ホーム » wpmatomen の投稿

作者アーカイブ: wpmatomen

爬虫類の翼竜にもフサフサの羽毛 中国で化石見つかる


翼や頭部に鳥のような「羽毛」が生えた小型の翼竜の化石が、中国で見つかった。 
 鳥の遠い祖先の小型恐竜などはフサフサの羽毛に覆われていたことが知られているが、絶滅した空を飛ぶ爬虫(はちゅう)類の翼竜にも、原始的な羽毛を持つものがいたことになる。 
 なぞが多い羽毛の進化や役割の解明などに役立つ発見と期待される。 

 中国科学院などの研究チームが科学誌ネイチャーエコロジー&エボリューションに18日、発表する。 

 研究チームは、中国河北省の約1億6千万年前(ジュラ紀)の地層から出た小型翼竜2体(翼を広げた大きさで推定約40~45センチ)の化石を詳しく調べた。 

 化石は保存状態がよく、体表に細い繊維状のものが生えていた痕跡があった。コウモリのような皮膜のある翼などに生えていた繊維は、1本が途中で細かく枝分かれするなど原始的な羽毛の特徴を備えていた。 
 研究チームは、「羽毛」が空を飛ぶことや体温の保持などに役だった可能性があるとみている。 

 国立科学博物館の真鍋真標本資料センター長は「鳥類は飛ぶために体が軽く体温を保持しにくいが、羽毛のおかげで体温を一定に保てる『恒温動物』になっている。 

 体の軽い翼竜にとっても、羽毛のような構造をもつことは、体温を保持する上で重要だったのかもしれない」としている。 

http://www.asahi.com/sp/articles/ASLDG3TC0LDGULBJ004.html

 

(さらに…)

アパマンのアホマンのせいで居酒屋が大惨事だった 衝撃で居酒屋の階段は崩れ落ち2Fの客は死を覚悟


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181217-00010003-doshin-hok

突然の爆音と衝撃が繁華街を襲った、16日夜の札幌市豊平区の爆発と火災。 
当時、現場付近の居酒屋「北のさかな家 海さくら平岸店」には多くの客や店員がいた。「助からないと思った」―。 
客らの証言からは、勢いを増す炎の中で逃げ場を失いかけた店内の混乱が浮かぶ。 
現場周辺の住宅も爆風などで被害を受け、人々は不安を抱えながら避難所で一夜を過ごした。 

【動画】不動産店員、室内でスプレー缶処理 「湯沸かし器に点火」 札幌爆発 

 「ドカン!」。 
16日午後8時半ごろ、海さくらの2階にいた中央区の自営業の男性(49)は突然、激しい爆発音を聞いた。 
妻(49)や娘(21)と7人で食事中。爆発の衝撃で「天井が抜け、壁が吹き飛ばされた。 
平岸街道が店内から見えた」と男性は言う。 
2階には他に4~7人のグループが数組いた。 
窓ガラスの破片が飛び散り、柱も崩れた。 

 直後に店員の「落ち着いてください」という怒鳴り声が聞こえた。 
5分ほどたつと、火が見え、みんな「下に下りなきゃ」とパニックに。ガスのような臭いも漂ってきた。 

 火はむき出しになった壁の断熱材に引火し、あっという間に広がった。 
だが、2階から1階に下りる階段は爆発の衝撃で崩れ落ち、使えなかった。 
男性の妻は「熱くて熱くて。もうダメかと思った。火もその辺りから出ていて、みんな窓側に駆け寄った」。 
その重みで2階の床が抜け、客ら20人ほどが1階に落ちたとみられる。 
男性は「もし床が抜けなかったら、逃げ場がなかった」と声を震わせる。

 

(さらに…)

心臓を降ろし忘れ、旅客機が空港に引き返す 米


米サウスウエスト航空は15日までに、同機の旅客機がドナーから提供された心臓を目的地の空港で降ろし忘れる出来事があり、離陸後に空港に引き返すことを余儀なくされたと明らかにした。 

心臓を載せた旅客機はシアトル・タコマ国際空港に9日に到着。当局者によると、同空港で降ろす予定だった。だが、サウスウエスト航空が「命にかかわる貨物」が機内に残っていることに気付いたのは、同機が次の目的地のダラスに向けて出発した後だった。 

同航空は「心臓が指定の時間内に確実に配送されるようシアトルに戻る決定を下した」と説明している。 

臓器提供を手配した非営利団体シエラドナーサービスによると、心臓に損傷はなく、時間通りに送り先に届いた。 

この臓器は弁の移植用に提供されたもので、将来の手術に使われる可能性がある。相手を指定して提供されたわけではないという。心臓弁は移植前に処理が必要ですぐには使用されない。 

シエラドナーサービスの責任者モニカ・ジョンソン氏は、提供者の家族は説明を受けたと強調。「愛する家族の心臓弁が届いて治療に使われる見通しとなり、ほっとしていた」と明らかにした。 

CNN系列局のKTXLによると、提供された組織は貨物室内の温度調整された箱で運ぶ。心臓全体を移植する場合であれば、専門チームを乗せたチャーター機で輸送していたはずだという。 

http://www.cnn.co.jp/usa/35130182.html

 

(さらに…)

行く先はどれくらい遠いのもう二度と戻れないの。ボイジャー2号、地球から180億km離れ太陽系外へ


米探査機が太陽系外に ボイジャー2号 
http://www.sankei.com/life/amp/181211/lif1812110008-a.html?__twitter_impression=true

飛行するボイジャー2号のイメージ(NASA提供・共同) 

 米航空宇宙局(NASA)は10日、1977年に打ち上げられた探査機「ボイジャー2号」が11月5日に太陽系の外に出たと発表した。同じ年に打ち上げられ、2012年に一足先に出た探査機「ボイジャー1号」に続き、星間空間に旅立った2個目の人工物となった。 

機体は打ち上げ以来、太陽から噴き出す電子などの粒子「太陽風」が届く範囲内を飛行していた。だが11月5日以降、機体の周辺で太陽風が観測されなくなったため、太陽系を離れ、星間空間に出たと判断した。 

 現在は地球から約180億キロ離れた領域を飛行中で、通信には片道16時間半かかる。これまでに木星や土星、天王星、海王星を観測した。太陽風ははるか遠くの宇宙から飛んでくる高いエネルギーの宇宙線を防いでいるが、 
8月後半以降、機体で宇宙線が多く検出されるようになり、星間空間への突入が近いとみられていた。 
 太陽系の領域については太陽風が届く範囲のほかに、さらに遠方にある小天体の集まり「オールトの雲」を含める考え方もある。(共同) 

http://www.sankei.com/images/news/181211/lif1812110008-p1.jpg
http://www.sankei.com/images/news/181211/lif1812110008-p4.jpg

 

(さらに…)

【インド】少女(7)、自宅にトイレを作らない父親の逮捕を要求


インドの少女、父親逮捕を要請 「トイレ設置する約束破った」 
http://jp.reuters.com/article/health-toilets-idJPKBN1OC051
インドで7歳の少女が警察に対し、自宅にトイレを作る約束を守らなかったとして父親の逮捕を求めた。警察が12日に明らかにした。 

インドでは、数百万人が公衆衛生にアクセスできない状況で、先進工業都市でも野外での排便が問題となっている。 
モディ首相は5年間でトイレを1億個設置するなど「クリーン・インディア」キャンペーンを展開しているが、効果は一部地域に限られている。 
一方、地方を中心に、屋内トイレは不潔と考えるインド人が多い現状もある。 

インド南部の町アンバーに住む少女は野外で排便したくないとして父親に屋内トイレ設置を約束してもらったが、実現しなかったため、警察に訴えたという。 
(略)

 

(さらに…)

観光で行きたい都道府県ランキング2018ベスト10 1位北海道 2位京都 3位沖縄


観光で行きたい都道府県ランキング2018ベスト10!2位京都、1位は? 

国内旅行をする人が増えている。2014年には5億9522万人だった日本人の国内旅行者数は、15年6億472万人、16年6億4108万人、 
17年6億4720万人と、ここ数年で5000万人近く増加した(観光庁「旅行・観光消費動向調査」平成30年2月)。 
では、国内旅行の候補に挙げられる、観光で行きたい人気の都道府県はどこなのか。ブランド総合研究所が行った「都道府県観光意欲度ランキング2018」を見ていこう。 
(有効回答数:全国3万24人)。 

観光したい都道府県1位は北海道! 

北関東+埼玉はワースト4位に 

2018年の都道府県「観光意欲度ランキング」1位に選ばれたのは北海道で、なんと09年から10年連続のトップとなった。点数は11年以降継続的に 
低下傾向にあったが、16年を底に下げ止まっている。 

2位は京都、3位沖縄県、4位東京都、5位奈良が続き、上位5位の顔ぶれは09年から全く同じで変わっていない。 

一方、ランキング下位に目を移すと、茨城県が10年連続最下位という結果になった。同じ北関東の栃木県は44位、群馬県は45位、 
そして埼玉県は46位と、北関東3県と埼玉県がワーストを占める構図も前年と同じだった。 

http://diamond.jp/articles/-/187882
http://dol.ismcdn.jp/mwimgs/d/6/670m/img_d60a1f53e385b56c03371e0397dc5889120791.jpg

 

(さらに…)

鬼太郎のねこ娘風のとてもえっちなランジェリー発売


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00000006-mantan-ent

故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の鬼太郎とねこ娘をイメージしたランジェリー「ゲゲゲのランジェリー」が、 
バンダイから発売されることが11日、明らかになった。 

【写真特集】ねこ姉さん(ねこ娘)、鬼太郎のランジェリー モデルの着用イメージも リボンが可愛い 

 ねこ娘のランジェリーはブラ、ショーツのセットで、鮮やかな赤を基本生地に採用し、ワンポイントとしてリボン柄のレース装飾を施した。 
リボン形のヘアゴムとチョーカーも付属する。価格は1万2960円。 
鬼太郎モデルはブラ、ショーツのセットで、ブラは青を基調としたカラーリング。 
ショーツは鬼太郎の短パンをイメージした。価格は1万584円。 

 バンダイのアパレル関連の公式ショッピングサイト「バンコレ!」で予約を受け付けている。2019年3月に発送予定。

 

(さらに…)

長財布はデメリットだらけ、最新トレンドは「ミニ財布」貯蓄率が激増する理由とは


■ミニ財布で年収に対する貯蓄率が約1割上昇した 

ミニ財布にしてお金が貯まったかどうか。 
計算してみると、収入は、ほぼ横ばいだったが、年収に対する貯蓄率は約1割上昇した。 
その理由としては、ミニ財布になったことで、支出に対してニーズとウォンツの見極めがよりシビアになったこと。 
家計管理もミニマムに押さえるようになったことなどが挙げられるかもしれない。 
ただ、筆者としては、ミニ財布を使用してみた結果、再び、長財布を購入しようかと検討中である。 
前掲のメリット・デメリットを踏まえて、筆者のお金の使い方に、ミニ財布が自分に100%適しているわけではないと感じたからである。 
ミニ財布を持つのに向いている人は、「現金をできるだけ持ち歩きたくないキャッシュレス派」や 
「ポイントカードなどはスマホアプリで読み込むなど情報リテラシーに敏感派」などだ。 
筆者のように、現金とキャッシュレスの両方を使い分けている場合は、ミニ財布は、やや使いにくいと感じるシーンがある。 
もちろん、ミニ財布のメリットも十分あると実感したので、今後は上手に使い分けたいと考えている。 

■ポイントカード中毒&慢性的なブタ財布の人は「ミニ」を試せ 
そして、次のような方は、ぜひとも、一度はミニ財布を使ってみるべきである。 
・レシート類の整理整頓が下手→家計管理もずさんタイプ 
・クレジット、ポイントカードを大量に保有している→おトク感中毒タイプ 
・何でも、とりあえず財布に投入してしまう→慢性的に豚財布タイプ 
結論としては、長財布とミニ財布も、最終的に家計管理ができるか、お金を貯められるかは、本人のやり方次第だろう。 
見直すべきなのは、財布自体ではなく、お金の付き合い方である。 
とはいえ、ミニ財布に切り替えることで、お金の「出入り」に敏感になり、賢い消費行動が取れるきっかけや、貯められる環境は整う。 
来年こそ、無駄遣いを控えたいとお考えの方は、まず、自分に合ったミニ財布選びから始めてみるのもいいかもしれない。 

ミニ財布
http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/c/f/cf677_1238_c738941f6e17b25df3e7767ecb46ac7e.jpg
http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/a/a/aaeb0_1238_df380a68e2a0eca8993a6e7c52675456.jpg
http://news.livedoor.com/article/detail/15716999/

 

(さらに…)

【悲報】イタリア人 「数ヶ月に一度サイゼリヤに行く。昔の家庭の味を思い出させてくれるから。」


都内でイタリア料理屋を経営するイタリア人「数ヶ月に一度サイゼリヤに行く。昔の家庭の味を思い出させてくれるから。」 
http://togetter.com/li/1295943

 

(さらに…)

「猫城主」大奮闘……ブサイクだけど愛嬌があって可愛らしい猫いるよな


———-
「猫城主」活躍のためには何が必要? 岡山 高梁 

城に住みついたネコが岡山県にいます。観光客からは「猫城主」と呼ばれ人気 
です。地元では“末永く「招き猫」として活躍してもらいたい”といろいろ知恵 
を絞っています。 

岡山県高梁市にある備中松山城では7月の西日本豪雨のあとに3歳のオス猫が 
住みつきました。 

「さんじゅーろー」と名付けられたこの猫、地元では「猫城主」と呼ばれ、観 
光客の人気を集めています。 

豪雨で落ち込んだ観光客の回復に一役買った「招き猫」にできるだけ長く活躍 
してもらおうと市の観光協会は話し合いの場を持ちました。招かれたのは市内 
で動物病院を営む獣医師。ネコにとって暮らしやすい環境などを学ぶためです。 

獣医師からは、決まった時間に餌を与えて生活リズムを守ること、なるべく広 
いトイレを2か所以上つくることが大切だとアドバイスされました。 

「さんじゅーろー」は休養のため、いまは観光協会の事務所で過ごしています 
が、今月20日ごろからは再び「猫城主」としての務めを果たす予定です。 

高梁市観光協会の相原英夫事務局長は「『さんじゅーろー』が安心して過ごせ 
る環境を整え、地元の魅力の1つとして全国に発信していきたい」と話してい 
ました。 
———-
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20181206/k10011736811000.html

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20181206/K10011736811_1812061407_1812061411_01_03.jpg
http://scontent-dfw5-1.cdninstagram.com/vp/8e3923b7728f05ba667d93c7588a85e8/5CA942DC/t51.2885-15/e35/46148020_267260913936348_5266340965463905809_n.jpg

 

(さらに…)