ホーム » ファッション

ファッション」カテゴリーアーカイブ

マンガ家になんてなれない。一生の後悔になりそうな「マンガ学部」という学歴

大学でマンガについて学べるのは、もう当たり前になっている。芸術系の学部から社会学系の学部まで、さまざまな形でマンガやアニメ、オタク文化は学問として研究されるようになっている。 

 一方で、乱立しているにも拘わらず存在意義を疑問視されているのが、マンガ家を養成する系統の大学学部だ。2006年に京都精華大学がマンガ学部を開設したのを皮切りに、芸術系の大学を中心として、マンガ家になるための技術を学ぶことができる大学が次々と誕生している。 

 こうした学部が誕生する背景にあるのは、マンガやアニメを中心にオタク文化が世界から注目されるようになったためだ。2000年代後半から、オタク文化が世界に発信できるものだという認識が広がる中で、日本のマンガ家になるためのキャリアプランは疑問視されていた。 

 いくつかの専門学校を除けば、カリキュラムに沿って技術を向上させていくというシステムがないこと。編集の指導、あるいはプロの描き手のアシスタントとして技術を磨くなどの修業方法は、極めて前近代的という風に指摘されていた。 

 それこそ「海外では、こうした技術は学校で学ぶものですよ」という意見が、検証もされないまま、まかり通っていたのである。 

 なにより、オタク文化が注目される中で、それに則した学部を開設すれば、受験生もたくさん集まるのではないかという大学側の期待もあった。 

 そして現在、すでにマンガ学部が誕生して10数年を経過している。どこの大学も、卒業生の主な進路はサイトなどで公開している。そうした資料を見ると、確かに年に何人かは商業誌でデビューを果たしていることはわかる。 

 でも、大多数の就職先は一般企業。良くて、オタク産業に関わる会社ならまだマシなほうで、まったく関係ない業種を選択する学生も多い。 

「こうした学部を目指すのは、親に大学くらいは出ておかないとと、尻を叩かれて受験するモラトリアム志向の学生がほとんどです。本気でマンガ家になりたいと考えている学生も一握りいるかいないか。なので、授業では技術を身につけてゲーム会社、あるいは印刷会社くらいには……と、指導をしてはいますが」(大学教員) 

 もしも、4年間のモラトリアムを楽しんだとして、学歴はずっとついて回る。まったく一般の職業に就いた時に「マンガ学部を卒業しました」は、いったいどんな印象を持たれるのか……。 
(文=是枝 了以) 

http://otapol.jp/2019/02/post-53460.html

 

(さらに…)

【悪あがき】 髪はよみがえる! 今からできる年代別「ヘアケア」

年齢を重ねるにつれて、髪の毛のハリやコシがなくなってきた、パサついてスタイリングがまとまらない…そんな髪の悩みも増えるばかり。 

今回は、ヘアケア&スカルプケア専門「サロン・ド・リジュー」代表の永本羚映子さんに、「年代別ヘアケア方法」をうかがいました。 

髪のお悩みが増えてくる年代別のヘアケア方法について、「サロンケアとホームケアは、2本立てで行うべき」と永本さん。月1でサロンに通うとしても、残り約29日間は家でケアをすることになるのでホームケアはとても大事。まずは、毎日のシャンプーが基本です。 

30代のヘアケア 
《ポイントは「洗浄と保湿」》 
毎日のトリートメントで保湿! 
「髪のダメージに関する悩みが多い30代のヘアケアは、保湿がメイン。シャンプーの後に毎日トリートメントを使用して、栄養補給をしましょう。 
基本はシャンプーの後にトリートメント。さらに表面のキューティクルを整えたい場合は、その上にコンディショナーやリンスなどでコーティングするとよいでしょう」(永本さん、以下同) 

混同しがちなトリートメントとコンディショナー、リンスですが、働きはまったく違います。髪の毛の中に栄養を入れるのがトリートメント。髪の表面のキューティクルを整えて滑らかにするのがコンディショナー、リンスです。 

ドライヤーの熱から守る 
「ドライヤーで乾かす前は、必ずオイルのように熱から守るものを付けて、熱のダメージから髪を守りましょう」 

【ここが重要!】シャンプー&トリートメントの選び方 
毎日使うシャンプー剤、トリートメント剤選びが、ホームケアの最重要ポイント! 
「洗浄成分に何が使われているか確かめて、良質なシャンプーを選びましょう。洗浄成分があまり強くないもので、タンパク質を構成するアミノ酸以上の洗浄成分になっているものがベストです」 

40代のヘアケア 

《ポイントは「保湿」+「マッサージ」》 
血行を良くする頭皮マッサージ 
「白髪、薄毛の悩みが増えてくる30代後半から40代は、その予防として頭皮の血行を良くすることが大事です。頭皮は老廃物を押し流すポンプの役割をする筋肉の量が少ないため滞りやすい場所なので、マッサージが必要。頭皮マッサージを毎日の習慣にしましょう」 

【1分半でできる!】頭皮マッサージの方法 
「頭皮を頭蓋骨からはがすイメージで、頭皮を動かします。最初は動かなくても、やっているうちに徐々に動くようになります」 

50代のヘアケア 

《ポイントは「保湿」+「マッサージ」+「栄養補給」》 
サプリメントで栄養補給 
「閉経前後の50代はホルモンの関係から抜け毛や薄毛になりやすいので、今までのケアにプラスしてサプリメントで栄養補給をする必要が高まります」 

【ここが重要!】サプリの選び方 
サプリは、髪に特化したものではなく、体全体の底上げをするものを。 
「バランスよく栄養補給していくことが必要です。ビタミンやミネラルはチームで働くので、特定の種類だけ摂っても、あまり意味がありません」 

ここでは年代別のヘアケアを紹介しましたが、若い年代の人でも、カラーリングやパーマなどで髪にダメージを受けます。ヘアケアは、早く始めるに越したことはありません!� 

そして、「髪は体の中を映す鏡です」と永本さん。例えば、「血流が悪い」「頭皮が硬い」と言われても、ピンとこないかもしれません。しかしそれは、体の中で言えば、動脈硬化と表現されるのと同じです。毛髪の変化が加齢によっての緩やかな変化ではなく、急速な変化が表れた場合、体内状態の黄色信号のシグナルかも知れません。 

また、髪の毛はビューティーパーツであるとともに、体の排泄器官のひとつ。薬物検査などに使用されることでも分かるように、毛髪には体内から排出されるものが蓄積しています。髪は体内の歴史も語ってくれるのです。髪のコンディションから体内の状態が分かる。それも含め、髪に対する意識を変えていきましょう。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190204-00010001-tvtplus-life&p=1
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190204-00010001-tvtplus-life&p=2

 

(さらに…)

ユニクロ離れ、しまむら離れ、ゾゾ離れ、ついにワークマンの時代へ。


ついに始まる?アパレル「ゾゾ離れ」の現実味 
http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190105-00258612-toyo-bus_all&p=2

サイト開設当初は、「ユナイテッドアローズ」や「ビームス」といったセレクトショップ系の中高価格帯のブランドが中心だった。そのため利用者の間では「ゾゾタウンへ行けばおしゃれな服が買える」というイメージが根付き、それを見越して出店を決めたブランドも多かった。 

■平均単価は5年前より3割下落 

 だが、ZOZOの事業規模が拡大するにつれ、ゾゾタウンが取り扱うブランドの幅も急速に広がった。特に、この数年は「楽天やアマゾンに出店するような(安価な)ブランドが増えて、レッドオーシャン化している」(若者向けアパレル首脳)。 

 実際、ゾゾタウンの直近の平均商品単価は3655円(2018年度第2四半期の実績)と、5年前の5011円から3割近く下落。実店舗では横並びにならないような高価格帯のブランドと安価なブランドの商品がサイト上に入り乱れ、ネット上では素材感の違いなどが伝わりづらいこともあり、価格だけで比較購買される傾向が一段と強まった。 

 さらに、頻繁に開催される割引セールや各ブランドが乱舞するクーポンでの値引き合戦も白熱。その影響で「ゾゾタウンで常に安く売られている」というイメージが付きまとうことを懸念するブランドが増えるようになった。 

 売り上げに応じてZOZOに支払う出店手数料の高さも、ブランド側が“脱・ゾゾタウン依存”を模索する理由になっている。 

 ブランドからの手数料収入を収益柱とするZOZOは、新規に出店したブランドに課す手数料の比率を年々引き上げている。現在の平均は売り上げに対して30%台半ばに達し、安価なブランドでは残る利益はごくわずか。 
「売り上げが増加しても利益は残らない」といった事態を防ぐため、ブランドによっては新商品や主力商品は手数料の掛からない自社サイトで売り、ゾゾタウンでは売れ残った在庫を集中的に販売するなど、サイトを使い分ける動きも出始めている。 

■方針次第ではゾゾ離れも 

 圧倒的な集客力を誇るゾゾタウンに出店すれば売り上げ確保やブランドの認知度拡大を図れるため、多くのブランドはなかなかゾゾタウン依存から抜け出せない。 
だが、オンワードのように自社サイトでの販売比率が比較的高いアパレルは、今後のZOZOのサービス方針次第で「ゾゾ離れ」が続く可能性もある。 

 ZOZOの前澤友作社長は昨年末、2018年を漢字四文字で表すと「試行錯誤」だったとツイッター上で振り返った。 
昨年1月に始動し、商品の発送遅延などのトラブルが多発したPB(プライベートブランド)事業の難しさを指したものと想定される。ゾゾタウン事業は今のところ順調な拡大が続くが、状況によっては難しい局面を迎えることになりそうだ。

 

(さらに…)

鬼太郎のねこ娘風のとてもえっちなランジェリー発売


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00000006-mantan-ent

故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の鬼太郎とねこ娘をイメージしたランジェリー「ゲゲゲのランジェリー」が、 
バンダイから発売されることが11日、明らかになった。 

【写真特集】ねこ姉さん(ねこ娘)、鬼太郎のランジェリー モデルの着用イメージも リボンが可愛い 

 ねこ娘のランジェリーはブラ、ショーツのセットで、鮮やかな赤を基本生地に採用し、ワンポイントとしてリボン柄のレース装飾を施した。 
リボン形のヘアゴムとチョーカーも付属する。価格は1万2960円。 
鬼太郎モデルはブラ、ショーツのセットで、ブラは青を基調としたカラーリング。 
ショーツは鬼太郎の短パンをイメージした。価格は1万584円。 

 バンダイのアパレル関連の公式ショッピングサイト「バンコレ!」で予約を受け付けている。2019年3月に発送予定。

 

(さらに…)

【悲報?】ミズノ、パンツの「大事な部分」が破けるとして自主回収


スポーツ用品大手ミズノは、スポーツ用下着の一部製品に、使用直後に股の部分が破れるおそれがある製品が混じっていることが明らかになったとして、自主回収を発表した。 

 リコールの対象となるのは、2016年から販売している「ミズノプロ スライディングパンツ」(黒/サイズ:S?XO/税抜価格3900円)。 

 同社によると、ソケイ部のメッシュ生地の強度が低い製品が混在していることから、使用して早い段階で破れるおそれがあるという。 

 スライディングパンツとは、野球選手が走塁をする際に太ももや尻を衝撃から守るために履く、少し長めのボクサーパンツ。 
ミズノの製品には、急所を保護するためのファウルカップ部分の内側に縫い付けた品質タグに8桁の製品番号「12JB6P01」と、「27200」から始まる9桁の製造番号が記載されているという。 

スライディングでビリッ!ミズノのパンツ「大事な部分」裂けるおそれ
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/7/27515.html
http://www.hazardlab.jp/contents/post_info/2/7/5/27515/mizuno001.png

 

(さらに…)

【朗報】有能ワイ、初参加した合コンで服装を馬鹿にしてきた女を一言で論破してしまう

1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/28(土)11:54:08 ID:ILa
ワイ「俺は物を大切にするからこの服も中学からずっと着てるw」
女「ええーワイくんピチピチの20歳なんだしもっとオシャレした方がいいよ。さすがにそれは女の子にモテないもん」
ワイ「じゃあオシャレ()したら俺と付き合うわけ?」
女「それはわかんない!」

けっきょくワイが服装変えても無駄って自ら認めてるやんけ

(さらに…)

ポールスミスの財布ってダサいんか?

1: 風吹けば名無し 2018/05/19(土) 00:56:24.02 ID:9unLOQWv0
ファッションセンスあるやつ教えてや

(さらに…)

1000円カットでなんて注文してる? とても苦手なんです 行きつけの床屋が無いので

1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [US] 2018/07/24(火) 14:26:15.01 ID:eNxpaaqq0 BE:837857943-PLT(16930)
sssp://img.5ch.net/ico/u_giko_ebi.gif
「1000円カット」が超高齢社会へ挑戦
https://www.fnn.jp/posts/00332820HDK
https://www.fnn.jp/image/program/00332820HDK?n=1&s=12_l

(さらに…)

【ブランド】バーバリー 、売れ残り商品42億円分を焼却 批判相次ぐ「貧しくて服を買うこともできない人がいるのに」

1: ばーど ★ 2018/07/21(土) 15:11:42.83 ID:CAP_USER9
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180721/K10011542931_1807211252_1807211445_01_02.jpg

イギリスの有名ブランド、バーバリーが、40億円以上に相当する売れ残った商品を焼却処分していたことがわかりました。こうした処分はブランド価値を守るためにファッション業界ではよく行われているとみられ、資源を顧みない姿勢だとして批判の声があがっています。

イギリスの複数のメディアによりますと、バーバリーは去年、売れ残った衣料品やアクセサリー、香水など、金額にして2860万ポンド(およそ42億円)に相当する商品を燃やして処分していたということです。

さらに、過去5年間に売れ残って処分された商品の総額は130億円を超えるとしています。

こうした処分は、商品が安く売られるなどしてブランド価値が下がることを防ぐためにファッション業界ではよく行われているとみられていて、インターネット上では「貧しくて服を買うこともできない人がいるのに、信じられないことだ」などと批判の声があがっています。

国際的な環境保護団体「グリーンピース」も「バーバリーは自社の商品や資源を全く尊重していない。新品の商品を焼やすのはファッション業界の汚れた秘密で、今回の件は氷山の一角にすぎない」と指摘しています。

一方、バーバリーは「余剰在庫を最小限にするため慎重に対応している。廃棄物を減らす方法をこれからも模索していく」としています。

2018年7月21日 14時45分
NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180721/k10011542931000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

(さらに…)

COACHの財布使ってる女ww

1: 風吹けば名無し 2018/06/25(月) 11:40:55.20 ID:53L6P95Qa
クッソだせえなって思うんだけどわかる?

(さらに…)