ホーム » ニュース (ページ 2)

ニュース」カテゴリーアーカイブ

「現金なんて煩わしい。俺はスマートに電子決済」厨、が札幌地震停電で何も買えずに茫然自失

北海道地震、電子マネーのキャッシュレス派がピンチ「現金を一切持ってない」 

9月6日未明に発生した北海道胆振地方中東部を震源とする地震の影響で、北海道全域が停電。スーパーやコンビニなどでも、 
停電でレジを稼働させることができない店舗が多数あるようだ。こうした状態のなか、普段から電子マネーを利用して 
現金を持ち歩かないキャッシュレス派の人々が、苦しい状態になっているらしい。 

■ 停電時にApple payが使えない 
地震のあった6日朝7時に、はてな匿名ダイアリーへ投稿された「完全電子マネー派の北海道民だけど積んだ」というエントリが 
深刻さを物語っている。「現在進行形だけどマジでヤバイ」という言葉から始まった同記事によると、投稿者は電子マネーが便利だからと 
普段の買い物はほとんどApple Payで済ませてきた。財布も持っておらず現金は仕事を除くと最近所持したことはなかったという。 

いままでに感じたことのないレベルの地震に飛び起き、冷蔵庫の中の確認すると牛乳とマヨネーズしかなかった。コンビニへ出かけると、 
ドアが全開放され非常用ライトを店中に置いて営業していたという。人々が食料や水を買おうと並んでいるのを見て、 
投稿者も購入しようとしたところでふと気づく。 
「そういえば俺は現金を一切持ってなかった。あるのは残り充電量62%のiPhoneのみ。Apple payがむなしそうにぼんやりと画面に浮かんだ 
当然、どこでも何も買えない 諦めてトボトボ家に帰って、今7時だけどまだ停電中 いつ治るんだ。腹減った。現金持っとくんだった。これ積んだわ」 

http://www.excite.co.jp/News/smadan/E1536213271743/

(さらに…)

「今すぐ基地のフェンスを撤去しろ!」承認撤回に狂喜乱舞 辺野古でプロ土人が大はしゃぎ

【辺野古問題取材班】県の埋め立て承認撤回から一夜明けた米軍キャンプ・シュワブのゲート前で1日午前、集中抗議行動が行われた。県内各地から市民約800人(主催者発表)が駆け付けた。 
市民は待ち望んだ「撤回」を手をたたき、指笛を鳴らして改めて祝った。 
ガンバロー三唱では、互いにつないだ手を高々と突き上げ「建設断念まであきらめない」と誓い合った。 

マイクを握った沖縄平和運動センターの大城悟事務局長は「撤回により国は工事ができなくなった」と強調し、その上で「ゲート前のフェンスをすぐに撤去しろ」と訴えた。 

恩納村から参加した大城勝泰さん(74)は「翁長知事が新基地反対の県民の思いを背負って撤回の道筋を作った。今度は私たちが引き継ぐ番だ」と語った。 

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-794948.html

1日、名護市辺野古で新基地建設に反対の意思を示す大規模な抗議集会が開かれました。 

集会の冒頭、平和運動センターの山城博治議長は「朝、ゲート前に来ました。撤回されたということは政府は(移設工事をする)権限を失ったということです。ですからゲート前のフェンスは撤去されるべきです」と訴えました。 

連日の抗議が続いているキャンプシュワブのゲート前では、県が埋め立て承認の撤回に踏み切ったことを受け、1日は朝から多くの人が集まり、改めて移設工事阻止を訴えました。 

参加した人たちは「翁長知事の遺志を引き継ぎ、抗議の声を上げ続けよう」と呼びかけました。

http://www.qab.co.jp/news/20180901106073.html

(さらに…)

【LGBT】同性カップルのウエディングケーキ作りを拒否した男性、最高裁で無罪→今度は性転換から提訴

同性カップルのウエディングケーキ作りを拒否したことをめぐる訴訟で、 
今年6月に米連邦最高裁で逆転勝訴したジャック・フィリップスさん(コロラド州在住)が、今度は性転換を祝うケーキ作りを拒否したことをめぐり、再び法廷に立つことになった。 

最高裁は6月、7対2でフィリップスさん側を擁護する判決を下した。 
判決は、コロラド州公民権委員会が、キリスト教徒であるフィリップスさんが持つ宗教的信条を不当に扱ったというもので、 
同性愛者のケーキ作りを拒否したことを「差別」とした同州の判断を破棄した。 

しかしこの判決が出てから数週間後、今度は性転換を祝うケーキ作りを拒否したことをめぐり、同州はフィリップスさんが差別を禁止する州法に違反したとした。 
そのため、キリスト教保守派の法律家らによる非営利団体「自由防衛同盟」(ADF)は14日、フィリップスさんの代理人として、 
同州の公民権委員らのほかに、シンシア・コフマン司法長官とジョン・ヒッケンルーパー知事を相手取り、同州連邦地方裁に新たな訴訟を起こした。 
ADFは前回の訴訟でもフィリップスさんの弁護を務めていた。 

フィリップスさん側は訴状(英語)の序文で「最高裁に上訴し勝利した当初、フィリップス氏は自身の信条に対するコロラド州の敵意は終わったと考えていたが、それは間違いだった」と主張。 
その上で「フィリップス氏を擁護する判決を下した最高裁と真っ向から争う形で、 
コロラド州が再びフィリップス氏を有罪にしようとする試みを開始したことで、同州は同氏に対する敵意を新たにした。 
コロラド州によるフィリップス氏に対する継続的な迫害を阻止するために、この訴訟は必要である」と訴えている。 

訴状によると、コロラド州のある弁護士は昨年、性転換を祝うために外側が青で内側がピンクのケーキを作るようフィリップスさんに依頼した。 
またフィリップスさんの元には、サタンを祝うケーキや麻薬使用を祝うケーキ、露骨な性的象徴物を祝うケーキの依頼も入っていた。 
少なくともこれらの依頼の一部は、同じ弁護士からのものであることが疑われている。 

(さらに…)

ライバルはテスラ? カラシニコフがレトロな見た目の「電気スーパーカー」を発表

ロシアの武器メーカー、カラシニコフが開発中の電気自動車「CV-1」。カラシニコフ社提供(2018年8月22日撮影、提供)。 
【AFP=時事】自動小銃AK47で知られるロシアの武器メーカー、カラシニコフは23日、同社が開発した新たな電気自動車を発表した。外観は1970年代のソ連時代の車をモデルにしているが、米電気自動車メーカー、テスラに匹敵する新技術を備えているという。 

 モスクワ郊外で開催されている軍事技術の展示会で披露された電気自動車「CV-1」は、薄い青色のレトロな外観。カラシニコフのウェブサイトによると、1970年代ソ連時代に開発されたハッチバック「イシュ・コンビ」をモデルにしている。 

 持ち株会社カラシニコフ・コンサーンによると、「革命的な」インバーターなど最先端技術を搭載しており、1回の充電で350キロ走行可能だという。また、国営ロシア通信は、「テスラのような世界的な電気自動車メーカーと肩を並べる技術で、彼らのライバルとなる」と、カラシニコフの発表を引用して紹介している。 

 カラシニコフの電気自動車分野への突然の参入は、ロシア国内でさまざまな反応を引き起こした。同社のフェイスブック公式アカウントには、「サイバーパンク」や「イシュ・ゾンビ」などのコメントが書き込まれている。 

 また同社は先週、開発中の黄金色の2足歩行軍用ロボット「Igorek」を発表した。このニュースはソーシャルメディアですぐに拡散されたが、『ロボコップ』の見過ぎじゃないか、などオンラインでばかにされている。【翻訳編集】AFPBB News 

http://www.afpbb.com/articles/-/3187115

(さらに…)

朝日新聞、慰安婦報道取り消し発表記事の英文版に「検索避け」を設定か

朝日新聞の従軍慰安婦関連報道取り消し発表記事英文版に「検索避け」が設定されていたことが話題に 
スラド 2018年08月22日 14:57 

2014年、朝日新聞が80年代から90年代にかけての従軍慰安婦関連の報道を取り消すと発表したが、これを英語で伝える記事 
「Testimony about ‘forcible taking away of women on Jeju Island’: Judged to be fabrication because supporting evidence not found」 
にはGoogleなどの検索結果に出てこないよう「meta name=”robots” content=”noindex, nofollow, noarchive”/meta」タグが埋め込まれていることが話題になっている 
(Togetterまとめ)。 

なお、朝日新聞ではほかの訂正・謝罪記事などでも同様のタグが埋め込まれており、 
訂正・謝罪記事については検索できないようにするという方針があるのかもしれない。

http://www.excite.co.jp/News/it_g/20180822/Slashdot_18_08_22_050206.html

(さらに…)

公共の喫煙エリアで煙草を嗜んだら出禁になった 独自ルール強すぎて生活できない

兵庫県明石市の明石地区タクシー協会(加盟13社)に所属する運転手3人が昨年8月、明石駅前の公共の喫煙スペースでたばこを吸ったとして、同駅ロータリーを1カ月間「出 
入り禁止」になっていたことが、同協会への取材で分かった。協会が独自に定めたルールに触れたという。一部の運転手は「公共の喫煙場所での禁止は行き過ぎ。罰則も生活がで 
きなくなるぐらい重い」と反発している。 
同協会は同駅ロータリーの乗り場を管理。2011年にタクシー運転手のマナー向上を図るため、「待機場周辺の喫煙」を禁じる罰則なしの規定を設けた。14年以降は「1カ月乗り入れ禁止」の罰則を加えている。駅前ロータリーなどの待機場周辺には 
公共の喫煙スペースも含まれるが、加盟会社を通じて運転手に周知済みという。  同協会によると今年7月までに、喫煙スペースでたばこを吸った3人のほか、待機場周辺の車内や車外で喫煙した16人が“出禁”になったという。 

 運転手の一部は「喫煙スペース以外での禁煙は守っている。公共の喫煙場所 
まで禁止するのは行き過ぎ」と反発。昨秋、「喫煙場所でタクシー運転手がたむろしている印 
象を与えない」などを条件に、規制や罰則の撤回を求める文書を提出したが、協会側は拒否。 
今年1月、協会側に対し、公共の喫煙スペースでの喫煙を禁じないよう明石簡易裁判所に民事調停を申し立てたが、不調となった。 
http://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201808/0011569809.shtml

(さらに…)

【ありがとう大阪府警】連続ひったくり止まる

1 名前:水星虫 ★ 2018/08/21(火) 12:25:14.15 ID:CAP_USER9
ひったくり止まる 警戒し潜伏か

*ソース元にニュース画像あり*

http://www3.nhk.or.jp/lnews/osaka/20180821/2000005445.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

大阪の富田林警察署から勾留されていた男が逃走した事件で、男が
ひったくりを繰り返している疑いがあると報道されたあと新たな発生が止まっていることが、
捜査関係者への取材で分かりました。
警察は、何らかの方法で報道を知り警戒を強めながら潜伏を続けている可能性もあるとみて捜査しています。

今月12日、強盗傷害や窃盗の罪で起訴され性的暴行をしようとした疑いで再逮捕されていた
樋田淳也容疑者(30)が留置場から逃走した事件は、発生から9日目となりますが、
依然、行方は分かっていません。
警察は、樋田容疑者が黒いミニバイクを盗み、逃走翌日の今月13日から15日にかけ
羽曳野市内と大阪市内で4件のひったくりを繰り返している疑いがあることを、今月16日に明らかにしました。

これを受けてミニバイクを使ったひったくりについて詳しく報道されましたが、
捜査関係者によりますと、その後関与を疑わせるひったくりは発生しなくなったということです。

警察は、樋田容疑者が何らかの方法で報道を知り警戒を強めながら潜伏を続けている可能性もあるとみて、
民家のガレージや空き家、それに立ち寄る可能性のあるガソリンスタンドなどを重点的に捜査しています。

(さらに…)

【茨城】エアコンプレッサーで体内に空気注入 同僚死亡させた疑い男逮捕 龍ケ崎市

1: 孤高の旅人 ★ 2018/07/14(土) 09:44:44.89 ID:CAP_USER9
エアコンプレッサーで体内に空気注入 同僚死亡させた疑い男逮捕
2018年7月14日 7時17分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180714/k10011533031000.html

茨城県龍ケ崎市の会社で、空気を放出するエアコンプレッサーを使って会社員の男性の体内に空気を注入する暴行を加えて死亡させたとして、同僚の男が傷害致死の疑いで警察に逮捕されました。調べに対し、容疑を認めたうえで「悪ふざけでやってしまった」と供述しているということです。
逮捕されたのは、茨城県龍ケ崎市にある建設機械や農業機械の製造などを行う会社の社員で、茨城県つくば市に住む吉田佳志容疑者(34)です。

警察によりますと、吉田容疑者は13日午後5時ごろ、勤務先の工場でエアコンプレッサーを使って、同僚で千葉県柏市の石丸秋夫さん(46)の体内に、でん部から空気を注入する暴行を加えて死亡させたとして、傷害致死の疑いが持たれています。

当時、吉田容疑者と石丸さんはほかの同僚と作業中だったということですが、空気を注入された石丸さんが体調の不良を訴えたため、一緒にいた同僚が消防に通報し、病院に搬送しましたが、死亡したということです。

調べに対し、吉田容疑者は容疑を認めたうえで、「悪ふざけでやってしまった。死ぬとは思わなかった」などと供述しているということです。
警察は当時の状況やいきさつをさらに詳しく調べています。

★1:2018/07/14(土) 07:44:26.81
前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1531521866/

(さらに…)

【芸能】三浦翔平&桐谷美玲が結婚!

1: 数の子 ★ 2018/07/26(木) 06:35:56.98 ID:CAP_USER9
俳優の三浦翔平(30)と女優の桐谷美玲(28)が25日、結婚したことを双方の所属事務所を通じて発表した。交際約1年半でのゴールイン。桐谷は妊娠しておらず、仕事はこれまで通り続ける。挙式や披露宴については未定。結婚した月日は明らかにしていないが、2人の友人は「大安の(今月)24日に婚姻届を提出したようです」と話している。

 2人は連名でマスコミ各社にコメントを寄せ、結婚を報告。互いについて「自分にないものを沢山(たくさん)もっている」とし、「これから起こるであろう苦労や困難も、2人で補い助け合いながら乗り越えていこうと思います。そして、私たちらしく、いつまでもくだらないことで笑っていられるような家庭を築いていけたらと思います」と抱負をつづった。

 2人は2016年7月期に放送されたフジテレビドラマ「好きな人がいること」で共演し、知り合った。昨年初頭から食事デートを繰り返し交際に発展した。コメントでは「仕事仲間として同じ時間を過ごすうちに、お互いの人柄にひかれ、結婚を意識したお付き合いをするようになりました」と報告。当初から結婚前提の交際で、人目を気にせずにデートする姿を週刊誌にキャッチされていた。

 スポニチ本紙は5月16日付最終版で2人の結婚を報道。三浦の所属事務所はこれを受けて「結婚を前提に交際しているのは事実」と認めていた。当初は6月に結婚する方向だったが、関係各所への報告などがあったため、この日取りとなった。

 三浦は8月1日に都内で開かれるイベントに登壇予定。喜びの声が聞けそうだ。

 ◆三浦 翔平(みうら・しょうへい)1988年(昭63)6月3日生まれ、東京都出身の30歳。07年のジュノンスーパーボーイコンテストで理想の恋人賞などを受賞。08年に日本テレビ「ごくせん」でドラマデビュー。11年に映画「THE LAST MESSAGE 海猿」で日本アカデミー賞新人俳優賞。出演作は「正義のセ」など。1メートル81、62キロ。

 ◆桐谷 美玲(きりたに・みれい)1989年(平元)12月16日生まれ、千葉県出身の28歳。06年に映画「春の居場所」でデビューし、「セブンティーン」の専属モデルを務めた。主演作にドラマ「女帝 薫子」「人は見た目が100パーセント」、映画「ヒロイン失格」など。12年から日本テレビ「NEWS ZERO」の火曜日キャスター。1メートル63。血液型A。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180726-00000001-spnannex-ent

(さらに…)

【埼玉】韓国人の暴力団員を逮捕 ホテルで女性に「全財産を出せ」 現金2万円を強奪

1: ばーど ★ 2018/07/25(水) 19:20:49.49 ID:CAP_USER9
ホテルで女性を脅迫し現金を奪ったとして、埼玉県警所沢署は25日、韓国国籍で指定暴力団住吉会系組員の無職、柴田龍之介こと尹(ユン)星王(ソンワン)容疑者(40)=東京都瑞穂町=を強盗の疑いで逮捕した。「覚えていない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は、3月25日午前3時~5時半ごろ、埼玉県所沢市内のホテルで出会い系サイトを通じて知り合った同県内に住むアルバイトの20代女性に対し、暴力団関係者であることを告げた上で「全財産を出せ」などと脅迫、現金2万円を強奪したとしている。女性にけがはなかった。

2018.7.25 18:59
産経ニュース
http://www.sankei.com/affairs/news/180725/afr1807250023-n1.html

(さらに…)