ホーム » 未確認生命体

未確認生命体」カテゴリーアーカイブ

新種のアンコウか?八戸港に謎の魚が水揚げされる


青森県八戸市の八戸港第3魚市場に11日朝、チョウチンアンコウと同じような突起を持つ魚が水揚げされた。 

専門家によると、世界で過去3個体しか確認されていない「キタチョウチンアンコウ」に似ている。 
ただ、獲物をおびき寄せる誘因突起の先端が複数に分かれているなどキタチョウチンアンコウと異なる部分があることなどから、東北区水産研究所八戸庁舎は「新種の可能性もある」としている。 

http://www.toonippo.co.jp/articles/-/177766
http://toonippo.ismcdn.jp/mwimgs/4/c/600mw/img_4c85059ea9a22e46f315266f5dc16b5a81974.jpg

 

(さらに…)

【動物】「ウサギは草食」のウソ 実は肉もよく食べる

もふもふでかわいらしくペットとしても人気のウサギ。一般に草食と考えられているウサギの仲間が、実は肉を食べ、ときには共食いまですることを知っていただろうか? ウサギが「肉食系」でもある証拠がカナダで撮影された。 

カナダのユーコン準州に生息するノウサギ属の一種、カンジキウサギは、長く寒い冬の間、栄養を補給するために動物の肉を食べていた。 

夏の間は植物を食べるノウサギたちだが、地面が雪で覆われ、気温がマイナス30度以下まで冷え込む冬になると、エサが見つからず、お腹をすかせてほかのウサギや鳥の死骸を食べるようになるのだという。 

そればかりか、最大の天敵であるカナダオオヤマネコの死骸にまで食指を伸ばすことがある。カナダ、エドモントンにあるアルバータ大学の生態学博士候補生マイケル・ピアーズ氏が、学術誌「Bio One Complete」に発表した。 

「まず衝撃を受けました」。ピアーズ氏は、ノウサギの行動を、厳しい冬の間にたんぱく質の摂取量を増やす必要があるためではないかと考えている。「まさか、死骸をあさるとまでは考えていませんでした」 

ピアーズ氏が死肉を食べるカンジキウサギを撮影できたのは偶然も味方してのことだった。米アラスカ州との国境にまたがるセントエライアス山付近で、ノウサギの死骸のそばに遠隔操作カメラを設置し、やって来る野生動物を観察した。撮影は2年半に及び、観察した死骸の数は161体。そのうち20体がノウサギに食べられていたのだ。 

動画から言えることは、動物は単純に肉食か草食かは分類できないということだ。そして、カンジキウサギは普段からよく肉を食べることもわかった。 

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/011600036/ph_thumb.jpg
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/011600036/

 

(さらに…)

【アメリカ】「その歳でまだサンタを信じてるのか?」 トランプ大統領、7歳の子どもに発言して炎上

米国大統領はサンタクロースの存在に疑問を投げ掛け、自らサンタの「悪い子リスト」に入ったようだ──ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は24日、サンタクロースの位置情報を提供する北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)宛てに電話をかけた7歳の子どもに対して「まだサンタを信じているのか」と発言し、インターネット上で非難の声が上がっている。 

NORADでは毎年、サンタクロースを「追跡」して位置情報を提供し、クリスマスイブにはサンタの居場所を尋ねる子どもたちからの電話に応対している。 

トランプ氏はこの日、メラニア・トランプ(Melania Trump)夫人と共に応対係として参加。 

7歳の子どもからの電話に対し、最初は「やあ、コールマンかな?メリークリスマス。元気かい?君は何歳かな?」と当たり障りなく対応した。 

しかしその後、決して言ってはならないことを口にしてしまった。 

「まだサンタクロースを信じているのかい?7歳といったら大人と子どもの境界線だろう?」 

ソーシャルメディア上では大統領のこの発言に非難が寄せられており、あるツイッター(Twitter)ユーザーは「サンタを信じる気持ちはできるだけ失われないようにするべきだ。無邪気な年頃に終止符を打つような行為だ」と投稿。 

また、「トランプ大統領がグリンチ(童話に登場する他人のクリスマスを台無しにする架空の生き物)だということが、これで一層証明された」との声も上がった。 

今年、コールマンくんがサンタのためにクッキーとミルクを置いておくのをやめてしまったのかどうかは分かっていない。 

http://www.afpbb.com/articles/-/3204008
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/a/4/810×540/img_a42861589316832a61288b8d9bf9a289200764.jpg

■前スレ(1が立った日時:2018/12/25(火) 22:48:15.37)
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1545781485/

(さらに…)

ネッシーの存在が今年中に判明!?ニュージーランドの研究者がDNA調査

1: 名無しさん@涙目です。(徳島県) [ニダ] 2018/05/26(土) 08:04:20.75 ID:4tUQSANP0 BE:844761558-PLT(13051)
sssp://img.5ch.net/ico/iyou1.gif
昔からスコットランドのネス湖に生息する?とされているネッシー。
目撃され、写真や動画も撮影されているが、実在が科学的に証明されたことはない。

逆にわずかなサンプルでもいいので見つける事が出来たならば、実在を証明することはできるはずだという研究者は多い。
ニュージーランドのオタゴ大学のニール・ゲムメル教授もそう考える研究者の一人であり、彼は今年6月にネス湖に科学者チームと共に向かう予定だという。

教授によれば、ネッシーはおそらく巨大な魚やチョウザメの誤認である可能性が高いという。
しかし調査の結果、科学的に証明されていない未知の生物の存在も明らかになる可能性も捨てきれないという。

今年の年末までには、ネス湖の各水域でのDNAサンプルの検出を終えることができると教授は語っている。
長年人々に注目されてきたネッシー。
その実在について、世界はかなり真実に迫ることができる答えを得ることになるかもしれない。

http://mnsatlas.com/?p=35585

(さらに…)

トルコ上空を飛ぶ出現の仕方が不気味な謎の細長い何かが撮影される

1: 【東電 64.6 %】 (帝国中央都市) [US] 2018/03/26(月) 00:33:00.48 ID:zBJ8dSUN0 BE:416336462-PLT(12000)
sssp://img.5ch.net/premium/6931153.gif
トルコ上空を飛ぶ飛行機の中から謎の飛行物体が撮影されたと話題になっている。UFO情報サイト「UFO Sightings Hotspot」が22日付で報じている。
問題の動画が撮影されたのは2018年3月21日のことだった。トルコからアテネへと向かうフライトの途中で、真下はエーゲ海にあたる。
旅行中の夫妻が飛行機の機内から撮影した。時間は午後4時半ぐらいで、窓の外には明るい青い空と白い雲が広がっている。
謎の物体は飛行機の右側に現れたという。眼下に広がる白い雲の間に、何やら不自然な影が伸びていた。一見すると飛行機雲のようだが、その動きは明らかに飛行機ではない。
謎の物体は煙を後ろに噴出しながら、ゆっくりと垂直方向から水平方向へと向きを変える。そして、すさまじい勢いで飛行機から離れていった。
後には謎の物体が残した二筋の黒い飛行雲が残されたが、その雲もやがて消えてしまった。
動画を撮影しYouTubeにアップしたkerry foridesさんはかつてオーストラリア・キャンベラのUFOソサエティの副代表を務めた人物だという。
自身が目撃した不思議な物体についても検証し、非常に奇妙な現象だと認めている。
また、Kerryさんの妻が動画を撮る前に撮影した写真も公開されている。
写真には黒くて薄い飛行機雲のようなものが映っているが、向きからして飛行機を離れるような方向に飛んでいるように見受けられる。
Kerryさんによると、謎の物体は急にUターンして、飛行機のほうに向かってきたのだという。

http://tocana.jp/2018/03/post_16397_entry.html
https://youtu.be/PZmf5RHGPXI

https://i.imgur.com/6OOoHd7.gif

(さらに…)