ホーム » 地域

地域」カテゴリーアーカイブ

パキスタンの政治家がライブ配信中に激カワな猫になるハプニング ネットでキャプチャ画像が大拡散


パキスタンの政治家がライブ配信中に突如として猫耳に変身するハプニングが起きた。 

パキスタン定義運動党所属シャウカ・ユサフザイ長官は、6月14日の記者たちとの懸案について話をおり、 
懇談会の模様はライブストリーミングされていた。 

終始真剣だったシャウカ・ユサフザイ長官はヒゲヅラに突然猫耳となりキュートな姿に変わった。 
しばらくして元に戻ったが何が起きたのだろうか。 

ライブ配信を管理していた担当補佐官が操作ミスでフィルタ機能を間違ってONにしてしまったようだ。 

補佐陣はすぐさま元に戻したが、ネットユーザーは即キャプチャを撮られそれが大拡散しSNSにも投稿されている。 
ネットユーザーたちは「シャウカ・ユサフザイ長官の正体は猫」、「私たちの内閣に猫がいるとは」と冗談を投稿している。 

なおライブ配信に使用したアプリはFacebookでフィルタもその配信アプリに備わっているもの。 

http://gogotsu.com/archives/51633
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2019/06/01-32.jpg
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2019/06/02-20.jpg

(さらに…)

20代女(155cm、細身、背中までの長さの茶髪)「こんにちはって何やねん。」


不審者情報(6月12日・有馬) 

6月12日(水)午後3時10分頃、神戸市北区有野台3丁目1番付近において、不審者が目撃されました。 
通行中に見知らぬ女に挨拶をした女子児童に対して、「こんにちはって何やねん。」と因縁を付けたうえ、怖くなって走って逃げた児童をしばらく追いかけた後、いずれかに立ち 
去りました。 
不審者は、20代位、155センチ位、細身、背中までの長さの茶髪、灰色スウェット上下着用の女です。 
http://hyogo-bouhan.net/criminalCase/detail.do?topicId=33296&top=true

(さらに…)

【ワロタw】 安倍総理、第三次世界大戦を止めてしまう トランプとイランが土下座し、仲介を要請


首相が12日からイラン訪問 緊張緩和「シンゾーしかいない」 

安倍晋三首相は12~14日まで3日間の日程でイランを訪問する。現職首相のイラン訪問は 
昭和53年の福田赳夫氏以来、約41年ぶり。 
首相はロウハニ大統領だけでなく、イランの最高指導者ハメネイ師とも会談する方向だ。 
米国とイランの間で軍事的緊張が高まる中、両国と友好関係を築いている立場を生かし、 
緊張緩和に貢献したい考えだ。 
河野太郎外相も首相に合わせてイランに入る。 

訪問が固まったのは、5月下旬のトランプ米大統領の来日時だ。 
トランプ氏は「ぜひイランに行ってほしい。 
シンゾーしかいない」と首相に要請。これを受け、首相はイランと関係が悪化している中東諸国の 
首脳級と相次いで電話会談し、環境整備を図った。 
イラン側からも5月中旬に来日したザリフ外相から訪問要請を受けた。 

http://www.sankei.com/politics/news/190608/plt1906080013-n1.html

(さらに…)

【画像】ケンタ丼が極上の一品と話題 これ絶対ウマいやつやん…


ケンタッキーフライドチキン(以下、KFC)で丼ものが食べられる――。 
にわかには信じがたいが、ごく限られた店舗で「ケンタ丼」という激レアメニューが提供されているのだ。 

全国で7店舗、東日本では3店舗だけでしか食べられない幻のような存在。 
この情報を聞きつけた筆者は、さっそくケンタ丼を提供しているスカイツリーソラマチ店へと向かった。 

お米の上に乗っているにも関わらず時間が経ってもサクサクと食感があまり失われない。 

どれを食べても水気でべちゃべちゃになってしまった部分がほとんどなく、揚げたての美味しさを存分に楽しめた。チキンの味も、 
いつもとは異なる和風テイストになっている。流石はフライドチキンの王者KFCと思わざるを得ない。 

全体の味としては天丼に近いが、甘辛いタレの味付けなどはビミョウに異なる。割りと量が少な目なタレが 
それぞれの具材の引き立て役に徹してくれるため、飽きが来ないのもポイント。普段、丼ものを扱っていないにも関わらず、分かっている。 

タレを大量にかければ良いと思い込んでいる店はKFCをぜひとも見習ってほしい。 





http://news.livedoor.com/article/detail/16559158/

 

(さらに…)

【マジでバカ】バカチョンの幼虫ども、またスポーツの国際大会でやらかす はよ旭日旗のせいにせーよw


韓国サッカーU-18代表、大会優勝トロフィーに”足あげポーズ”で物議 サッカーU-18韓国代表チームが中国で開かれた大会で優勝。その後の優勝セレモニーでみせた 
行動が物議をかもしている。 

 韓国代表(U-18)は29日午後、中国・成都で開かれた「パンダカップ2019」で中国を3-0で破り、 
優勝を手にした。この試合の前に、タイ(2-1)、ニュージーランド(4-0)を破り、3戦全勝で優勝トロフィーを手にした。 

 問題は優勝セレモニーの最中に起きた。一部の選手がトロフィーに足を乗せてポーズをとり、 
記念撮影をはじめたのだ。この写真が中国のSNSで拡散し、中国サッカーファンの怒りを買った。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00000039-wow-socc

幼虫ども

 

(さらに…)

東海東海うるせー韓国が宗主国さまに『オメーんとこの湖、名称変えろや』とすごまれるw


戦勝記念で付けた名称に「気分が悪い」という理由で変更を要求 

米国と貿易戦争を繰り広げている中国が、国内の反米感情をあおるため6・25戦争 
(朝鮮戦争)史を中国の視点から美化する一方、韓国政府に対しては、 
敗戦の痕跡を消すために江原道華川郡の「破虜湖」の名称を変更せよと圧力を加えていることが27日までに分かった。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190528-00080078-chosun-kr
破虜湖は、植民地時代の1944年に華川ダムが建設されたことでできた人工湖だ。 
6・25戦争で韓国軍が中共軍に勝利したことを記念して、当時の李承晩(イ・スンマン)大統領が 
破虜湖(オランカイ〈北方の蛮族〉を打ち破った湖)と命名し、現在に至る。しかし中国は、 
韓国政府や自治体に「中国の観光客が不快に感じている」として、名前を変えろと要求しているという。 
中国の要求は、駐中韓国大使館など外交チャンネルはもちろん、江原道や華川郡など自治体にも伝えられた。 
崔文洵(チェ・ムンスン)華川郡守は27日「新華通信など一部の中国メディア関係者も、こうした要求をしたことがある」と語った。 
盧英敏(ノ・ヨンミン)大統領秘書室長も、駐中韓国大使だった当時、中国側からこうした要求を受けたといわれている。 

 中国が投げ付けた「火種」で、韓国の国内世論すら分裂している。華川郡の一部市民団体の関係者らも 
「韓中および南北関係、そして平和の雰囲気づくりのため、破虜湖を元の名前の大鵬湖に変えよう」という運動を繰り広げている。 
しかし崔文洵・華川郡守は「67年間使ってきた歴史と勝利の記録の代わりに、 
植民地時代の名前に戻すというのはあり得ない」として、名称変更に反対した。 

 中国は、破虜湖のほかにも、高句麗の将軍・楊万春(ヤン・マンチュン)と唐の太宗の戦いを題材にした 
韓国映画『安市城』に対し「中国の英雄を侮辱している」として抗議したといわれている。 
破虜湖から『安市城』に至るまで、韓民族の勝利の記録を中国側の思い通りに変えろというのだ。

 

(さらに…)

【緊急警告】ついに6月9日、人類滅亡することが判明!


2019年6月9日、世界は終焉を迎える??米国のある牧師の主張が話題になっている。英「Express」が今月22日付で伝えた。 

■世界の終わりまであと3週間!? 

 このたび6月9日に世界は終わると予言しているのは、米国の牧師ロナルド・ウェインランド氏である。6月9日は新約聖書で描かれた聖霊降臨「ペンテコステ」の 
祝祭日に当たり、ウェインランド氏によると、このタイミングに合わせてイエス・キリストが再臨するのだという。 
 キリスト降臨の理由は、もちろん人類を救うことにある。ウェインランド氏によると、6月9日の直前に世界的な核戦争が勃発し、第三次世界大戦の惨禍から人々を 
救うためにキリストが再臨するということだ。 
「核戦争がキリスト降臨のきっかけとなりますが、それは戦争という人類の問題に介入し、止めることが目的なのです」(ウェインランド氏) 

さすがに今回のは…どーよ? 
http://tocana.jp/2019/05/post_97013_entry.html

 

(さらに…)

【中国メディア】ラーメンも餃子もライスも主食なのに「日本人はなぜセットで食べるのか」

日本で食べられているラーメンや餃子は中国から伝えられた料理であることは周知の事実だ。中国でもラーメンや餃子は日常的に食べられている料理だが、1つ異なるのは日本のようにご飯がセットになることはなく、あくまでも主食として食べられていることだろう。それゆえ、中国人からすれば、日本の「ラーメンライス」や「餃子定食」のように、ラーメンや餃子がご飯のお供として食べられていることは不思議に感じるという。 

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本人はなぜラーメンと一緒にご飯を食べるのかを考察する記事を掲載し、「中国人はこの食べ方を受け入れられるか」と読者に問いかけている。 

 記事はまず、日本を訪れたことのある中国人であれば、「日本人はラーメンとライス、餃子とライスのように、中国人にとっての『主食と主食』を組み合わせた食べ方をしている」ことに驚き、疑問を抱いたことがあるはずだと主張。 

 続けて、「日本人はこの食べ方についてどのように感じているのか」と疑問を提起する一方、多くの日本人にとっては白米こそが「主食」であり、ラーメンや餃子は「おかず」とみなしていると指摘、だからこそ日本人は「中国人にとっての主食と主食を組み合わせた食べ方をしているのだ」と主張した。 

以下ソースで読んで 
2019-05-21 12:12
http://news.searchina.net/id/1678960?page=1
★1 2019/05/21(火) 20:21:20.72
前スレ★3 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1558447374/-100

 

(さらに…)

毒を飲まされたインド人が爆発


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00010001-aptsushinv-asia
インド北部ウッタル・プラデーシュ州アリーガルで5月15日、 
誤って毒を飲んだという女性が、救急搬送され先の病院で、 
医療スタッフが患者の口に吸引パイプを挿入した途端に、 
口から煙と火を吹いて“爆死“した。 

毒を飲んだという40歳の女性が運び込まれた同地のジャワハルラール・ネルー医科大学は現在、死因を調査中。 

同病院は、女性が飲んだという毒がリン酸アルミニウムで、それが胃の中で、酸化アルミニウムに加えてリン化水素を放出。 
そのガスが胃酸に混じって化学変化を起こして、“爆発“したのではないかとみている。 

原因が何であるにせよ、病院では初めてのことだと説明した。

 

(さらに…)

【動画】 シュワルツェネッガーさん(71)、南アで暴漢に背中を蹴られる 「人混みに押されたと思った」


A・シュワルツェネッガーさん、南アで男に背中蹴られる イベント参加中 

【5月19日 AFP】ハリウッド俳優で元カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツェネッガー(Arnold Schwarzenegger)さん(71)が18日、 
南アフリカで開かれたスポーツイベント参加中に男に襲われ、背中を蹴られた。 

シュワルツェネッガーさんは同国最大の都市ヨハネスブルク(Johannesburg)のサントン・コンベンション・センター(Sandton Convention Centre)で 
ファンと歓談していたところ、急に飛び掛かってきた男に背中上部を蹴られた。 

シュワルツェネッガーさんはその後ツイッター(Twitter)で「皆さん心配してくれてありがとう、しかし心配することはなにもありません」と述べた。 
「よくあるように人混みに押されたのかと思っていた。後で皆さんと同じように動画を見たら自分が蹴られていたことに気付いた。 
あの愚か者に私の(写真・動画共有アプリ)スナップチャット(Snapchat)が邪魔されなくて良かった」 

シュワルツェネッガーさんは毎年恒例の国際スポーツフェスティバル「アーノルド・クラシック・アフリカ(Arnold Classic Africa)」出席のため 
同地を訪れていた。 

フェスティバル主催者は、「彼(シュワルツェネッガーさん)は、アスリートたちをサポートするため会場を歩き回っていたところ、 
残念なことに予期せず熱狂的ファンに襲われた」と述べ、男は速やかに拘束されたと付け加えた。男は過去にも同様の事件を 
起こしており、警察もその事実を把握しているという。 

シュワルツェネッガーさんは主催者に対し、男を告訴しないと話している。(c)AFP 

http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/c/4/-/img_c4b48873a4e42de1cbcb21d9c54f96f7163363.jpg

http://www.afpbb.com/articles/-/3225688

http://video.twimg.com/ext_tw_video/1129805259499560960/pu/vid/480×480/xZDvw-SLH9MCbcmO.mp

 

(さらに…)