ホーム » 健康・病気

健康・病気」カテゴリーアーカイブ

心臓を降ろし忘れ、旅客機が空港に引き返す 米


米サウスウエスト航空は15日までに、同機の旅客機がドナーから提供された心臓を目的地の空港で降ろし忘れる出来事があり、離陸後に空港に引き返すことを余儀なくされたと明らかにした。 

心臓を載せた旅客機はシアトル・タコマ国際空港に9日に到着。当局者によると、同空港で降ろす予定だった。だが、サウスウエスト航空が「命にかかわる貨物」が機内に残っていることに気付いたのは、同機が次の目的地のダラスに向けて出発した後だった。 

同航空は「心臓が指定の時間内に確実に配送されるようシアトルに戻る決定を下した」と説明している。 

臓器提供を手配した非営利団体シエラドナーサービスによると、心臓に損傷はなく、時間通りに送り先に届いた。 

この臓器は弁の移植用に提供されたもので、将来の手術に使われる可能性がある。相手を指定して提供されたわけではないという。心臓弁は移植前に処理が必要ですぐには使用されない。 

シエラドナーサービスの責任者モニカ・ジョンソン氏は、提供者の家族は説明を受けたと強調。「愛する家族の心臓弁が届いて治療に使われる見通しとなり、ほっとしていた」と明らかにした。 

CNN系列局のKTXLによると、提供された組織は貨物室内の温度調整された箱で運ぶ。心臓全体を移植する場合であれば、専門チームを乗せたチャーター機で輸送していたはずだという。 

http://www.cnn.co.jp/usa/35130182.html

 

(さらに…)

【朗報】シナモンが薄毛に効くことが判明!!!既にスーパーで売り切れ続出


10月24日に放送されたバラエティ番組「ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~」(テレビ東京系)の内容が大きな反響を呼んでいる。 
同番組では今回、薄毛を予防できる調味料が紹介されたという。 

「番組では『抜け毛予防の新常識』と題して、専門家が様々な予防法を解説しました。 
それによると、長時間のシャンプーは必要な皮脂まで落としてしまうため、1分程度に抑えること。 
また抜け毛予防には食べ物が重要で、シナモンに含まれている『tie2』という成分は、 
髪の毛に栄養を運ぶ毛細血管を修復・強化するため、抜け毛予防につながるとのことでした」(テレビ誌記者) 

 そして同番組のスタッフは、シナモンがどれだけ抜け毛に効果があるのかを検証。 
シナモンといえばカレーやチャイなどに入っており、インドの国民には欠かせないスパイスである。 
そこで大勢のインド人の頭を調査したところ、約9割の人がフサフサだったという結果に。 
また数少ない薄毛のインド人は「嫌いな食べ物はシナモン」と答え、これまでほとんど摂取していなかったことが判明したのである。 
この結果には、MCの高橋真麻も大きな口を開けて驚くリアクションを見せた。 

 すると放送後、スーパーからシナモンが消える事態となっているという。 

「番組を見た視聴者からは『明日すぐ買いに行くしかない!』『まさかシナモンがハゲを救う存在だったとは』と大きな反響を呼んでおり、 
数日後のSNSでは『シナモンパウダー買いに行ったら売り切れてた』『シナモンの入った豆乳飲料までなかった』と売り切れ報告も相次いでいます。 
確かにスーパーに行くと、調味料コーナーではシナモンだけがごっそりなくなっています」(前出・テレビ誌記者) 

 育毛剤などは高価であるため、薄毛で悩む人たちは数百円で買えるシナモンに今、殺到しているようだ。 

シナモンが薄毛予防に効果絶大? 10月24日放送のテレビ東京「ソレダメ!」が大反響
http://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12104-115384/

 

(さらに…)

【飛行機】ストロベリーアレルギーの女乗客「他の乗客にも提供しないで」パーサー「迷惑で不快、他の方法で帰れ」

英ランカシャー州ボルトン・バイ・ボウランドに住むクロエ・フィッツパトリックさん(19歳)は、 
恋人マシュー・ヒッグソンさん(21歳)と英航空会社「Thomas Cook(トーマス・クック)」を 
利用してギリシャのザキントス島(ザンテ島)でのホリデーを楽しんだ。 
行きのフライトは何の問題もなかったクロエさんだったが、帰りのフライトで予期せぬトラブルに見舞われた。 

生後10か月の時に重度のストロベリーアレルギーと診断されたクロエさんは、 
万が一の時に備えて常にエピペン2本を持ち歩いている。 
どんなに気を付けていても年に2~3回はアナフィラキシーショックを起こしており、今回の旅行でも細心の注意が必要であった。 
そのため行きのフライト同様、CAにアレルギーのことを伝え配慮を願ったクロエさんだったが、 
チーフ・パーサーにあたる女性から屈辱的な対応を受けたという。 

搭乗時にクロエさんから事情を聞いた2人のCAは、ベリー成分が含まれるマグナーズ・ベリーサイダーや 
ロゼ・ワインを機内サービスで他の乗客に提供しないという同意をした。 

ところがチーフ・パーサーは「あなたのアレルギーのせいで機内サービスが制限されるなんて、 
200人の乗客にとっては甚だ迷惑であり非常に不快だ。エピペンを持っているのなら、問題ないだろう。 
もしくは降機して他の方法で帰ればいい」とクロエさんに反論した。 

思ってもいない対応を受けたクロエさんはショックで思わず涙すると、 
マシューさんが「フライトでのサービスを重視して、乗客の命のリスクは顧みないのか」と詰め寄った。 

さらに他の女性CA2名の説得もあったことから、最終的にチーフ・パーサーは渋々クロエさんの搭乗を承諾し、 
「重度のアレルギー患者が同乗しているため、ストロベリー成分の含まれた食品は一切機内では販売しない。 
また、フライト中はストロベリーの飲食を控えて頂きたい」と機内アナウンスを流したが、 
最後まで不快さを隠さなかったチーフ・パーサーの対応に、クロエさんは酷い侮辱を受けた気持ちになった。 

http://japan.techinsight.jp/2018/09/ellis07470926.html
前スレ
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1538226904/

 

(さらに…)

【医療トラブル】「余命1年もない」と医師に宣告されて5年。仕事も財産も手放し親族には別れの手紙。「どう生きていけば…」

1: 記憶たどり。 ★ 2018/07/30(月) 11:16:18.33 ID:CAP_USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-00010000-nishinp-soci

「余命1年もないと医師に宣告されながら、5年たっても生きています」。
難治性血液がんの成人T細胞白血病(ATL)と診断された男性から、西日本新聞の特命取材班に悲痛な声が届いた。
死を受け入れ、仕事や財産などの整理も済ませたという。「何も手元に残していない。どう生きていけば…」。
そもそも余命宣告とは-。

声を寄せてくれたのは、福岡県久留米市の笠井駿さん(71)。自宅を訪ねると、日記帳をめくりながら経過を説明してくれた。

■2013年、ATLと診断

2013年1月、顔と上半身に紅斑が現れた。同県内の病院に検査入院し、ATLと診断された。体内にウイルスHTLV1があることは知っていたという。

ATLは主に母乳を介して感染するHTLV1が原因。保有して必ず発症するわけではないが、発症すると免疫機能が低下したり、
リンパ節が腫れたりする。根治が難しく、「発症後の平均生存期間は半年から1年と短い」という研究成果もある。

■親族に別れの手紙も

笠井さんは「医師から『次の誕生日は120パーセント迎えられない』と説明を受けた」と言う。取引先にあいさつして回り、
経営する設計企画事務所を閉じた。財産は売却したり、子どもに譲ったりしたほか、親族には別れの手紙を書いた。ホスピスにも一時入所した。

診断から5年。体に痛みがあり通院しているものの、「死」が訪れる気配は感じていない。抗がん剤治療の影響で歩行が難しくなり、車の運転もできなくなった。
生きていることは喜ばしいことだが、「ATLというのは誤診だったのでは。納得できない」と憤る。

笠井さんによると、双方の代理人弁護士がやりとりした書面の中で病院側は「次の誕生日は120パーセント迎えられない」との発言を否定。
「診断に誤りはなく、治療が奏功して症状が改善した」などと説明しているという。病院側は本紙取材に「コメントを控えさせてもらう」とした。

■余命宣告「どんな患者でも動揺」

九州大の萩原明人教授(医療コミュニケーション学)は「医師が『120パーセント』という言葉で説明することは一般的に考えにくい」としつつ、
「いさかいの原因は、医師の説明と患者の理解に食い違いがあったのではないか」と推察する。

一般的に、余命について医師は、同じ病の患者の平均的な生存期間である「生存期間中央値」や、診断を受けて5年後や10年後に生存する患者の比率を示す
「5年生存率」「10年生存率」を説明する場合が多いという。過去の多くの患者から計算された平均的なデータにすぎないが、
「個人差があることを考えずに受け取られる恐れがある。医師は工夫が必要だ」という。

患者の心理状態も影響する。「どんな患者でも動揺する。医師の説明を、自分が理解しやすいように楽観的に解釈する場合もあるし、
悲観的に捉えて頭に刷り込むこともある」

■「財産整理など、大きな決断する前に第三者の意見を」

トラブルを避けるには、医師の説明を若い人も交えた複数人で聞くことが有効とされる。病院の相談窓口や、
同じ病気を患う患者団体で悩みを打ち明けることも患者の負担を和らげる。

患者が主治医以外の医師から意見を聞くセカンドオピニオンもあり、「財産整理など、大きな決断をする前には第三者の意見を求めた方がいいかもしれない」
と萩原教授。終末期医療に詳しく、在宅ケアに取り組む「にのさかクリニック」(福岡市)の二ノ坂保喜院長は「信頼関係は当然必要だが、
医師の言うことはあてにならないと思うくらいでいい」と言う。

■「患者自身も賢くなる必要がある」

HTLV1撲滅を目指すNPO法人スマイルリボン(鹿児島市)の菅付加代子代表は「患者は医師の説明をうやむやにせず、最終的には自分で判断しないといけない。
患者自身も賢くなる必要がある」と話している。

(さらに…)

【画像あり】舌に口内炎できてクソ痛い

1: ■忍法帖【Lv=18,うごくせきぞう,4wF】 2018/07/31(火)15:06:22 ID:Az6
https://i.imgur.com/Q6tE4eH.png
ご飯が美味しく食べられない

(さらに…)

【悲報】著名な内科医「ポカリスウェットもアクエリアスもゴミ、役に立たない。論外」

1: 名無しさん@涙目です。(アラビア) [IT] 2018/07/27(金) 23:37:18.68 ID:37kyluWd0● BE:324064431-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
のーないすこうぷ
@nonaiscope
著名な内科医らが「夏の水分補給で最適な飲み物は何か?」を議論していましたが、「麦茶+塩タブレット」で結論が出ていました。
塩の入った飲み物ではダメで、塩は食べ物として取るべきだそうです。この点でスポーツドリンクは落選です。

繰り返します。「麦茶+塩タブレット」で夏を乗り切るのです。
午前8:04 · 2018年7月27日
1.2万件のリツイート1.5万件のいいね

猛暑が続く日本列島…
効率的な水分補給の方法とは
https://weathernews.jp/s/topics/201807/180175/

(さらに…)

寝ても寝ても疲れが取れないやつww

1: 名無しさん@おーぷん 2018/06/07(木)20:18:29 ID:dq3
ワイやで

(さらに…)

【悲報】身近な食材の致死量が判明し怖くて眠れなくなる

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/16(月) 13:15:27.294 ID:XqBTzvjkK
ニンジン215本
コーヒー120杯
塩30g~300g
醤油140ミリ~1500ミリ
板チョコ85枚
水6リットル

おいおい水6リットルや塩30gって下手したら取ってることあるんだがwwwww

(さらに…)

【悲報】ワイ、尿検査当日にモンスター3本飲み干す

1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/13(金)06:14:04 ID:Rht
これあかんやつやん…

(さらに…)

椎間板ヘルニアの新しい注射薬、1回で高い治療効果…8月発売

1: 名無し募集中。。。 2018/07/23(月) 13:01:41.53 0
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-00010000-yomidr-sctch

始まった世界が変わるときが来たんだ

(さらに…)