ホーム » 商品

商品」カテゴリーアーカイブ

鬼太郎のねこ娘風のとてもえっちなランジェリー発売


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00000006-mantan-ent

故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の鬼太郎とねこ娘をイメージしたランジェリー「ゲゲゲのランジェリー」が、 
バンダイから発売されることが11日、明らかになった。 

【写真特集】ねこ姉さん(ねこ娘)、鬼太郎のランジェリー モデルの着用イメージも リボンが可愛い 

 ねこ娘のランジェリーはブラ、ショーツのセットで、鮮やかな赤を基本生地に採用し、ワンポイントとしてリボン柄のレース装飾を施した。 
リボン形のヘアゴムとチョーカーも付属する。価格は1万2960円。 
鬼太郎モデルはブラ、ショーツのセットで、ブラは青を基調としたカラーリング。 
ショーツは鬼太郎の短パンをイメージした。価格は1万584円。 

 バンダイのアパレル関連の公式ショッピングサイト「バンコレ!」で予約を受け付けている。2019年3月に発送予定。

 

(さらに…)

長財布はデメリットだらけ、最新トレンドは「ミニ財布」貯蓄率が激増する理由とは


■ミニ財布で年収に対する貯蓄率が約1割上昇した 

ミニ財布にしてお金が貯まったかどうか。 
計算してみると、収入は、ほぼ横ばいだったが、年収に対する貯蓄率は約1割上昇した。 
その理由としては、ミニ財布になったことで、支出に対してニーズとウォンツの見極めがよりシビアになったこと。 
家計管理もミニマムに押さえるようになったことなどが挙げられるかもしれない。 
ただ、筆者としては、ミニ財布を使用してみた結果、再び、長財布を購入しようかと検討中である。 
前掲のメリット・デメリットを踏まえて、筆者のお金の使い方に、ミニ財布が自分に100%適しているわけではないと感じたからである。 
ミニ財布を持つのに向いている人は、「現金をできるだけ持ち歩きたくないキャッシュレス派」や 
「ポイントカードなどはスマホアプリで読み込むなど情報リテラシーに敏感派」などだ。 
筆者のように、現金とキャッシュレスの両方を使い分けている場合は、ミニ財布は、やや使いにくいと感じるシーンがある。 
もちろん、ミニ財布のメリットも十分あると実感したので、今後は上手に使い分けたいと考えている。 

■ポイントカード中毒&慢性的なブタ財布の人は「ミニ」を試せ 
そして、次のような方は、ぜひとも、一度はミニ財布を使ってみるべきである。 
・レシート類の整理整頓が下手→家計管理もずさんタイプ 
・クレジット、ポイントカードを大量に保有している→おトク感中毒タイプ 
・何でも、とりあえず財布に投入してしまう→慢性的に豚財布タイプ 
結論としては、長財布とミニ財布も、最終的に家計管理ができるか、お金を貯められるかは、本人のやり方次第だろう。 
見直すべきなのは、財布自体ではなく、お金の付き合い方である。 
とはいえ、ミニ財布に切り替えることで、お金の「出入り」に敏感になり、賢い消費行動が取れるきっかけや、貯められる環境は整う。 
来年こそ、無駄遣いを控えたいとお考えの方は、まず、自分に合ったミニ財布選びから始めてみるのもいいかもしれない。 

ミニ財布
http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/c/f/cf677_1238_c738941f6e17b25df3e7767ecb46ac7e.jpg
http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/a/a/aaeb0_1238_df380a68e2a0eca8993a6e7c52675456.jpg
http://news.livedoor.com/article/detail/15716999/

 

(さらに…)

【悲報?】ミズノ、パンツの「大事な部分」が破けるとして自主回収


スポーツ用品大手ミズノは、スポーツ用下着の一部製品に、使用直後に股の部分が破れるおそれがある製品が混じっていることが明らかになったとして、自主回収を発表した。 

 リコールの対象となるのは、2016年から販売している「ミズノプロ スライディングパンツ」(黒/サイズ:S?XO/税抜価格3900円)。 

 同社によると、ソケイ部のメッシュ生地の強度が低い製品が混在していることから、使用して早い段階で破れるおそれがあるという。 

 スライディングパンツとは、野球選手が走塁をする際に太ももや尻を衝撃から守るために履く、少し長めのボクサーパンツ。 
ミズノの製品には、急所を保護するためのファウルカップ部分の内側に縫い付けた品質タグに8桁の製品番号「12JB6P01」と、「27200」から始まる9桁の製造番号が記載されているという。 

スライディングでビリッ!ミズノのパンツ「大事な部分」裂けるおそれ
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/7/27515.html
http://www.hazardlab.jp/contents/post_info/2/7/5/27515/mizuno001.png

 

(さらに…)

史上初 ミシュランガイドにおにぎり屋が掲載されてしまう


日本ミシュランタイヤは27日、レストランを星の数で格付けするガイドブック「ミシュランガイド東京2019」(30日発売)の掲載店を発表した。 
最高評価の「三つ星」は13店。東京版は今年で12年目で、「すきやばし次郎本店」(すし)など4店が12年連続で三つ星を守った。 
「二つ星」は52店、「一つ星」は165店。 

最新版では、484店の飲食店と35軒の宿泊施設を掲載。東京の星付きの飲食店は230店で、パリの118店を上回り、世界一の座を維持した。 
「そのために旅行する価値のある卓越した料理」を意味する三つ星では、9年ぶりに「ロオジエ」(フランス料理)が返り咲いた。 

また、手頃な価格(主に5千円以下)で満足度の高い料理が楽しめる「ビブグルマン」では、世界で初めて「おにぎり」のカテゴリーが登場。 
「おにぎり 浅草 宿六」が新たに掲載された。 

東京都内で会見した同書のインターナショナルディレクター、グウェンダル・プレネックさんは 
「『和食』の中には、すし、天ぷら、焼き鳥、とんかつ、ラーメンなど多様な料理カテゴリーがある。料理の種類の豊富さは他に類を見ない東京のレストランシーンは、とてもユニークだ」と語った。 

http://www.sankei.com/life/news/181127/lif1811270026-n1.html

おにぎり浅草宿六HPより
http://onigiriyadoroku.com/images/one.jpg

 

(さらに…)

NEC、「バブル絶頂味」と「バブル崩壊味」のチョコレートを開発 単品1620円


「バブル崩壊」はどんな味? NECが時代を味わえるチョコレートを開発 

日本電気(NEC、東京都・港)とチョコレート専門店のダンデライオン・チョコレート・ジャパン(東京都・台東)は、 
時代のムードを味わえるチョコレート「あの頃は CHOCOLATE」を開発。11月1日には、東京・蔵前にある直営の 
店舗でメディア向けの先行試食会を実施した。

http://cdn.advertimes.com/wp-content/uploads/2018/11/at1107001.jpg

チョコレートの味は「1969 人類初の月面着陸味」「1987 魅惑のバブル絶頂味」など全部で5種類。 
価格は単品が1枚1620円、5種アソートボックスが3240円(税込)となっている。10月25日からダンデライオン・チョコレートの 
オンラインストアで予約を開始しており、12月21日から2019年2月14日の間に順次商品を受け渡す。 

「チョコレートを味わうことによってあらゆる世代の方がその時代を思い出したり、想像したりすることができる 
体験を提供したかった」と語るのは、NECでAIエバンジェリストを務める茂木崇氏。本商品の開発にはNECの 
AI技術が活用されている。 

http://cdn.advertimes.com/wp-content/uploads/2018/11/at1107002.jpg
(左から)NEC IMC本部 デジタル戦略グループの茂木崇氏、 
ダンデライオン・チョコレート・ジャパン チョコレートプロダクションマネージャーの伴野智映子氏。 

まずNECのデータサイエンティストが約60年分の日本経済新聞の記事から代表的な頻出単語(約600語)を抽出。 
「新しい」「若い」といった単語にはフルーティ、「不安」「低迷」などの単語に対しては苦味といった味覚情報を与えた 
学習データを作成した。その学習データをもとに60年分の記事に記載された13万8000語近くの単語の味をAIが推定し、 
5つの年のムードから「味」を決めている。 

「味覚」と掛け合わせてAIを身近に 

チョコレートの制作に携わったダンデライオン・チョコレート・ジャパンでは、通常、カカオ豆の産地や特徴から味を 
決定するという流れで商品開発を行っている。今回は決められた味から逆算して適したカカオ豆を選ぶという従来とは 
異なる工程とした。 

同社のチョコレートプロダクションマネージャーである伴野智映子氏は「普段と違う方法でチョコレートをつくるのには 
苦労したが、おかげで思いもよらない味や新しいアイデアも生まれた。AIは人間の仕事を奪うのではないかと恐れられているが、 
クリエイティブな仕事においては発想の手助けになる」と話した。 

NECは2017年にも名作文学の読後感を再現したコーヒー「飲める文庫」を開発している。「AI×味覚」の可能性について 
茂木氏は「日本人は『苦い経験』『甘酸っぱい思い出』など、感情を味覚に例えて表現することが多い。AIと人間の感覚を 
組み合わせることよって、AIを身近な存在に感じてもらえるようになれば」と話す。今後は視覚や聴覚などと掛け合わせた 
商品の開発も視野に入れている。

 http://www.advertimes.com/20181107/article280028/

 

(さらに…)

【悲報】Facebook社員にiPhoneを含むApple製品禁止令。もしかして意識高くなりすぎたか?


米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は、米アップルのティム・クックCEOとの論争を受け、フェイスブックの職員に対し、iPhoneを含むアップル製品の使用を禁止した。 
フェイスブックの職員は、Android OSを搭載したスマートフォンに切り替えなければならないという。 
ザッカーバーグ氏は、クック氏が、フェイスブックは利益のためにユーザーを監視していると公に非難した後、このような決断を下した。 
クック氏はMSNBCのインタビューで、サービスが人々の個人的な生活に侵入するのは受け入れらないことだとの考えを表し、 
フェイスブックが入手した個人情報をもとにユーザーを追跡する行動ターゲティング広告は「おぞましい」と指摘した。 
またクック氏は「プライバシーは、あらゆる人間の権利だ」と強調した。 
このようなザッカーバーグ氏を苛立たせるようなクック氏の発言を受け、ザッカーバーグ氏は、フェイスブックの職員に対し、アップル製品の使用を禁止した。 
なおThe Vergeは、フェイスブック経営陣のTwitterアカウントを確認した。最新の投稿で判断する限り、複数の経営陣はまだiPhoneを使用しているという。 

http://jp.sputniknews.com/science/201811155587570/

 

(さらに…)

ケンタッキーの公式サイトが中二病仕様に! 『双璧の肉王』など理解不能過ぎる


日本KFCホールディングスグループの日本ケンタッキー・フライド・チキンは、チキンフィレで 
具材を挟むという衝撃のメニュー『THE DOUBLE(ザ・ダブル)』を2018年11月1日より販売開始。 

『THE DOUBLE』の販売にあわせて、福山潤、松岡禎丞さん、上坂すみれさんの豪華人気声優陣と 
人気イラストレーター双葉はづきさんが集結し、スペシャルコンテンツを制作。 
そのコンテンツが異常過ぎるほど中二病仕様。商品の説明が何を言っているのか理解できないレベルなのだ。 

商品説明も次の様に理解不能。 

双璧として聳えし王の帰還に民は再び踊り狂う 
(意味:ボリューミーなチキンフィレオダブルが、ザ・ダブルとして再販になりました) 

灼熱の業火から蘇りし不死鳥たちが歓喜の宴を繰り返す。 
(意味:高温で揚げたチキンがジューシーで食べ応え抜群!) 

黄金と漆黒の大剣が強欲な人たちを薙ぎ払う。 
(意味:バーベキューソースとマスタードレリッシュの組み合わせがおいしいです) 

また、ウェブサイトも中二病仕様になっているほか、Twitterにも中二文を投稿している。 

http://gogotsu.com/archives/44568

http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2018/11/02-1.jpg
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2018/11/03-1.jpg
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2018/11/04-1.jpg
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2018/11/05-1.jpg
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2018/11/06.jpg
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2018/11/07.jpg

 

(さらに…)

「ガソリンエンジンで発電してその電力でモーターを回して走行」 これ効率悪くないの?


日産e-POWERが天下を取った理由と今後のマル秘倍増計画 

 日産ノートが2018年上半期(1~6月)登録車販売台数において、ナンバー1を獲得した。さらにセレナも2018年上半期ミニバンナンバー1の座についた。 

 まさに奇跡の大ヒット! なぜこれほど大ヒットしたのか? その原動力となっているのはノート、セレナに追加ラインアップされた、モーターの力だけで走行し、エンジンは発電専用というe-POWERだ。 

 さて、そのe-POWERが天下を取った理由は何なのか? 魅力はどれほどのものか? また、今後e-POWERは増えていくのか? モータージャーナリストの岡本幸一郎氏が解説する。 
http://carview.yahoo.co.jp/news/market/20181025-10353637-carview/

 

(さらに…)

お前らが酷評したホンダN-VANが異常な売り上げ


ホンダ N-VAN 累計受注が発売3か月で2万4000台超…納期最長5カ月も 

ホンダの鈴木麻子執行役員は7月13日に発売した新型軽商用バン『N-VAN』の累計受注台数が2万4000台を超えたことを明らかにした。 
発売から1か月経過した時点の受注台数は1万4000台だったことから、その後2カ月間でさらに1万台積み上がった計算になる。 

鈴木執行役員は10月24日に都内で開いたN-VANの法人客であるダスキンの担当役員との対談イベントに登壇し、 
現在のN-VANの受注状況について「(10月22日時点で)2万4000台を超える数字を頂いている」と述べた。 

その内訳は「個人のお客様が先行していて、最終的には法人のお客様も増えてくると思うが、 
まだ法人のお客様は非常にその中では限られた数字になっている」という。 

「N-VANの前のモデルとして『アクティバン』があったが、(軽商用バンとして)19年ぶりのフルモデルチェンジということで、 
残念ながら軽商用車の中ではプレゼンスがなかなか上がらなかったこともあって、しばらくご縁の切れていた法人様もいる」と、 
鈴木執行役員はN-VANの受注で個人ユーザーが先行している背景を語る。 

これはN-VANの納期状況にも実際に表れている。ホンダの広報部によるとN-VANの納期は、L、Gグレードが約1か月に対して、 
個人客を想定した+STYLE FUNおよび+STYLE COOLの両グレードは4-5か月かかるとのことだ。 

今後の法人客への対応に関して鈴木執行役員は「今回いろいろと新しい取り組みを(N-VANで)してきたことで、 
とくにインターネット通販が増えているということで宅配の業者のみなさんには積極的にアプローチしているし、 
しばらくご縁の無かった法人様からもお問い合わせを頂いているということで、幅広く積極的に営業活動をしているところ」と話していた。 

http://response.jp/article/2018/10/25/315403.html
http://response.jp/imgs/p/HyHJUDsvwEJjLfURx1fZfoRN5UBBQkNERUZH/1351599.jpg

 

(さらに…)

【悲報】「すき家」の牛丼の肉の量が少な過ぎて詐欺ではないかと話題に

早くて安くてウマい丼ものといえば、やはり庶民の味方の『牛丼』。 

どの牛丼チェーンもワンコイン未満で食べられるのは非常にありがたい限りだが、ネット上では気になる意見が少なからず見受けられる。 

それは「肉の量が地味に減っている」ということ。 
Twitterを見ると、「すき家も吉野家も松屋も肉が減った」というコメントがあるが、本当に減っているのだろうか? 

実際に減ったかは過去と見比べなければわからないため、 
メニューの写真と実物でどれだけ差があるのか確かめることにした。 

実際に店へ行き、まずはメニューの写真を確認。 
並盛りのイメージには肉がびっちり敷き詰められ、非常にウマそうだ。 

しかし、実際に来た並盛りの牛丼はこちら。 
写真とぜんぜん違うし、半分以上玉ねぎやんけ! とブチギレたくなってくる肉の少なさである。 

牛丼店の肉の量が地味に減っていると話題 調査1回目『すき家』
http://sirabee.com/2018/10/23/20161846538/
http://img.sirabee.com/wp/wp-content/uploads/2018/10/sirabee20181022sukiya002-768×513.jpg
http://img.sirabee.com/wp/wp-content/uploads/2018/10/sirabee20181022sukiya004-768×513.jpg

 

(さらに…)