ホーム » アジア

アジア」カテゴリーアーカイブ

【動画】なかなかエレベーターが来ないためドアを無理矢理開ける 義父「よし乗ろうか」 → 死亡

中国のアパートで故障したエレベーターを点検する際に男性が落下死するという事故が起きた。 

10月5日、中国のアパートにて起きた事故で、若い男性がボタンを押してもエレベーターが来ないため、 
鍵でロックを外し強制的にエレベーターのドアを開けてみた。 
彼は中を覗き機械を見ようとした際に後ろに立っていた男性がエレベーターの方に歩いていき暗闇に落下してしまった。 

落下した男性はなんのためらいも無く手を後ろで組みエレベーターに乗ろうとしているが、 
その場にエレベーターは無く8メートル下に落下してしまい落下死。 

男性がドアを開けた理由は点検するためでなく、ドアが開かないことから強引に開けたにすぎなかった。 

この2人の男性の関係は、若い男性は婿で落下死したのは義理の父になる。 

この動画を見た中国のネットユーザーは「エレベーターの故障がなんにせよ必ず専門家に任せるべき」、 
「婿の罪悪感はとんでもないだろうな」と発言している。

※記事に動画あり
http://gogotsu.com/archives/43831
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2018/10/001-24.jpg
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2018/10/002-13.jpg
GIFアニメ ※実際の動画は2分くらい
http://dotup.org/uploda/dotup.org1665301.gif

 

(さらに…)

産経「戦犯旗とレッテルを貼り旭日旗ヘイトする韓国は非常識極まる。そんな国と安保協力など不可能だ」

【主張】旭日旗の掲揚 日本の「誇り」は譲れない 

政府は、韓国により11日に開かれる国際観艦式への海上自衛隊護衛艦の派遣を見送った。韓国が自衛艦旗「旭日旗」の掲揚自粛を求めてきたためである。 
受け入れられないのは当然だ。 

韓国は近年、旭日旗に「戦犯旗」というレッテルを貼り、排斥の動きを強めてきた。旭日旗ヘイト(憎悪)は、いわれのないもので国際的にも非常識極まる。排斥を直ちにやめてもらいたい。 

河野克俊統合幕僚長(海将)は会見で「誇りとしての旗だ。降ろしていくことは絶対にない」と語った。海自はもとより、日本の主権と誇りにも関わる問題だ。 

国際法上、海自は海軍の位置付けだ。軍艦(護衛艦)と一般船舶とは区別されなくてはならず、国連海洋法条約は軍艦に、所属国の軍籍を示す「外部標識」を義務付けている。 
これが軍艦旗(自衛艦旗)で、国の主権の象徴として最上級の敬意が払われる。 

日本は帝国海軍、海自とも一貫して旭日旗を採用し、国際社会で受け入れられてきた。先の大戦で日本と戦った米軍や英軍も尊重している。 
7月のフランス革命記念日にパリで行われた仏軍のパレードでは、シンガポール軍と一緒に招かれた陸上自衛隊の隊員が連隊旗である旭日旗を掲げて行進し、拍手を浴びた。南北朝鮮以外で問題視する国など見当たらない。 

韓国が過去2回主催した観艦式に海自護衛艦は旭日旗を掲げて参加した。3年前の海自観艦式には韓国海軍の駆逐艦が参加した。 

韓国の鄭景斗国防相は1日、国会で護衛艦が観艦式のある済州島に入港するなら「国際慣例に従うほかない」と語った。本当は日本が正しいと分かっている。 
反日色が強い文在寅政権と世論に屈したのだろう。 

北朝鮮の脅威を眼前にしてなお韓国政府が旭日旗排斥に乗り出した影響は深刻だ。日本は、国旗に準ずる重要な旗を敵視するような国の政府や軍と、まともな安全保障協力などできない。 

http://www.sankei.com/politics/news/181011/plt1810110002-n1.html

 

(さらに…)

台湾人「東京五輪で『チャイニーズタイペイ』名義は嫌だ!」 国民投票案に署名43万件

(台北 8日 中央社)「台湾」名義での東京五輪参加申請の賛否を問う国民投票案は、実施に向けて市民団体が集めた有効署名数が 
約43万件に達し、必要数の約28万件を超えた。中央選挙委員会が8日、発表した。同委は9日に審議を行い、審査を通過すれば、 
実施の段階に移される。 

台湾は五輪をはじめとする国際スポーツ大会に出場する際には「チャイニーズタイペイ」の名義を使用してきた。背景には、1981年に 
台湾の中華オリンピック委員会と国際オリンピック委員会(IOC)の間で、五輪参加時にはチャイニーズタイペイの名称を用いるとの 
合意が得られたことがある。 

投票案にからみ、教育部体育署は、チャイニーズタイペイ名義で出場する「五輪方式」を従来どおり遵守する方針を示している。 
これについて同署の官僚は中央社の取材に対し、選手が国際大会に参加する権利を保障するためだと説明する。 
一方で、投票結果を尊重する姿勢を見せた。 

IOCは今年5月、中華オリンピック委員会の名称のいかなる変更も認めない決議が理事会で採択されたと同委に書面で通知していた。 
http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201810080006.aspx

 

(さらに…)

インド旅行ブーム到来 中国に迫る勢いで急増中

中国人の旅行習慣が世界を変えて久しい。同国中間層は年間約1億4500万回も海外旅行に出かけ、どの国の中間層よりも多くカネを使っている。 
国連世界観光機関によると、2016年に中国人が支出した旅行費用は2610億ドル(約29兆4700億円)と、世界全体の約5分の1を占めた。 

 中国に迫る勢い 

 そうした中で南に目を向けると、インドがアジア地域のライバルとして中国に迫ろうとしている。人口13億のインドでその動きを牽引(けんいん)するのは、 
スマートフォンを持った若き2億5000万人で構成される裕福な中間層だ。世界旅行ツーリズム協議会は、今後10年足らずでインドが中国、米国、ドイツに次ぐ 
世界4位の旅行・観光経済国になると予想する。 

 インドを訪れる人の数はかつてないほど増えている。外国人旅行者は20年前の年間約240万人から、17年はその5倍に増えた。 
しかし、実際に旅行ブームを支えているのは国内の旅行者だ。インドを旅行する人の約90%がインド人である。過去3年間で最も人気が高かった 
旅行先は、熱心な巡礼者が多くの寺院を訪れる、最南端のタミルナードゥ州だった。 

 インドの観光業は17年、前年の約2090億ドルを上回る、2300億ドル以上を稼ぎ出した。広大な国土は無数の選択肢を提供する。 
36の世界遺産、103の国立公園、アグラのタージマハル、ラジャスタンの丘陵城塞群、聖地バラナシ、そしてヒマラヤの山々とゴアの 
ビーチの間にある全てのものだ。トラやゾウ、アジア最後のライオンが生息するジャングルもあり、23年までに13億ドル規模に成長する 
と見込まれる冒険旅行市場をインド以上に生かすことのできる国はない。 

全文
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/180927/mcb1809270558012-n1.htm

 

(さらに…)

【人権】ウイグル族を「QRコード」で管理する中国 DNAや声、歩行パターン、虹彩データも

新疆ウイグル自治区のイスラム系少数民族、ウイグル族に対する中国当局の人権侵害は有名だが、 
今度は住人把握のためQRコードが各戸に貼られたという 

国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」が9月9日に公表した報告書によれば、中国北西部の新疆ウイグル自治区では、 
イスラム教徒であるウイグル族の自宅にQRコードが設置されているという。 

新疆ウイグル自治区の元住民はヒューマン・ライツ・ウォッチに対し、以下のように話している。 
「2017年春から、人が出入りするすべての家にQRコードが設置されている。設置後は、2日おきか毎日、役人が来てQRコードをスキャンする。 
その家の住人の人数が記録されているからだ。その頃から、家に来ている訪問者に対して、『なぜここにいる?』と質問するようになった。夜にも確認に来る」 

スキャンすると住人の詳細情報が表示されるこのQRコードは、当局によれば人口管理用だという。元住民の話によれば、当局はQRコードに加え、 
DNAや声のサンプルも採取している。歩行パターンを記録するために、警察署内で歩くことまで強制されていると元住民は話している。 

■DNAサンプルや虹彩データも 

別の住民は、ヒューマン・ライツ・ウォッチに対して以下のように話している。 
「パスポートを申請したとき、DNAサンプルと虹彩スキャンデータを採取された。また動画も撮られた。字が読める人は新聞を読み上げるところを、 
字が読めない人は『歌を歌ってもいいし、作り話をしてもいい』と。異を唱えられる立場ではない」 

ウイグルでは、およそ100万人のイスラム教徒が「政治教育センター」という名の収容所に入れられている。 
報道によれば、センターに収容された者たちは、みずからの宗教や民族的アイデンティティーを否定するよう強制され、中国の法律や政策を 
暗誦するよう求められる。指示に従わないと、24時間立ったままでいる拷問を受けたり、独房に監禁されたりするという。 

中国外務省の耿爽報道官によれば、中国政府が目指しているのは「安定と発展、統一と生活を促進」すると同時に 
「分離独立主義と暴力的なテロ行為」を終わらせることだという。 
耿は問題の報告書に触れるのを避けたが、ヒューマン・ライツ・ウォッチについては「偏見に満ちている」と論評したと、ロイターは報じている。 

新疆ウイグル自治区での取り締まりについて中国政府は、イスラム過激派が新疆の攻撃を計画しており、深刻な脅威だとして正当化している。 

ヒューマン・ライツ・ウォッチの中国部長ソフィー・リチャードソンは英インディペンデント紙に対して、 
「新疆における中国政府の人権侵害は、ここ数十年の中国で例のない規模に及んでいる」と述べた。 
「人権侵害を止めさせるためには中国に制裁を科すべきなのか。国連と加盟各国にとって、新疆ウイグル自治区での弾圧は重要な判断材料になるだろう」 

■関連スレ
【国際】米国務省、中国のウイグル族弾圧に「深い懸念」 経済制裁を検討
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1536751775/

 

(さらに…)

韓国の“うまい店”を巡った外国人の調査隊、「食べる気うせた」=朝鮮人「朝鮮人はうそつきだから」

韓国の“うまい店”を巡った外国人の調査隊、「食べる気うせた」=朝鮮人「朝鮮人はうそつきだから」 

2017年9月15日、およそ5カ月後に迫った平昌(ピョンチャン)冬季五輪に備え、飲食店の品質やサービスを点検すべく 
韓国観光公社が各地に派遣を始めた覆面調査隊「ミステリーショッパー」の現場調査の様子について、韓国・朝鮮日報が伝えた。 

このほど発足したミステリーショッパーは、韓国人と外国人各50人の計100人で構成。 
外国人の訪韓への満足度を高めるため、外国人観光客が好んで訪れる全国の店400カ所を抜き打ちで訪れ評価する。 

調査初日の14日、フランス人のエリックさん(31・仮名)はソウル中心部にある鶏料理の店へ。 
調査の結果、40あるチェック項目について「甘めにみても10点満点中3?4点以上をつけるのは難しい」と話した。 
料理の味は問題なかったが、トイレが「本当に耐え難かった」というのだ。店の裏手にあるトイレは男女共用、便器の横には使用済みの紙がうずたかく積もったごみ箱があり、用を足した後に女性が待っていたのにも当惑してしまったそう。 

米国人のクリスティーヌさん(29・仮名)は、同じソウル中心部の鍋料理店に向かった。 
土鍋で出すチゲ(鍋)が特に有名で近隣のサラリーマン客や日本人観光客が多いというが、店頭に外国語での案内はなかった。しかし何より彼女が閉口したのは、清潔からは程遠い店内だ。 
「店員が布巾でテーブルを拭いたけれど、とても汚くてスマートフォンを上に置けなかった」ばかりでなく、 
服への汁はね防止に貸し出されるエプロンはすでに何度も使われたように染みだらけ、床には客が捨てた紙くずが散らかっていたという。 

ソウルの繁華街に中国料理店を訪ねた韓国人調査員2人も、「外国人の友達がこの店に行こうとしたら止める」と辛口採点。 
彼らが席に着いた途端、注文もしないうちにキムチチゲが運ばれてきたのだ。 
ネット上でこの店は「うまい店」として好評だそうだが、ランチ時の売り上げアップのため、 
昼時は「今日のランチ」1メニューしか提供しないという。この日のメニューはキムチチゲだったが、調査員は「チゲは酸っぱいし、おかずはこしょうのにおいがプンプンした」と話した。 

この実態に、韓国のネットユーザーからは「衛生の問題は本当に深刻」「トイレの個室のごみ箱はなくした方がいい。一番不衛生だと思う」 
「韓国人の僕が見ても汚くて不潔な所に外国人が来るわけがない」とうなずく声が多く寄せられている。 

また、ネットやテレビ番組で評判の「名店」について「韓国人はうそつきだから、うまい店というのは広告費を出して宣伝した店なんだよ」と告白するコメントや、 
こうした状況に「韓国人として恥ずかしい。皆さん、だまされないで」との声も。 

さらには、「外国人は韓国の店で残したおかずが再利用されていることにまだ気付いてないみたいだね」と驚きの暴露をする人もいた。(翻訳・編集/吉金) 

http://www.recordchina.co.jp/b176625-s0-c30.html

http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201704/20170428-03592721.jpg
写真はチゲなどの韓国料理。 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)

(さらに…)

朝日新聞、慰安婦報道取り消し発表記事の英文版に「検索避け」を設定か

朝日新聞の従軍慰安婦関連報道取り消し発表記事英文版に「検索避け」が設定されていたことが話題に 
スラド 2018年08月22日 14:57 

2014年、朝日新聞が80年代から90年代にかけての従軍慰安婦関連の報道を取り消すと発表したが、これを英語で伝える記事 
「Testimony about ‘forcible taking away of women on Jeju Island’: Judged to be fabrication because supporting evidence not found」 
にはGoogleなどの検索結果に出てこないよう「meta name=”robots” content=”noindex, nofollow, noarchive”/meta」タグが埋め込まれていることが話題になっている 
(Togetterまとめ)。 

なお、朝日新聞ではほかの訂正・謝罪記事などでも同様のタグが埋め込まれており、 
訂正・謝罪記事については検索できないようにするという方針があるのかもしれない。

http://www.excite.co.jp/News/it_g/20180822/Slashdot_18_08_22_050206.html

(さらに…)