ホーム » 仕事

仕事」カテゴリーアーカイブ

翔んで埼玉から翔んで海外逃亡へ?GACKT、仮想通貨“違法営業疑惑”インサイダー逮捕も?


「1000万が2億円に」GACKTの仮想通貨“違法営業疑惑”音声
http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190327-00011223-bunshun-bus_all
3/27(水) 16:00配信文春オンライン

主演映画「翔んで埼玉」が大ヒット中の歌手・GACKT(45)。仮想通貨「スピンドル」への関与を巡って、 
資金決済法違反(無登録営業)の疑いがあることが、「週刊文春」が入手した音声データで分かった。 

2017年11月4日、「インターコンチネンタルホテル大阪」28階のクラブラウンジで行われたスピンドルの“商談会”。 
仮想通貨業者の「ブラックスター」は当時、スピンドルを発行し、事業資金を集める 
ICO(イニシャル・コイン・オファリング)というビジネスを手掛けていたが、2017年10月27日には 
金融庁がICOには、価格の下落と詐欺のリスクがあると呼びかけていたばかりだった。 
商談会に集まった10数人の出資者候補を前に、ダメージジーンズにブーツを合わせ、 
サングラス姿で登場したGACKT。参加者からの質問に答えていく。 

――(ブラックスターの)社長と知り合いなの? 

「僕はそのメンバーの中に入っています。ブラックスターの中に入っています」 

――(まだ)上場してないから株で言えば、インサイダーやんね…… 

「法律が来年の1月か2月にインサイダーが適用されるという話が今回っています。 
1月か2月以降は言えないって。今は言える。ちょっと今までとは考えられない儲け方なので。 
1000万円を入れたのが2億とかなっているんですよ。この前、仮想通貨のフォーラムあったんですけど、 
皆めちゃくちゃ幸せそうなんです。この2年間で急にお金を持っちゃって。ただ、馬から車に変わる時代なので」 

終始、スピンドルの魅力を訴えるGACKT。商談会は約2時間に及んだという。

 

(さらに…)

犬が店番する焼き芋屋が話題に! 可愛すぎる おまえらより働くな


犬が店番する焼き芋屋が話題になっている。 

犬が店番、もしくは店員の焼き芋屋がTwitterに画像と共に投稿され、大拡散。その画像には 
屋台のような焼き芋屋に「イヌのやきいもやさん」と書かれている店。 

実際にイヌが顔を覗かせており、店員の名前が店先に書かれている。「今日のイヌは 紅 はるか」と書かれており、 
またYouTubeにも動画が投稿されている。 

最初誰も居ないように見えて、人が近づくとひょっこり顔を出すのだという。 

場所は札幌市清田区の住宅街の中にあるのだという。場所が近い人やこの場所が心辺りある人は行ってみてはどうだろうか? 

http://livernet.jp/a/3253
http://livernet.jp/wp-content/uploads/2019/03/yakiimo.jpg
http://y2u.be/0F1t7ATF3nU

 

(さらに…)

パチンコ業界に激震、遊技人口が激減、ボーダーラインの数字のマジックにも認知されはじめる


http://myel.myvoice.jp/user_data/contents/24711/01.gif
http://myel.myvoice.jp/user_data/contents/24711/02.gif

パチンコをしている人は約8%、経験者は5割強。 
パチスロをしている人は約5%、経験者は3割弱。 

いずれも過去調査より減少傾向 

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、6回目となる『パチンコ』に関するインターネット調査を2019年2月1日~5日に実施し、10,436件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。 
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000707.000007815.html

パチンコはガウス分布(平均値)ではなくポアソン分布(中央値)だという闇
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/pachik/1552050213/

 

(さらに…)

マンガ家になんてなれない。一生の後悔になりそうな「マンガ学部」という学歴

大学でマンガについて学べるのは、もう当たり前になっている。芸術系の学部から社会学系の学部まで、さまざまな形でマンガやアニメ、オタク文化は学問として研究されるようになっている。 

 一方で、乱立しているにも拘わらず存在意義を疑問視されているのが、マンガ家を養成する系統の大学学部だ。2006年に京都精華大学がマンガ学部を開設したのを皮切りに、芸術系の大学を中心として、マンガ家になるための技術を学ぶことができる大学が次々と誕生している。 

 こうした学部が誕生する背景にあるのは、マンガやアニメを中心にオタク文化が世界から注目されるようになったためだ。2000年代後半から、オタク文化が世界に発信できるものだという認識が広がる中で、日本のマンガ家になるためのキャリアプランは疑問視されていた。 

 いくつかの専門学校を除けば、カリキュラムに沿って技術を向上させていくというシステムがないこと。編集の指導、あるいはプロの描き手のアシスタントとして技術を磨くなどの修業方法は、極めて前近代的という風に指摘されていた。 

 それこそ「海外では、こうした技術は学校で学ぶものですよ」という意見が、検証もされないまま、まかり通っていたのである。 

 なにより、オタク文化が注目される中で、それに則した学部を開設すれば、受験生もたくさん集まるのではないかという大学側の期待もあった。 

 そして現在、すでにマンガ学部が誕生して10数年を経過している。どこの大学も、卒業生の主な進路はサイトなどで公開している。そうした資料を見ると、確かに年に何人かは商業誌でデビューを果たしていることはわかる。 

 でも、大多数の就職先は一般企業。良くて、オタク産業に関わる会社ならまだマシなほうで、まったく関係ない業種を選択する学生も多い。 

「こうした学部を目指すのは、親に大学くらいは出ておかないとと、尻を叩かれて受験するモラトリアム志向の学生がほとんどです。本気でマンガ家になりたいと考えている学生も一握りいるかいないか。なので、授業では技術を身につけてゲーム会社、あるいは印刷会社くらいには……と、指導をしてはいますが」(大学教員) 

 もしも、4年間のモラトリアムを楽しんだとして、学歴はずっとついて回る。まったく一般の職業に就いた時に「マンガ学部を卒業しました」は、いったいどんな印象を持たれるのか……。 
(文=是枝 了以) 

http://otapol.jp/2019/02/post-53460.html

 

(さらに…)

すき家、くら寿司に続き、今度はビッグエコー。 バカバイトはなんで炎上動画を上げたがるのか


から揚げを床に擦り付けてから調理する動画拡散 ビッグエコーは昨年12月に謝罪、事実解明のため警察が捜査 

第一興商が運営するカラオケチェーン店「ビッグエコー」のユニフォームを着用した人物による問題行為がSNSで拡散し、 
物議を醸している。第一興商に内容を確認したところ、昨年12月に問題の動画を把握し謝罪と調査状況を公表。 
現在は警察が捜査を行っているとのことだった。 

問題の行為は、ビッグエコーのユニフォームを着た人物によるもの。この人物は、店内の調理場らしき場所でから揚げを袋から取り出し、 
しゃがんで床に擦り付け、そのままフライヤーに入れた。この動画はTwitterで拡散し、不衛生な行為に批判の声が多数寄せられている。 

第一興商に取材したところ、同社は昨年12月にこの動画の存在を確認。実際にビッグエコーの調理場で従業員が行ったものか社内調査を行ったが、 
特定することはできなかったという。これを受けて、12月6日に「お客様には大変不安・不快な思いをさせてしまいましたことを深くお詫び申し上げます」 
と謝罪。事実関係の調査を進めながら警察へも相談するとしていた。その後、12月25日には警察へ被害届を提出したことを公表していた。 
現在は、「警察の捜査に協力している」とのことで、全店舗の従業員に対しては教育を徹底するとしている。 

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0207/blnews_190207_8643664834.html
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0207/8643664834/20190207134048079.jpg
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0207/8643664834/20190207134127266.jpg
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0207/8643664834/20190207134213985.jpg
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0207/8643664834/20190207134233621.jpg

動画
http://www.youtube.com/watch?v=sPn-etusC0Y

 

(さらに…)

Tully’sの読み方を知らない人が作ったポップが話題に おまえら読めるよな?


コーヒー店『Tully’s』の読み方を知らない人がポップを作ったらどうなるか? 
実際にそんな出来事がスーパーで起きてしまったようだ。 

ペットボトル飲料の『Tully’s COFFEE Smooth LATTE』を「チュルリーコーヒー」と記載。 
その写真をTwitterに投稿したところ瞬く間に拡散し話題になっている。 

Twitterには「チュルリーコーヒーはさすがに草」、「チュルリーで良い気がしてきた」、 
「なんかかわいい」と投稿が相次いでいる。 

http://livernet.jp/a/1734
http://livernet.jp/wp-content/uploads/2019/01/001-18.jpg
http://dotup.org/uploda/dotup.org1757212.png

 

(さらに…)

文化庁、前例のないダウンロード違法化法案を準備。画像、文章、あらゆるものが違法化に


海賊版DL規制、被害者の漫画家まで批判 拙速な文化庁 上田真由美 2019年1月25日07時04分 

 海賊版だと知りながらインターネット上にある漫画や写真、論文などあらゆるコンテンツを 
ダウンロードする行為を違法化しようと、文化庁が異例の急ピッチで作業を進めている。 

 わずか5回の審議で週内にも議論を終える方針だ。 
 一般のネット利用者への影響が大きい割に議論が拙速だとの批判が強まっている。 

 文化庁は25日に文化審議会著作権分科会の小委員会を開き、現在は音楽や映像に限っている 
海賊版ダウンロードの違法範囲をネット上のすべてのコンテンツに広げるため、意見の最終とりまとめをする方針だ。 
 今月始まる通常国会への著作権法改正案の提出を目指している。 

(略) 

 海賊版の被害を訴え賛成している出版業界のほか、「ネット利用が萎縮する」と反対している 
インターネットユーザー協会など、賛否双方の立場から聞き取りをしてきた。 

 委員からは、規制行為をもっと絞り込むべきだとの意見も出たが、同様の規制が先行している欧州の実態もふまえて 
対象拡大に賛成する意見もあった。 
 4回目の審議となった12月7日、文化庁はすべての海賊版コンテンツのダウンロードを違法化する案を提示。 
 大きな反対は出なかった。 

 同庁によると、年明けにかけて募集したパブリックコメントに寄せられた意見は約600件。 
 海賊版の被害者であるはずの漫画家や研究者らで作る「日本マンガ学会」は反対意見を送付した。 

 漫画家の竹宮恵子会長は「公権力による強力で広範囲な法制化は、今まで著作権法上グレーな領域で行われてきた 
個人活動の一切を拒否するものになる。著作権上グレーな領域での活動が文化発展を支えてきた側面も大いにある。 
一刀両断の法制化は避けてほしい」という。だが文化庁は25日の小委員会で審議を終えたい意向だ。 

 委員の一人は「通常国会に法改正案の提出を間に合わせるというスケジュールありきで議論が進んだ」と話す。 

続きはうぇbで
http://www.asahi.com/articles/ASM1L3W11M1LUCVL00J.html
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20190121002136_comm.jpg

 

(さらに…)

警官9人が居酒屋で宴会中、巡査部長同士が殴り合い 店が破壊され店員が110番通報し警官が仲裁


警官2人が居酒屋でけんか騒ぎ、上司も処分 原因は喫煙 

秋田県警五城目署管内の交番に勤める警察官同士が昨年、飲食店で騒ぎを起こしてけがを負うなどした問題で、県警は18日、 
当事者の男性巡査部長2人を所属長訓戒などの処分にしたと明らかにした。処分はいずれも昨年12月27日付。 

 県警監察課などによると、昨年11月22日夜、秋田市で同僚9人で飲み会をした際、50代の巡査部長が別の50代の巡査部長に対し、 
喫煙について注意した。2人はつかみ合いになり、互いに床に倒れた際、注意された巡査部長は脇腹の骨が折れる重傷を負い、 
注意した巡査部長は胸部を打撲した。2人は店の掛け軸や食器も壊し、店が110番通報して発覚した。 

 秋田中央署は2人を傷害の疑いで調べたが、ともに被害届を出さず、立件は見送った。店の被害は、現場に残っていた署員らが弁償したという。 

 県警は、注意した巡査部長を本部長注意、注意された巡査部長をより重い所属長訓戒とした。現場にいた上司の60代の男性警部補はさらに 
重い本部長訓戒とし、警部補は処分日付で辞職した。 

http://www.asahi.com/articles/ASM1L3T3MM1LUBUB005.html?iref=comtop_8_06

 

(さらに…)

【駄目だったのか】処分依頼不用品をオークションで転売した引越し業者逮捕。愛知


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00010083-cbcv-soci

不要品として処分を依頼されたものを転売していたとして、愛知県豊山町の引越会社の社長らが逮捕されました。 
 ネットオークションで不正が発覚したものの、「不要品は盗まれた」と、警察に嘘をついていました。 

 逮捕されたのは、愛知県豊山町の引越し会社・栄光社の社長、高橋昇容疑者(44)と妻で経理担当の由美子容疑者(42)、そして従業員の轡健二容疑者(49)です。 

 3人は、去年6月、警備会社アルソックのオフィス移転に伴い、処分を依頼された不要品を適切に処理しなかった廃棄物処理法違反と、アルソックには、適切に処理したと装い、処理費用およそ90万円を騙し取ろうとした詐欺未遂の疑いが持たれています。 

 「高橋容疑者らは、不要品として引き取ったものを適切に処理せず、その後選別し、金目のものを転売していました。」(記者リポート) 

 栄光社は、会社事務所の引越業務を専門に請け負っていて、今回、引き取った不要品から、警報器などの高価なものを契約通り産廃業者に持ち込まず、金属買取業者に転売していました。 

 さらにその後も、転売が繰り返され、去年7月、アルソックの従業員が、処分を依頼したはずの警報器がインターネット上でオークションにかけられているのを発見し、警察に相談。 

 しかし、発覚を恐れた高橋容疑者らは… 
 「会社に置いておいたら盗まれました」(高橋容疑者らの言い逃れの内容)

 

(さらに…)

電気業界年収、1位ソニー776万円、2位パナ666万円、3位東芝665万円 ※参考:トヨタ高卒平均852万円

電気機器業界の中で、最も平均年収が高かった企業は?  

1位はソニーの776万円だった。 
社員からは「年功序列ではなく、成果に応じて給与が規定される『ジョブグレード制度』が採用されており、 
若い年齢でも多く給料をもらっている人が多い印象」「家賃補助が手厚い。 
家賃の6~7割程度を会社が負担してくれる」などの声が寄せられた。 

2位はパナソニック(666万円)。 
年功序列の要素を排除した賃金制度を導入しているといい、「残業代が全額支給される。成果が出せれば昇給や 
ボーナスに反映されるのでやりがいはあった」「頑張れば30代で年収800万円。福利厚生が充実しており、 
年収に加えて100万円は実質支給される」などの意見があった。 

3位は東芝(665万円)。不正会計問題の影響により、2016年度の平均年収は落ち込んだものの、社員からは 
「同業他社と比較して非常に高水準。緊急対策によるボーナスカットを踏まえても業界水準並みと思われる」と、 
好待遇に満足しているとの声があった。 

4位はNEC(日本電気、650万円)。業績改善のためにリストラ・事業売却などを進めている同社だが、 
社員からは「管理職になるとボーナスの割合が大きくなるため、会社業績が良ければ、それなりの年収になる」 
「福利厚生はしっかりしている」などと評価されていた。 

5~10位はキヤノン(638万円)、三菱電機(627万円)、富士ゼロックス(620万円)、 
日立製作所(616万円)、リコー(572万円)、シャープ(554万円)--と続いた。 
いずれも昇進・昇級後の報酬、ボーナス額、福利厚生、サポート制度などが高く評価されていた。 

http://www.sankei.com/economy/news/180914/ecn1809140009-n1.html

 

(さらに…)