ホーム » 家電 (ページ 2)

家電」カテゴリーアーカイブ

ボーナスで思い切って10万円台の炊飯器買ったら飯うますぎワロタwwwwwwwwwwww

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/06/16(土) 05:07:53.445 ID:MTiPKtPu0
こんなに違うもんか!!

(さらに…)

結局B-CASカードとは何だったのか

1: 風吹けば名無し 2018/06/06(水) 21:26:43.04 ID:AntVzKKtM0606
CSBS割られただけやん

(さらに…)

【正論】 女さん「何でジャップ家電って電源コードが黒いの?ダサすぎだろ……」

1: 風吹けば名無し 2018/05/31(木) 22:46:39.00 ID:0cL1tVnb0
なんで日本のメーカーは海外のメーカーが当たり前にできてる「白いプロダクトには白い電源ケーブルをつける」のができないのかなぁ。
そこをみているデザイナーがいないのか、それとも自社製品を使っていないのか。
Kaoru @TachibanaKaoru
https://twitter.com/TachibanaKaoru/status/1001290182836944897
no title

電化製品選ぶときに白いかどうかだけで選ぶシンプル好きがかなりいる。
多少性能が劣っても許容範囲なら白選ぶ。
aYa@新居引越し片付け中 @Mshome6
https://twitter.com/Mshome6/status/1001567146726510592

ケーブル黒いだけで購入諦めた電化製品結構あるよ。
きむおば @kimoba3
https://twitter.com/kimoba3/status/1001572190762909697

(さらに…)

アマゾンで売れている洗濯機ランキング!上位をハイアールが独占 サンヨーの技術を手に入れ最強

1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [ニダ] 2018/05/28(月) 23:02:53.78 ID:LHG8qh190 BE:837857943-PLT(16930)
sssp://img.5ch.net/ico/u_giko_ebi.gif
ネット通販最大手アマゾンの協力を得て、アマゾン「“新生活商品”ランキング~洗濯機編」を作成した。そのうちトップ5は以下の通りだ。

堂々の第1位は、「ハイアール」の 5.5キログラム全自動洗濯機(Haier JW-C55A-K)。汚れが少ないときには10分で洗濯できたり、
従来の4枚羽から5枚羽にバージョンアップし、洗濯槽内の摩擦を極力低減するとともに、汚れをしっかり洗浄する点などが評価された。
しかも2万1500円と低価格。「コスパがいい」といった声が寄せられている。

ベスト20を見ると、20商品中10商品がハイアール製で独壇場となっている。いずれも1万円台後半から2万円台前半で、
容量や機能のわりに低価格となっていること、そしてコンパクトサイズであることが消費者に受けている形だ。

また、アマゾンで売れている洗濯機の特徴として、主流となりつつある「ドラム式」ではなく、いずれも「縦型」である点だ。汚れ落ちがよく、
しかも価格が抑えられるといった理由が根底にあるようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180528-00170838-diamond-bus_all
no title

(さらに…)

スマホのせいで携帯音楽プレーヤーもカメラも電子辞書も新聞もいらなくなったよな

1: 名無し募集中。。。 2018/04/27(金) 19:50:25.91 0
あと電卓も歩数計もメモ帳・手帳もカーナビもいらない
おサイフ使えば現金もいらないし、本も読める

スマホ凄すぎるだろw

(さらに…)

ダイソーがついにBluetoothスピーカーを売り出す 防水で充電タイプで通話もできるぞ

1: 名無しさん@涙目です。(禿) [ニダ] 2018/04/30(月) 18:35:46.98 ID:JrJQMI+I0 BE:932354893-PLT(12931)
sssp://img.5ch.net/ico/gomi1.gif
ダイソー、ついに防水&ワイヤレスの破格スピーカーを売り出す。

最近ダイソーで、”ワイヤレススピーカー”が販売されていることを知っていましたか?

ワイヤレスというだけでも驚きですが、そのほかにもさまざまな機能が備わっているため、SNS上でじわじわと話題に。
その性能を確かめるべく、東京バーゲンマニア編集部でも早速ゲットしてきました。
no title

■通話もできる!
注目を集めているのは、USB充電タイプの「BLUETOOTH SPEAKER WIRELESS-WATER RESISTANT-」という商品。
手のひらサイズのコンパクトなスピーカーで、下部は吸盤になっています。
no title

スピーカーとしてだけでなく通話に使用することも可能。
さらに”WATER RESISTANT”という名前のとおり防水仕様になっているため、浴室で使うことができるというのもポイントです。

電源スイッチと充電ポートはしっかりと保護されています
no title

使い方は簡単。
まず本体の電源を入れ、自身の持っているスマートフォンのBluetoothモードをオンにします。
そして「BTS-032A」という表示が現れたら、ペアリングを完了させ、後は音楽を再生するだけ。
電話をする際もペアリング済みであれば、そのまま使用できます。
音量調節や再生&ストップ、次の曲に移行することも可能です。

実際に使用してみると、機械音痴な筆者でも簡単にペアリングができ、難なく音楽を再生することができました。
そこまで広い部屋でなければ、音量も申し分ありません。
音質に関しては決していいとは言えませんが、お風呂用にするなどサブで使うには申し分ない実力です。

100円ショップの商品ですが価格は少々高めの600円(税別)。
色は白、緑、青がラインアップされています。
no title

http://news.livedoor.com/article/detail/14644599/

(さらに…)

ウルファメン達の反対を聞かずにケルヒャーの高圧洗浄機をこうてしまったんだが

1: 名無し募集中。。。 2018/04/19(木) 16:08:12.31 0
お前らの言うこと聞いておくんだった
まず準備がめんどくさい
準備完了まで10分はかかる
そして洗車用にこうたんだがあれだけじゃ汚れ落ちないし結局スポンジ使わんとあかん
高いおもちゃだったわ

(さらに…)

空気清浄機買ったんやがヤバすぎない?

1: 風吹けば名無し 2018/04/06(金) 01:53:30.41 ID:0tA178nj0
大自然に来たのかってくらいガチで空気が澄むわ

(さらに…)

炊飯器買おうと思ってるんやけどアドバイスくれや

1: 風吹けば名無し 2018/03/31(土) 05:33:40.98 ID:BRrloAfgd
マイコンで8000円
IHで15000円やったらどっちがええかな

(さらに…)

【アマゾン】Amazon Echo一般販売開始、Dotは期間限定1,500円引き。4月3日から店頭販売

1: 煌 星龍 ★ 2018/03/30(金) 03:48:07.24 ID:CAP_USER9
Amazon.co.jpは、これまで“招待制”で販売していたスマートスピーカー「Amazon Echo」シリーズの一般販売を3月30日から開始した。予約を受け付けており、4月3日からの出荷を予定。また、4月3日からはAmazonのほか、エディオン、ケーズデンキ、ジョーシンなどの家電量販店でも販売する。

【この記事に関する別の画像を見る】

 スマートスピーカー「Amazon Echo」シリーズは、Echoが11,980円(税込)、小型のEcho Dotが5,980円(同)、スマートホーム連携が特徴のEcho Plusが17,980円(同)。発売を記念して、Echo Dotを4月2日23時59分までの期間限定で1,500円引きで販売する。

 また、Echo Plusはスマート電球のPhilips Hueを1個セットにして販売する。なお、エディオンなど家電量販店では、EchoとEcho Dotのみ販売。Echo Plusは取り扱わない。

 いずれも、音声アシスタント「Alexa(アレクサ)」を搭載したスマートスピーカーで、話しかけるだけで、音楽の再生、ニュースやスケジュールの読み上げ、タイマーやアラームのセット、スポーツ結果の確認などが可能。Kindle本の読み上げにも対応している。

 スマホのように手を使わずに、料理などをしながらでも操作できるほか、様々な情報や機能を音声だけで取得・制御できる。Echoは音質にもこだわったスタンダードモデル。Echo Dotは小型モデル、Echo Plusはスマートホーム連携機能を強化した上位モデルと位置付けられている。

 ’17年11月から招待制で販売されており、対象者はメールで予約・通知後に購入可能となっていたが、3月30日から一般販売となり、だれでも購入できるようになった。

 Alexa Experience & Device担当マネージャーのカレン・ルービン氏は、「’11月の時点では、デバイスは完成品だったが、Alexaの日本語への対応に不十分な点や、不自然さが残っており、日本のお客様の期待の応えられないことがあった。皆様の協力で賢くなり、一般販売できるようになった」と述べ、「今日をDAY1として、EchoとAlexaをより便利にしていく」と語った。

■頭が良くなったAlexa

 ルービン氏は、昨年11月以降のAlexaの機能強化について説明。「日本語力」が向上し、「4カ月で頭がよくなった。地方特有の言い回しや、利用者のクセも認識できるようになり、声も自然になった」という。また、ユーザーの好みも学習し、その好みを反映した結果を戻せるようになっているという。

 例えば、音楽再生を停止する場合は、当初は「止めて」、「ストップ」といった言葉が対象だったが、「もういいよ」、「もう音楽止めて」、「ごめん止めて」といった言葉でも操作が反映されるようになった。また、「上映中の映画はなにがある?」と聞くと、近隣の映画館の上映作品を教えてくれるなど、日本の利用環境にあわせた調整が順次行なわれている。

 また機能面でも強化。複数のEchoデバイスを連携させて音楽を楽しめるようにする「マルチルームミュージック」機能を追加し、複数のEchoデバイスをグループ化し、リビングと寝室など別のスピーカーとして管理。全部のスピーカーで同じ曲を再生したり、寝室からリビングのEchoを制御するなどの操作が行なえる。対応の音楽サービスはAmazon Music、Prime Music、Amazon Music Unlimited、dヒッツ、うたパスなど。

 さらに、Kindle本の読み上げにも対応。ルービン氏は、「銀河鉄道の夜」を実際に読み上げてみせて、Echoの活用シーンを広げていることを紹介した。

長杉後略

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180330-00000009-impress-ind

(さらに…)