/08/30(木) 07:19:30.24 ID:jXBxyahv0

タコを食わないのは、旧約聖書を重んじるプロテスタントとユダヤ教かな

 

186 名前:名無しさん@1周年 2018/08/30(木) 07:19:35.73 ID:izDcxzD+0

スペインでもオリーブ油漬けにして喰うしな。確かギリシャにもタコ料理あったはず。

 

引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1535559912/

 




コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です