ホーム » ニュース

ニュース」カテゴリーアーカイブ

産経「戦犯旗とレッテルを貼り旭日旗ヘイトする韓国は非常識極まる。そんな国と安保協力など不可能だ」

【主張】旭日旗の掲揚 日本の「誇り」は譲れない 

政府は、韓国により11日に開かれる国際観艦式への海上自衛隊護衛艦の派遣を見送った。韓国が自衛艦旗「旭日旗」の掲揚自粛を求めてきたためである。 
受け入れられないのは当然だ。 

韓国は近年、旭日旗に「戦犯旗」というレッテルを貼り、排斥の動きを強めてきた。旭日旗ヘイト(憎悪)は、いわれのないもので国際的にも非常識極まる。排斥を直ちにやめてもらいたい。 

河野克俊統合幕僚長(海将)は会見で「誇りとしての旗だ。降ろしていくことは絶対にない」と語った。海自はもとより、日本の主権と誇りにも関わる問題だ。 

国際法上、海自は海軍の位置付けだ。軍艦(護衛艦)と一般船舶とは区別されなくてはならず、国連海洋法条約は軍艦に、所属国の軍籍を示す「外部標識」を義務付けている。 
これが軍艦旗(自衛艦旗)で、国の主権の象徴として最上級の敬意が払われる。 

日本は帝国海軍、海自とも一貫して旭日旗を採用し、国際社会で受け入れられてきた。先の大戦で日本と戦った米軍や英軍も尊重している。 
7月のフランス革命記念日にパリで行われた仏軍のパレードでは、シンガポール軍と一緒に招かれた陸上自衛隊の隊員が連隊旗である旭日旗を掲げて行進し、拍手を浴びた。南北朝鮮以外で問題視する国など見当たらない。 

韓国が過去2回主催した観艦式に海自護衛艦は旭日旗を掲げて参加した。3年前の海自観艦式には韓国海軍の駆逐艦が参加した。 

韓国の鄭景斗国防相は1日、国会で護衛艦が観艦式のある済州島に入港するなら「国際慣例に従うほかない」と語った。本当は日本が正しいと分かっている。 
反日色が強い文在寅政権と世論に屈したのだろう。 

北朝鮮の脅威を眼前にしてなお韓国政府が旭日旗排斥に乗り出した影響は深刻だ。日本は、国旗に準ずる重要な旗を敵視するような国の政府や軍と、まともな安全保障協力などできない。 

http://www.sankei.com/politics/news/181011/plt1810110002-n1.html

 

(さらに…)

本庶博士 「NatureやScienceに書かれてることは9割ウソ」 よかった、NEWTONが含まれてなくて…

「ネイチャー誌、サイエンス誌の9割は嘘」 ノーベル賞の本庶佑氏は説く、常識を疑う大切さを 

ノーベル医学・生理学賞を受賞した本庶佑・京大名誉教授が10月1日夜、記者会見で受賞の 
喜びを語った。本庶氏は自らの研究に対する姿勢を問われると、好奇心と「簡単に信じないこと」の 
重要性を強調。「(科学誌の)ネイチャーやサイエンスに出ているものの9割は嘘で、 
10年経ったら残って1割」と語り、自分の目で確かめることの大切さを説いた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181001-00010009-bfj-sctch

 

(さらに…)

【厚生年金】サラリーマン妻は12万円減 法改正で「年収82万円の壁」が誕生 厚生年金と健康保険への加入義務

・8月、厚生労働省が厚生年金の収入要件の緩和を検討していると報じられた 
・パート主婦にとっては、新しく「年収82万円の壁」が生まれると専門家 
・超えた場合は保険料の支払い義務が生じ、手取りが計1万200円減るという 

「8月27日、厚生労働省が厚生年金の収入要件の緩和を検討していることを日経新聞が報じました。これが行われれば、パート主婦にとって、大きな負担増にもなりかねない“新たな収入の壁”が生まれることになります」 

そう語るのは、社労士、ファイナンシャルプランナーであり、WEB情報サイト「All About」マネー関連のガイドを務める拝野洋子さん。 

「簡単に言うと、厚生年金に関するこれまでの壁が崩れ、新しく“82万円の壁”が生まれるのです」(拝野さん・以下同) 

現在、パート主婦には4つの壁があるといわれている。そのうち、年金に関わるのが、106万円と130万円の壁だ。 

【103万円の壁】これを越えると所得税と住民税を払う 

これを越えると、所得税と住民税が課せられるようになるが、この壁を越えても負担額は所得税が年額約500円、住民税が年額1,000円ほど。 

【106万円の壁】条件次第で厚生年金に加入 

(1)労働時間が週20時間以上。(2)月収8万8,000円以上〈年収106万円以上〉。(3)勤務先が被保険者数501人以上。このすべてを満たした場合、厚生年金、健保に加入しなければならない。壁を越えると、厚生年金保険料が毎月約8,000円、健康保険料が毎月5,000円ほどかかる。現在、厚労省は(1)を月額6万8,000円以上〈年収82万円以上〉に引き下げることを検討している。 

【130万円の壁】条件にかかわらず、年金に加入 

106万円の壁の条件にあてはまらなくても、夫の扶養を外れ、年金と健康保険に加入することに。この壁を越え、国民年金に加入する場合、年金保険料が毎月1万6,340円、国保保険料が毎月5,000円ほどかかる。厚生年金の勤務先の被保険者数501人以上という要件が撤廃されれば、この壁もなくなるかも。 

【150万円の壁】夫の税金が段階的に増えていく 

夫の配偶者特別控除が段階的に減額される。この壁を越えると、夫の配偶者特別控除が38万円から36万円に減るので、夫の所得税が年額約1,000円、住民税が年額約2,000円増える。夫の収入と妻の収入によって、控除額が段階的に減っていく。 

「現在、月収8万8,000円以上〈年収106万円以上〉、勤務先の被保険者数501人以上などの条件を満たした人は、パートでも厚生年金と社会保険などの健康保険への加入が義務付けられています。この月収8万8,000円を、月収6万8,000円〈年収82万円〉に引き下げることが検討されているのです」 

さらに年収130万円を超えると、勤務先の被保険者数に関係なく、夫の扶養を外れ、なんらかの公的年金に加入しなければならない。 

「従業員数の要件の撤廃の話も出ています。これらの改正によって、厚生年金加入者は最大200万人も増えると予想されています」 

仮に新制度が適用された場合、打撃を受けるのは、夫が会社員でパートをしている女性だ。 

「夫の扶養家族として、年金や健保にほぼ0円で加入できていた人でも、年収82万円を超えると、保険料を支払わなければならない。年収82万円の場合、保険料は月に換算して厚生年金6,300円、健保3,900円。計1万200円も手取りが減ってしまうのです。現行の制度で手取り82万円の人が、同じ手取りを維持するには、額面で96万円を稼がなければなりません」 

2018年9月20日 16時0分
女性自身
http://news.livedoor.com/article/detail/15333382/

関連過去スレ
【経済】厚生年金 パート適用拡大 厚労省、月収要件緩和へ ★2
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1535441963/
【厚生年金加入の適用拡大】 議論始まる
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1536935420/

★1が立った時間 2018/09/21(金) 09:20:46.95
前スレ
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1537503394/

 

(さらに…)

【動画】 おまんちょセブンイレブン 契約打ち切りに

「セブン-イレブン」の制服を着た男が、女性客の前でズボンの中に入れた自分の手を股間のチャック部分から出して、悲鳴を上げる女性客を追いかけ回している。この動画は17日(2018年9月)午前3時半ころ、栃木県内の店で撮影されたものだ。男は店長である。 
阿部祐二リポーターがわいせつ被害を受けた女性客から一部始終を聞いた。女性は友人とこのコンビニ店を訪れ、レジで精算しようとすると、店長が卑猥な歌を歌いだしたので、「セブン-イレブンの本社に報告した方がいいかなと思い」、スマホで撮影したという。さらに、女性の胸をつかもうとしたり、店外まで追いかけてきたという。 

本社は「厳正に対処します」・・・それで済むか? 
この店長はわいせつ行為の常習犯で、近所では「変態セブン」と呼ばれていた。パンを買いに来た女性客に「これどう思う」と細長いパンを女性客のヒザあたりに押しつけたこともあった。 
セブン-イレブン・ジャパンは「店長から事情を聴き、厳正に対処します」とコメントしているが、本上まなみ(タレント)は「衝撃的すぎます。なぜ捕まらないんですかね」と怒った。 
弁護士の菊池幸夫は「栃木県の迷惑防止条例に引っかかります。公の場での卑猥な言動が、単発なら1年以下の懲役または100万円以下の罰金。ボディータッチなら罪が重くなる強制わいせつ罪になります」と解説した。 
http://www.j-cast.com/tv/2018/09/21339248.html

 

(さらに…)

【Apple】新型iPhoneを3モデル発表!「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」 お値段84,800円~164,800円 9/14予約開始★3

【速報】Apple、新型iPhoneを3モデル発表!液晶モデルのみ発売が10月に 

Appleは現地時間9月12日、本社Apple Park内のスティーブ・ジョブズ・シアターで開催されたスペシャル・イベントにおいて、3モデルの新型iPhoneを発表しました。 

いずれのiPhoneもフルディスプレイ、上部にノッチのあるiPhone Xと同じデザインで、顔認証のFace IDを採用しています。 

■iPhone XRはLiquid Retinaディスプレイを搭載 

名称はすでに事前に流出した通り、現行のiPhone Xの後継となる5.8インチ有機EL(OLED)iPhoneが「iPhone XS」、6.5インチOLED搭載iPhoneが「iPhone XS Max」、6.1インチ液晶iPhone「iPhone XR」です。 

iPhone XSとiPhone XS Maxはボディにステンレススチール、iPhone XRはアルミニウムを採用、スクリーンはiPhone XSとiPhone XS MaxはSuper Retinaディスプレイ、iPhone XRはAppleが「初のエッジ・トゥー・エッジを実現した過去最高の液晶」と主張する、Liquid Retinaディスプレイを搭載。iPhone XS/XS MaxはIP68の防水規格に準拠しています(iPhone XRはIP67)。 

■3モデルとも「A12 Bionic」を採用 

3モデルとも、プロセッサは7ナノメートルプロセスで生産された「A12 Bionic」を採用。iPhone XS/XS Maxは、リアカメラは12MP広角と12MPの望遠のデュアルカメラで、フロントカメラは7MPです。 

一方iPhone XRはシングルカメラですが、iPhone XS/XS Maxと同じ、12MP広角カメラを搭載しています。 

■デュアルSIM対応に 

またiPhone XS/XS Max/XRは、初めてデュアルSIM(nano-SIMとeSIM)対応となりました。中国向けモデルのみ、物理的なSIM 2枚に対応する仕様となっています。 

■ストレージ容量とカラー 

各モデルのストレージ容量とカラーは以下の通りです。 

・iPhone XS/XS Maxのストレージ容量:64GB、256GB、512GB 
・iPhone XRのストレージ容量:64GB、128GB、256GB 

・iPhone XS/XS Maxのカラー:スペースグレイ、シルバー、ゴールド 
・iPhone XRのカラー:ブラック、ホワイト、レッド、イエロー、コーラル、ブルー 

■iPhone XRの発売は10月26日に 

価格は以下のように設定されています。 

iPhone XSの価格は999ドルから、iPhone XS Maxは100ドル高い1,099ドルからとなり、予約開始は9月14日、発売は21日となります。 

iPhone XRの価格は749ドルから、予約開始は2モデルのiPhoneより遅れて10月19日より、発売は10月26日となります。 

日本での価格は以下の通り(いずれも税別)。 

iPhone XS:64GB 112,800円、256GB 129,800円、512GB 152,800円 
iPhone XS Max:64GB 124,800円、256GB 141,800円、512GB 164,800円 
iPhone XR:64GB 84,800円、128GB 90,800円、256GB 101,800円 

なお新iPhone発売に伴い、iPhone7が449ドル?、iPhone8が599ドル?に値下げされます。 

なおiOS12のリリースは9月17日とのことです。 

2018年9月13日 04時01分
http://iphone-mania.jp/news-225975/
http://iphone-mania.jp/wp-content/uploads/2018/09/f1536777680-e1536778331608.jpg

関連スレ
【Apple】新iPhoneの名称は『iPhone XS』『iPhone XS Max』『iPhone XR』で(ほぼ)確定。アップル公式から発覚
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1536757939/

★1が立った時間 2018/09/13(木) 07:39:00.86
前スレ
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1536799301/

 

(さらに…)

【人権】ウイグル族を「QRコード」で管理する中国 DNAや声、歩行パターン、虹彩データも

新疆ウイグル自治区のイスラム系少数民族、ウイグル族に対する中国当局の人権侵害は有名だが、 
今度は住人把握のためQRコードが各戸に貼られたという 

国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」が9月9日に公表した報告書によれば、中国北西部の新疆ウイグル自治区では、 
イスラム教徒であるウイグル族の自宅にQRコードが設置されているという。 

新疆ウイグル自治区の元住民はヒューマン・ライツ・ウォッチに対し、以下のように話している。 
「2017年春から、人が出入りするすべての家にQRコードが設置されている。設置後は、2日おきか毎日、役人が来てQRコードをスキャンする。 
その家の住人の人数が記録されているからだ。その頃から、家に来ている訪問者に対して、『なぜここにいる?』と質問するようになった。夜にも確認に来る」 

スキャンすると住人の詳細情報が表示されるこのQRコードは、当局によれば人口管理用だという。元住民の話によれば、当局はQRコードに加え、 
DNAや声のサンプルも採取している。歩行パターンを記録するために、警察署内で歩くことまで強制されていると元住民は話している。 

■DNAサンプルや虹彩データも 

別の住民は、ヒューマン・ライツ・ウォッチに対して以下のように話している。 
「パスポートを申請したとき、DNAサンプルと虹彩スキャンデータを採取された。また動画も撮られた。字が読める人は新聞を読み上げるところを、 
字が読めない人は『歌を歌ってもいいし、作り話をしてもいい』と。異を唱えられる立場ではない」 

ウイグルでは、およそ100万人のイスラム教徒が「政治教育センター」という名の収容所に入れられている。 
報道によれば、センターに収容された者たちは、みずからの宗教や民族的アイデンティティーを否定するよう強制され、中国の法律や政策を 
暗誦するよう求められる。指示に従わないと、24時間立ったままでいる拷問を受けたり、独房に監禁されたりするという。 

中国外務省の耿爽報道官によれば、中国政府が目指しているのは「安定と発展、統一と生活を促進」すると同時に 
「分離独立主義と暴力的なテロ行為」を終わらせることだという。 
耿は問題の報告書に触れるのを避けたが、ヒューマン・ライツ・ウォッチについては「偏見に満ちている」と論評したと、ロイターは報じている。 

新疆ウイグル自治区での取り締まりについて中国政府は、イスラム過激派が新疆の攻撃を計画しており、深刻な脅威だとして正当化している。 

ヒューマン・ライツ・ウォッチの中国部長ソフィー・リチャードソンは英インディペンデント紙に対して、 
「新疆における中国政府の人権侵害は、ここ数十年の中国で例のない規模に及んでいる」と述べた。 
「人権侵害を止めさせるためには中国に制裁を科すべきなのか。国連と加盟各国にとって、新疆ウイグル自治区での弾圧は重要な判断材料になるだろう」 

■関連スレ
【国際】米国務省、中国のウイグル族弾圧に「深い懸念」 経済制裁を検討
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1536751775/

 

(さらに…)

「現金なんて煩わしい。俺はスマートに電子決済」厨、が札幌地震停電で何も買えずに茫然自失

北海道地震、電子マネーのキャッシュレス派がピンチ「現金を一切持ってない」 

9月6日未明に発生した北海道胆振地方中東部を震源とする地震の影響で、北海道全域が停電。スーパーやコンビニなどでも、 
停電でレジを稼働させることができない店舗が多数あるようだ。こうした状態のなか、普段から電子マネーを利用して 
現金を持ち歩かないキャッシュレス派の人々が、苦しい状態になっているらしい。 

■ 停電時にApple payが使えない 
地震のあった6日朝7時に、はてな匿名ダイアリーへ投稿された「完全電子マネー派の北海道民だけど積んだ」というエントリが 
深刻さを物語っている。「現在進行形だけどマジでヤバイ」という言葉から始まった同記事によると、投稿者は電子マネーが便利だからと 
普段の買い物はほとんどApple Payで済ませてきた。財布も持っておらず現金は仕事を除くと最近所持したことはなかったという。 

いままでに感じたことのないレベルの地震に飛び起き、冷蔵庫の中の確認すると牛乳とマヨネーズしかなかった。コンビニへ出かけると、 
ドアが全開放され非常用ライトを店中に置いて営業していたという。人々が食料や水を買おうと並んでいるのを見て、 
投稿者も購入しようとしたところでふと気づく。 
「そういえば俺は現金を一切持ってなかった。あるのは残り充電量62%のiPhoneのみ。Apple payがむなしそうにぼんやりと画面に浮かんだ 
当然、どこでも何も買えない 諦めてトボトボ家に帰って、今7時だけどまだ停電中 いつ治るんだ。腹減った。現金持っとくんだった。これ積んだわ」 

http://www.excite.co.jp/News/smadan/E1536213271743/

(さらに…)

「今すぐ基地のフェンスを撤去しろ!」承認撤回に狂喜乱舞 辺野古でプロ土人が大はしゃぎ

【辺野古問題取材班】県の埋め立て承認撤回から一夜明けた米軍キャンプ・シュワブのゲート前で1日午前、集中抗議行動が行われた。県内各地から市民約800人(主催者発表)が駆け付けた。 
市民は待ち望んだ「撤回」を手をたたき、指笛を鳴らして改めて祝った。 
ガンバロー三唱では、互いにつないだ手を高々と突き上げ「建設断念まであきらめない」と誓い合った。 

マイクを握った沖縄平和運動センターの大城悟事務局長は「撤回により国は工事ができなくなった」と強調し、その上で「ゲート前のフェンスをすぐに撤去しろ」と訴えた。 

恩納村から参加した大城勝泰さん(74)は「翁長知事が新基地反対の県民の思いを背負って撤回の道筋を作った。今度は私たちが引き継ぐ番だ」と語った。 

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-794948.html

1日、名護市辺野古で新基地建設に反対の意思を示す大規模な抗議集会が開かれました。 

集会の冒頭、平和運動センターの山城博治議長は「朝、ゲート前に来ました。撤回されたということは政府は(移設工事をする)権限を失ったということです。ですからゲート前のフェンスは撤去されるべきです」と訴えました。 

連日の抗議が続いているキャンプシュワブのゲート前では、県が埋め立て承認の撤回に踏み切ったことを受け、1日は朝から多くの人が集まり、改めて移設工事阻止を訴えました。 

参加した人たちは「翁長知事の遺志を引き継ぎ、抗議の声を上げ続けよう」と呼びかけました。

http://www.qab.co.jp/news/20180901106073.html

(さらに…)

【LGBT】同性カップルのウエディングケーキ作りを拒否した男性、最高裁で無罪→今度は性転換から提訴

同性カップルのウエディングケーキ作りを拒否したことをめぐる訴訟で、 
今年6月に米連邦最高裁で逆転勝訴したジャック・フィリップスさん(コロラド州在住)が、今度は性転換を祝うケーキ作りを拒否したことをめぐり、再び法廷に立つことになった。 

最高裁は6月、7対2でフィリップスさん側を擁護する判決を下した。 
判決は、コロラド州公民権委員会が、キリスト教徒であるフィリップスさんが持つ宗教的信条を不当に扱ったというもので、 
同性愛者のケーキ作りを拒否したことを「差別」とした同州の判断を破棄した。 

しかしこの判決が出てから数週間後、今度は性転換を祝うケーキ作りを拒否したことをめぐり、同州はフィリップスさんが差別を禁止する州法に違反したとした。 
そのため、キリスト教保守派の法律家らによる非営利団体「自由防衛同盟」(ADF)は14日、フィリップスさんの代理人として、 
同州の公民権委員らのほかに、シンシア・コフマン司法長官とジョン・ヒッケンルーパー知事を相手取り、同州連邦地方裁に新たな訴訟を起こした。 
ADFは前回の訴訟でもフィリップスさんの弁護を務めていた。 

フィリップスさん側は訴状(英語)の序文で「最高裁に上訴し勝利した当初、フィリップス氏は自身の信条に対するコロラド州の敵意は終わったと考えていたが、それは間違いだった」と主張。 
その上で「フィリップス氏を擁護する判決を下した最高裁と真っ向から争う形で、 
コロラド州が再びフィリップス氏を有罪にしようとする試みを開始したことで、同州は同氏に対する敵意を新たにした。 
コロラド州によるフィリップス氏に対する継続的な迫害を阻止するために、この訴訟は必要である」と訴えている。 

訴状によると、コロラド州のある弁護士は昨年、性転換を祝うために外側が青で内側がピンクのケーキを作るようフィリップスさんに依頼した。 
またフィリップスさんの元には、サタンを祝うケーキや麻薬使用を祝うケーキ、露骨な性的象徴物を祝うケーキの依頼も入っていた。 
少なくともこれらの依頼の一部は、同じ弁護士からのものであることが疑われている。 

(さらに…)

ライバルはテスラ? カラシニコフがレトロな見た目の「電気スーパーカー」を発表

ロシアの武器メーカー、カラシニコフが開発中の電気自動車「CV-1」。カラシニコフ社提供(2018年8月22日撮影、提供)。 
【AFP=時事】自動小銃AK47で知られるロシアの武器メーカー、カラシニコフは23日、同社が開発した新たな電気自動車を発表した。外観は1970年代のソ連時代の車をモデルにしているが、米電気自動車メーカー、テスラに匹敵する新技術を備えているという。 

 モスクワ郊外で開催されている軍事技術の展示会で披露された電気自動車「CV-1」は、薄い青色のレトロな外観。カラシニコフのウェブサイトによると、1970年代ソ連時代に開発されたハッチバック「イシュ・コンビ」をモデルにしている。 

 持ち株会社カラシニコフ・コンサーンによると、「革命的な」インバーターなど最先端技術を搭載しており、1回の充電で350キロ走行可能だという。また、国営ロシア通信は、「テスラのような世界的な電気自動車メーカーと肩を並べる技術で、彼らのライバルとなる」と、カラシニコフの発表を引用して紹介している。 

 カラシニコフの電気自動車分野への突然の参入は、ロシア国内でさまざまな反応を引き起こした。同社のフェイスブック公式アカウントには、「サイバーパンク」や「イシュ・ゾンビ」などのコメントが書き込まれている。 

 また同社は先週、開発中の黄金色の2足歩行軍用ロボット「Igorek」を発表した。このニュースはソーシャルメディアですぐに拡散されたが、『ロボコップ』の見過ぎじゃないか、などオンラインでばかにされている。【翻訳編集】AFPBB News 

http://www.afpbb.com/articles/-/3187115

(さらに…)