ホーム » スポーツ

スポーツ」カテゴリーアーカイブ

オートバックスでオイル交換した帰りにスタンド寄ったらオイル交換した方がいいって言われた


インドネシア国営石油会社プルタミナ潤滑油販売代理店のグローベックは、 
高性能自動車オイル「プルタミナ・ルーブリカンツ」の新製品4種を発売する。 

「プルタミナ・ファストロンゴールドSAE 5W-40 SN/CF」は、外国車メーカーの承認を取得し、 
ドイツ車をはじめとした欧州車に広く推奨されるエンジンオイル。 
低揮発性がオイル消費を抑え、熱安定性が高いロングライフオイルでエンジンを 
厚い油膜で保護しクリーンに保つ。 

「プルタミナ・ファストロンゴールドSAE 5W-30 SN/CF」は、メルセデスベンツや 
BMWのマニュファクチャラーの承認を持つプレミアムエンジンオイル。 
新車工場出荷時に充填されるオイルにも採用され、同粘度クラス最高性能を誇り、 
ディーゼル仕様にも最適だ。 

「プルタミナ・プリマXP SAE 10W-40」は、酸化防止と磨耗防止能を有した 
高性能添加剤を配合。幅広いレンジのクルマに適応するスタンダードモデルとなる。 

「プルタミナ・メスランスーパーSAE 20W-50」は、選び抜かれた添加剤と 
高粘度対応のベースオイルを配合したベーシックエンジンオイル。 
往年の名車にも最適な、時代を超えて重宝されるオイルだ。 

http://response.jp/article/2019/06/03/323051.html

(さらに…)

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! ミニカー登録可能な三輪電動バイク。普免、ノーヘル 、二段階右折不要


http://carview.yahoo.co.jp/news/market/20190609-10417445-carview/?mode=top

「Kintone Trike」は、通勤やお買い物にお勧めの、公道も走行可能な、オトナのための自動車保険、もとい、オトナのための「電動三輪車」です。 

「Kintone Trike」は、ミニカー登録を行うことで、なんと!「普通自動車免許」で運転が可能なのです。ここだけの話、完全電動で動きます。 

 そもそも「ミニカー」とはいったいなんなんなんでしょう? 

 ミニカーとは、道路交通法令において、「総排気量〇・〇五〇リツトル以下または定格出力〇・六〇キロワツト以下の原動機を有する普通自動車」と規定されている「普通自動車」であり、運転には普通自動車以上の運転免許が必要ですが、実はバイクの免許は不要です。 

 法律上、乗車人員は1人、積載量は30kg以下に制限されますが、ミニカーは二段階右折やヘルメット着用の義務はなく、法定速度は60km/hで走れます。(ただし、「Kintone Trike」の最高速度は30km/hです。)しかし残念ながら、自動車専用道路と高速自動車国道を走行することはできません。また、車庫証明は不要ですが、路上駐車は駐車違反に問われる場合があるので要注意です。以上Wikipediaからの抜粋でした。 

「Kintone Trike」は、1台1台、車台番号が刻印されていますので、その番号を決められた書類に記載して、市役所や区役所などに届けていただくことで、お手軽カンタンにミニカー登録が可能です。登録手数料はかかりません。これは耳より情報! 
※ミニカー登録時には、自賠責保険の加入が必要になります。

(さらに…)

【マジでバカ】バカチョンの幼虫ども、またスポーツの国際大会でやらかす はよ旭日旗のせいにせーよw


韓国サッカーU-18代表、大会優勝トロフィーに”足あげポーズ”で物議 サッカーU-18韓国代表チームが中国で開かれた大会で優勝。その後の優勝セレモニーでみせた 
行動が物議をかもしている。 

 韓国代表(U-18)は29日午後、中国・成都で開かれた「パンダカップ2019」で中国を3-0で破り、 
優勝を手にした。この試合の前に、タイ(2-1)、ニュージーランド(4-0)を破り、3戦全勝で優勝トロフィーを手にした。 

 問題は優勝セレモニーの最中に起きた。一部の選手がトロフィーに足を乗せてポーズをとり、 
記念撮影をはじめたのだ。この写真が中国のSNSで拡散し、中国サッカーファンの怒りを買った。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00000039-wow-socc

幼虫ども

 

(さらに…)

座布団投げたらマジで逮捕するからな(真顔)

座布団投げたら逮捕
http://i.imgur.com/h8WG7tW.png

日本相撲協会は、アメリカのトランプ大統領や安倍総理大臣が大相撲を観戦する座席を確保するため、国技館の土俵に近い「マス席」を取り払ってソファーを設置したほか、 
座布団などを物を投げないよう観客にチラシを配って呼びかけるなど、極めて異例の対応を取っています。 
大相撲夏場所が行われている東京 両国にある国技館には、これまで海外の要人がたびたび訪れ、このうち昭和61年5月の夏場所初日には、イギリスのチャールズ皇太子と当時のダイアナ皇太子妃が観戦しました。 
この時は、天皇皇后両陛下が観戦される際に使用する「正面2階」の「貴賓席」が用いられました。 

今回の観戦では、土俵に近い正面中央の最前列のマス席がトランプ大統領とメラニア夫人、安倍総理大臣と昭恵夫人に用意されました。 

「マス席」は、1メートル30センチ四方の鉄製の枠で囲まれた中に座布団が敷かれた座席で、大人4人がゆったり座るには、決して広いとは言えません。 

こうしたことなどから、前日の夜から正面のマス席の最前列について、この鉄製の枠を取り払う工事が行われたうえ、赤いじゅうたんが敷かれました。じゅうたんの上にはソファーが設けられ、特別な観覧席が用意されました。 

要人の観戦のためにマス席を取り払って特別な席を設ける対応は極めて異例で、相撲協会関係者も「記憶に無い」と話しています。 
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20190526/amp/k10011929841000.html

 

(さらに…)

シトロエン、車酔いしなくなるメガネを日本で発売 1万6200円


プジョー・シトロエン・ジャポンは、シトロエンブランド初のメガネとして、車酔いの症状を解消する「SEETROEN(シートロエン)」を、 
5月28日10時より、全国のシトロエンショールームおよびシトロエンオンラインショップにて発売する。 

シートロエンに使われているのは、もともとは船員向けに開発された技術だが、シトロエンがあらゆる交通手段で利用できるように開発し、2018年7月に欧州で発表。 
以来、公式ウェブサイト2000万ビュー超、販売実績1万5000個超と世界各国で大きな話題となっている。 

仕組みは至ってシンプル。ソフトタッチの樹脂で作られたメガネのフレーム内部に着色された液体が封入されており、 
これが顔の正面と左右で揺れて水平線を再現し、車酔いの症状を抑えるという。車酔いの症状が表れたらメガネを着用。 
視線はスマートフォンや本など動かない物体に固定して10~12分後、症状が解消するとしている。 

デザインはパリのデザインスタジオ5.5社とのコラボレーションによるもの。シトロエンブランドのフレッシュさ、シンプルさ、エルゴノミクスを表現。 
メガネの形はしているがレンズはないので、家族や旅の同行者ともシェアできる。 

価格は1万6200円。 

http://response.jp/article/2019/05/22/322618.html
http://response.jp/imgs/p/HyHJUDsvwEJjLfURx1fZfoRN5UBBQkNERUZH/1419249.jpg
http://response.jp/imgs/p/HyHJUDsvwEJjLfURx1fZfoRN5UBBQkNERUZH/1419248.jpg
http://response.jp/imgs/p/HyHJUDsvwEJjLfURx1fZfoRN5UBBQkNERUZH/1419250.jpg

 

(さらに…)

トヨタ「マークX」の生産を12月で終了 マークII以来の歴史に幕


トヨタ自動車は4月24日、「マークX」の生産を12月で終了すると発表。同日、ファイナルエディションとして特別仕 
様車「250S“Final Edition”」「250S Four“Final Edition”」を発売した。価格は333万1800円~348万9480円。 

今回の発表について、リリースでは「マークXは、1968年に前身モデルであるマークIIとして登場以来、50年以上 
にわたりご愛顧いただいておりますが、2019年12月をもって生産終了となります。ファミリーカーから始まったマ 
ークIIは時代の変化を敏感に察知し、容姿も進化しながらFRセダンの中心的存在として歩んできました。2004年 
にマークXに改名以降は、さらなる高みを目指し、『美しく』そして『意のままの走り』ができるクルマとしてこれまで 
その名を刻み続けてきましたが、いよいよその歴史に幕を閉じようとしています」と述べられている。 

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1181970.html

 

(さらに…)

見せない、焼かない、でもやっぱりかわいく…スクール水着最新事業

http://i.imgur.com/XMQ4H8q.jpg
水泳・介護用品メーカーのフットマーク(東京都墨田区)は4月20日、女子スクール水着の変遷を紹介する「スク水博覧会~昭和から平成女子スクール水着のレキシ」展を墨田区内で開催した。学校のプールで今、何が起きているのか。知られざる最新事情を聞いた。 

 同社は1969年に水泳帽の製造を開始、72年に日本水泳連盟推薦品となり、78年から水着の製造も開始した。展示会は、改元を前に約40年のスクール水着の進化を総括、一般にも公開した。 

 日本のように学校教育に水泳を導入している国は少数だ。1950年代に子供の水難事故が続いたことから、各地でプール設置が進められ、東京オリンピックを経て、 
文部科学省は1972年、プール授業教育を開始。同年、スポーツメーカーのミズノは「メルマン」ブランドで子供用水着を発売、以降、学校用水着は独自の進化を遂げていく。 

 当時の水着は伸縮性がなく、水切れも悪かったが、合繊メーカーが水着用に新素材を次々に開発、着用感と機能性が向上していく。1970年代からは合繊メーカーにがプロモーション「キャンペーンガール」も始まり、日本の水着シーンは急成長していく。 

 1980年代に入ると縦と横に伸縮する2WAY素材が登場、体にフィットする現在のスタイルの源流となった。88年にはレーシング水着が登場。より薄く、 
伸縮性に富んだ素材で、ハイレグカットや背中にVカットを入れた競泳用タイプが学校のプールでも一般化していく。「スクール水着」という名称が定着したのもこのころだ。 

 “大人の顔”へと進化していたスクール水着の潮目が変わる。80年代も終わりごろ、女子用体育着として定着していたブルマーに批判の声が上がったのがきっかけだ。 
「恥ずかしいのになぜ着なくてはならないのか」という生徒の新聞投書を契機に、全国の保護者や有識者が賛同。さらに同時期に社会問題化した「ブルセラ(ブルマーとセーラー服)ショップ」への弾劾も加わって、ブルマーは姿を消し、男女同型のハーフパンツが取って替わる。 

 2000年に入ると競泳でオールインワンタイプの水着が主力になったこともあって、スクール水着も股下の深いフィットネススーツが増えていく。 

 水着がガードするのは、大人のいかがわしい視線ばかりではない。同社は04年、紫外線対策としてTシャツ型の「シャインガード」を発売、ヒット商品となった。 

 とはいえ実用一点張りというわけでもない。2012年にはスカート付きのワンピース水着が登場。東京オリンピックの時期に登場したスカート付き水着を、現代風なかわいさを加味してリメイクした。 
スクール水着は学校の指定から外れ、個人購入が増えている。せっかく買うならカワイイものを、というニーズに応える企画だ。 

 少子化が進む中、学校で着るウエアも個人や家庭の事情に即した企画が求められている。最近はLGBTへの対応として、女子もパンツとスカートが選択できる制服が企画されている。 
同社には、ジェンダーレスな水着についての相談もあるという。昭和から平成にかけて独自に進化してきたスクール水着、令和の時代にどんなウエアが登場するだろうか。 

ソースhttp://www.zaikei.co.jp/sp/article/20190420/507338.html

 

(さらに…)

カワサキNinja400(’18)、25年前のZRX400に加速性能でボロ負け【知ってた】


オールラウンンダーNinja vs ガチレーサーZXR 
カワサキ400タイムスリップバトル〈後編〉’18ニンジャ400 vs ’94ZXR400 
2019/2/18 

http://young-machine.com/wp-content/uploads/2019/02/img00-17.jpg
http://young-machine.com/wp-content/uploads/2019/02/img16-3.jpg
(中略)
http://young-machine.com/wp-content/uploads/2019/02/img17-2.jpg
http://young-machine.com/wp-content/uploads/2019/02/0000.jpg

2気筒のニンジャは市街地走行を中心とした日常的なところを目指しているのは一目瞭然。 
極低速域からリニアなアウトプット特性が素晴らしく、パワーカーブの途中に目立つ谷もない。 
トルクも下から十分に発生しており、これなら確かに発進もラクだ。 
これは24年前のZXRには実現できなかった脅威的な部分で、ZXRの方は6000rpm以下では 
何もパフォーマンスを見せてくれない。一概に2気筒は4気筒よりパワーがないと言われているが、 
それは上まで回したときの話であって、下ではニンジャの方が勝っているのだ。 
0→100km/h加速では互角の勝負となっているが、これはこの手のテストの常で 
ロケットスタートを決めるためエンジン回転を上げてからクラッチをつないでいるためであって、 
スロットル全閉状態からのスタートでは、また違った結果になることだろう。 

ただ、低中回転で負けていたZXRは8000rpmから集合マフラーが目覚めたような爆音を奏で、 
1万1000rpmからは文字通り炸裂するようなパワー感。製造から24年経った今でも 
当時と変わらぬ最高出力を叩き出すのは素晴らしい。下は厳しいが上はすごいという 
この極端な特性から市街地走行はまったくもって不利だが、ことサーキットにおいては、 
これが最高でパーフェクト。まさに当時のレースで勝つために作られたZXRの 
存在理由そのものを表していると言えよう。 

ニンジャとZXR、この2台はどちらも川崎重工で生産され約400㏄のエンジンを搭載している……、 
類似点はそれだけだった。ニンジャは合理的な設計と快適性で、ユーザーとメーカーの 
価格対性能比が有利に作られているのだが、ZXRはそれらを考慮せずやりたいように構築されていた。 

(後略) 
http://young-machine.com/2019/02/18/26075/

 

(さらに…)

フェンシングの種目にライトセーバーが SWファンは必須だな


【ジュネーブ共同】フェンシングの本場、欧州で若者の参加を取り込もうと新たな取り組みが始まり、 
フランス連盟が人気SF映画「スター・ウォーズ」に登場する武器「ライトセーバー」(光剣)を使った 
対戦を一つの“種目”として正式に認可した。25日までにAP通信などが報じた。映画の娯楽性と 
中世の騎士道がルーツのスポーツを融合させた新時代の動きとして注目されそうだ。 

 発光ダイオード(LED)の剣で映画のように相手を切れるわけではないものの、同連盟幹部は 
「今日の若者に共通なのは健康問題。現代の技術と私たちの種目をつなげばスポーツへの参加も 
自然に促せる」と狙いを説明。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019022601002148.htm

 

(さらに…)

アブドーラ・ザ・ブッチャー(78)引退


“世界の16文”こと故ジャイアント馬場さん(享年61)の「没20年追善興行」(19日、東京・両国国技館)で、 
“呪術師”アブドーラ・ザ・ブッチャー(78)が引退セレモニーを行った。 

第3試合終了後、入場曲「吹けよ風、呼べよ嵐」が流れると、ブッチャーは車いすに乗って登場。 
リングに上がると徳光和夫アナウンサー(77)らマスコミ関係者、マスカラス兄弟、 
初代タイガーマスク、秋山準、武藤敬司、坂口征二、スタン・ハンセン、ドリー・ファンクJr.から花束が贈られた。 
またザ・デストロイヤー、鈴木みのるからはビデオメッセージも届いた。 

1970年の日本プロレス初来日から多くの日本のファンに愛された呪術師は 
「一つだけ、ここにババがいてくれたら完璧だった。若い人たちにどうしても言いたいことがある。 
自分の親が老いたとき、老人ホームにぶち込んで放置するのだけはやめろ。 
お前らもいつか同じように年を取るんだ。自分の親を大事にすることを忘れるな」とメッセージを送った。 
最後は「日本のファンの皆さん、ありがとう」と何度も感謝を口にしてリングから去った。 
http://www.tokyo-sports.co.jp/prores/mens_prores/1285771/
http://img.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2019/02/525a538b7dbb706a226865d1a3d35592.jpg

 

(さらに…)