ホーム » 怪奇現象

怪奇現象」カテゴリーアーカイブ

大川隆法が樹木希林さんの魂を降霊して書籍販売「死んだらやっぱりあの世はあったよ」→ 炎上

宗教団体「幸福の科学」の設立者であり総裁として君臨している大川隆法氏(62歳)が、2018年9月15日に亡くなった女優の樹木希林さん(75歳)の魂を降霊。 
彼女の言葉で書いた書籍の販売を開始し、物議を醸している。 

・樹木希林さんの言葉として文章 
大川隆法氏が自身の体に樹木希林さんの魂を降霊して書かれた書籍の名は 
「公開霊言 女優・樹木希林 ―ぶれない生き方と生涯現役の秘訣―」。 
本当に樹木希林さんの魂を降霊しているか確認のしようがないが、 
樹木希林さんの言葉として文章が書かれていることから、問題視する声が上がっているのである。 

・降霊系の書籍を以前から多数販売 
また、複数の人たちから「不謹慎だ」などの怒りの声が出ており、炎上状態となっている。 
大川隆法氏による降霊系の書籍は以前から多数販売されており、 
本当に降霊しているのか確証を得られないことから、以前から問題視する声が上がっていた。 

http://buzz-plus.com/article/2018/09/26/ohkawa-ryuhou-kikikirin-news/

 

(さらに…)

玄関に何気なくカメラ仕掛けて仕事行った結果(´;ω;`)

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/03/18(日) 03:05:19.279 ID:Z/BzTL2ed
とんでもない物が映ってた

もう怖くて家に帰りたくない

(さらに…)

【芸人】「事故物件住みます芸人」が見た壮絶な現場 家のドアをガチャガチャと開けようとする人が…

1: 的井 圭一 ★ 【特別重大報道】 2018/02/16(金) 06:05:43.18 ID:CAP_USER9 BE:511393199-PLT(15100)
sssp://img.5ch.net/premium/1051729.gif
テレビのワイドショーやネットニュースなどで時折話題になるのが凄惨な殺人事件だ。屋外や公共的な場所で犯行がなされるケースもあるが、個人の住宅で起きることも多い。厚生労働省と警察庁の調べによれば、年間の自殺者数は2万人を超える。その中には自宅で自ら命を絶つ人もいる。高齢者をはじめとする孤独死も社会的な問題になっている。

そんな殺人や自殺、孤独死などが賃貸住宅で起きると、そこは「事故物件」と呼ばれる。一般的な感覚の人なら、なるべくなら事故物件には住みたくないと思うだろう。だから事故物件は家賃が割り引かれているケースもある。家賃が安くなるのはわかりやすいメリットだが、デメリットは「なんだか気持ちが悪い」という心理的なものだけなのだろうか?

事故物件に5軒連続で渡り住んでいる、松竹芸能所属の芸人、松原タニシさん(35歳)に話を聞いた。

住むと気が変になってしまうアパート
松原タニシさんがそもそも事故物件に住むようになったきっかけは、先輩芸人の北野誠さんが主催する「北野誠のおまえら行くな。」というテレビ番組の怪談トークイベントに出演したことだった。

「怖い話をするイベントだったのですが、僕は『住むと気が変になってしまうアパート』という話をしました」

そのアパートは値段が激安だったので、歴代若手芸人が住んでいた。しかし、そのアパートに住むと気が変になってしまう。たとえばある若手芸人は舞台の時間に現れないので、後輩が呼びに行くと部屋中にロウソクを立てて体育座りをしていた。

その物件を調べると1階なのに鉄格子があり、ドアには外からしか開られない窓があった。そこはもともと精神病院だったんじゃないか? と皆がうわさしている。

……そんな松竹芸人の間に伝わる実話怪談だった。

「その話をすると北野誠さんが『タニシ、そこに住まないか?』と言ってきたんです。壇上でのネタかと思ったんですが、楽屋で『マジだけどどうする?』って言われて……。ほかに立候補する芸人もいなかったので、結局住むことにしました」

ネタにした物件に住む予定だったが、不動産業者に断られてしまった。その代わりに北野誠さんが見つけてきた、事故物件に住むことになった。

それ以降、事故物件を渡り住む、「事故物件住みます芸人」として活動している。

〈中略〉

物件のある場所は、治安はあまり良くない場所だった。近くの団地には「上から物を落とすな!!」と張り紙が貼ってあった。

室内はリフォームがされていたのだが、畳をめくると血痕が出てきた。洗面所の鏡はなぜかペンキで塗りつぶされていて、ユニットバスだけが新しいモノに取り替えられている。浴室の排水口からはゴッソリと白髪交じりの長い髪の毛が出てきた。

「なんだか変な部屋だなと思っていたのですが、不動産屋さんからはどんな事件が起きたのかは聞いていないのでわかりませんでした」

ひょんなことから、事件の詳細がわかった。近所の定食屋さんのおじさんと話をしていたら「あの家に住んでるのか」と事件のあらましを教えてくれたのだ。

「息子が同居する母親を殺した部屋でした。部屋で殴った後に、浴室に連れていき浴槽に沈めて殺したそうです。血痕や、浴室のナゾが解けました」

事件内容がわかり最初は気になったものの、しばらくすると慣れてしまった。

しかしその頃から異変が起きる。ドアノブをガチャガチャと開けようとする人が定期的に現れたり、ポストの配送物がなくなってしまったりすることが続いた。

「誰かのイタズラかな?と思っていたのですが、数日後ニュースを見てビックリしました」

テレビで男が道行くお年寄りをハンマーで殴って逮捕されたニュースが報道された。

その犯人の男こそ、松原さん宅で母親を殺した犯人だったのだ。

「犯人は母親を殺害した後、逮捕されたのですが、精神疾患があるとして不起訴になっていました。病院に留置されていたらしいのですが、そこから逃げ出したんです」

確定はしていないが、松原さんの家のドアをガチャガチャしたり、ポストの宅配物を荒らしたのは、元の住人の殺人者である可能性が高い。

犯人は逮捕された後、「誰でもいいから人を殺したかった」と供述している。

「もしもドアを開けて犯人がいたら、どうなっていたかと思うと冷や汗が出ます。殺人をしても刑務所に入らないケースは多々あるそうです。事故物件に住む場合“殺人”のケースは気をつけたほうがいいと思います!!」

抜粋しました 全文はソース先で
東洋経済オンライン 2018年02月12日
http://toyokeizai.net/articles/-/207710

(さらに…)

俺が体験した怖いできごとを語ってく

1: momoinu 2018/01/31(水) 23:52:19.66 ID:6A7UQSUF0
タイトル通り

一応箇条書きしておくから気になったことは質問してくんさい

・風呂入ってたら殺されかけた(5.6歳の時)
・部屋の窓に手形が・・・(12歳の時)
・かけてはいけない番号に電話したら本当に出た(8.10歳?の時)
・夢でゼロ戦に乗せられた(4.5歳の時)
・夢で人形に追いかけられる(同じく4.5歳の時)
・親戚?のおじさんが子供のころに出会ったおにゃのこの話
・おじさんとその友達が体験した怖い話
・おじさんとその友達が体験した怖い話2
・夜にまたーりしてたら女の子の霊を見た(12歳の時)
・かわいがってた野良猫の霊が来た(13歳の時)
・見知らぬ猫の霊が来た話(何歳か忘れた、すまぬな)


幻覚かもしれないので鵜呑みにしないでくらさい

(さらに…)