ホーム » 海外

海外」カテゴリーアーカイブ

パキスタンの政治家がライブ配信中に激カワな猫になるハプニング ネットでキャプチャ画像が大拡散


パキスタンの政治家がライブ配信中に突如として猫耳に変身するハプニングが起きた。 

パキスタン定義運動党所属シャウカ・ユサフザイ長官は、6月14日の記者たちとの懸案について話をおり、 
懇談会の模様はライブストリーミングされていた。 

終始真剣だったシャウカ・ユサフザイ長官はヒゲヅラに突然猫耳となりキュートな姿に変わった。 
しばらくして元に戻ったが何が起きたのだろうか。 

ライブ配信を管理していた担当補佐官が操作ミスでフィルタ機能を間違ってONにしてしまったようだ。 

補佐陣はすぐさま元に戻したが、ネットユーザーは即キャプチャを撮られそれが大拡散しSNSにも投稿されている。 
ネットユーザーたちは「シャウカ・ユサフザイ長官の正体は猫」、「私たちの内閣に猫がいるとは」と冗談を投稿している。 

なおライブ配信に使用したアプリはFacebookでフィルタもその配信アプリに備わっているもの。 

http://gogotsu.com/archives/51633
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2019/06/01-32.jpg
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2019/06/02-20.jpg

(さらに…)

ネットユーザーの86%、偽ニュースにだまされた経験あり


インターネット・ユーザーの86%が過去に偽ニュースにだまされた経験があると回答した世界規模の調査結果が11日に明らかになった。 
 偽ニュースのほとんどは交流サイト(SNS)最大手フェイスブック(Facebook)を通じて拡散したものだったという。 

 偽ニュースはインターネットに対する不信感が増大している一因であると同時に、経済や政治的議論に悪影響を及ぼしている。 
 25か国、2万5000人以上を対象とした調査の回答者からは、政府とソーシャルメディア企業の両方に、偽ニュースの配信を厳しく取り締まってほしいという意見が挙がった。 

 調査結果によると、偽ニュースの拡散が最も多いのは米国で、次いでロシアと中国が挙がっている。 
 また偽ニュースが最も拡散しているソーシャルメディアはフェイスブックだが、動画投稿サイトのユーチューブ(YouTube)やブログ、ツイッター(Twitter)などでも見つかることが指摘されている。 

http://www.afpbb.com/articles/-/3229873

(さらに…)

【ワロタw】 安倍総理、第三次世界大戦を止めてしまう トランプとイランが土下座し、仲介を要請


首相が12日からイラン訪問 緊張緩和「シンゾーしかいない」 

安倍晋三首相は12~14日まで3日間の日程でイランを訪問する。現職首相のイラン訪問は 
昭和53年の福田赳夫氏以来、約41年ぶり。 
首相はロウハニ大統領だけでなく、イランの最高指導者ハメネイ師とも会談する方向だ。 
米国とイランの間で軍事的緊張が高まる中、両国と友好関係を築いている立場を生かし、 
緊張緩和に貢献したい考えだ。 
河野太郎外相も首相に合わせてイランに入る。 

訪問が固まったのは、5月下旬のトランプ米大統領の来日時だ。 
トランプ氏は「ぜひイランに行ってほしい。 
シンゾーしかいない」と首相に要請。これを受け、首相はイランと関係が悪化している中東諸国の 
首脳級と相次いで電話会談し、環境整備を図った。 
イラン側からも5月中旬に来日したザリフ外相から訪問要請を受けた。 

http://www.sankei.com/politics/news/190608/plt1906080013-n1.html

(さらに…)

観光客「開かずの金庫だって! 試してみよ…右…左… カチャ」 専門家もさじを投げた金庫を開錠


専門家が40年かかっても開けられなかった金庫、観光客が1発で開錠 

(CNN) カナダ・アルバータ州のバーミリオン・ヘリテージ博物館の地下に置かれた古い金庫。 
同博物館はこれまで40年あまりの間、あらゆる手段を使って開錠を試みてきた。 

鍵開けの専門業者を呼び、メーカーに問い合わせ、元職員に連絡を取り、入館者にも挑戦してもらったが、 
これまで誰も金庫を開けることはできなかった。 

ところが5月に同博物館を訪れた観光客が、たった1回の挑戦で開錠に成功し、関係者を驚かせている。 

金庫破りに成功したのは地元アルバータ州に住むスティーブン・ミルズさん。家族旅行で妻や子どもたちと 
一緒に同博物館を訪れた。 

一家は館内を見学し、ボランティアに促されてミルズさんが金庫に挑んだ。 

金庫はもともと同地で1900年代に開業したホテルのものだったが、ホテルが廃業した1970年代後半に 

鍵がかけられ、以後、誰も開けることができないままった。 

「タイムカプセルのようなもの。何が入っているのか誰も知らなかった」とミルズさんは言う。 

子どもたちが見守る中、ミルズさんは「映画でよく見るように」金庫に耳を当てた。 

「ダイヤルには0~60までの番号が付いていた。そこで頭の中で、20―40―60の数字を思い浮かべた。 
右側に3回、左側に2回、右側に1回。その組み合わせでハンドルを試したら、金庫が開いた」 

「100%当て推量だった」「本当に驚いた」というミルズさん。「今夜は宝くじを買おうかな」と笑顔を見せる。 

金庫の中から出てきたのは、古い書類や小切手、ホテルの領収書などで、貴重品は見つからなかった。 
それでも子どもたちは大喜びだったとミルズさんは話している。

http://www.cnn.co.jp/fringe/35138153.html

 

(さらに…)

66歳のアメリカ人男性 宝くじで372億円大的中で人生大逆転 州最大の当選金額 おまえら何に使う?


66歳のアメリカ人男性がノースカロライナ州で実施された宝くじであるパワーボールの抽選で1等を当て話題となっている。 

男性の名前はチャールズ・W・ジャクソン・ジュニア(66)で、当選金額は3億4460万ドル(約372億円)という巨額なもので、 
ノースカロライナ州のパワーボールでは史上最高額となる。 

6つの数字の組み合わせを全て当てたジャクソンは最初は当選という事実に気付かなかった。 
ジャクソンは「最初は少なくとも5万ドルを受け取るようと妻に話してたんだ。後になって私が巨額当選したことに気づいた」と 
5万ドルどことではなく、3億ドル超えを当選したと笑いながら語った。 

当選金は29年間の30回払いと、一括払いが選ぶことが出来るが、ジャクソンは、一括払いを選び、 
税金を控除して実際に受け取るお金は1億5800万ドル(約1708億円)だ(一括払いだと受け取り金額が多少減り支払う税金も増える)。 

興味深いのはジャクソンは特定の番号を継続して買い続けていたことだ。 
報道によると2年前にジャクソンは6歳の義理の娘が選んだフォーチュンクッキー番号を今まで使用してきた。 
そして彼は実際に1等に当選し、その当選確率は2億9220万分の1だという。 

当選金の一部は慈善団体に寄付し、兄弟達と分けるという。 

http://gogotsu.com/archives/51331

 

(さらに…)

新ゴジラ、まさか最後に5体の使徒が降臨してゴジラにひざまずく新世界の王エンドとは思わなかったよね


『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』人類史を書き換える世界の創造 
http://www.newsweekjapan.jp/stories/culture/2019/05/post-12227.php

(さらに…)

【マジでバカ】バカチョンの幼虫ども、またスポーツの国際大会でやらかす はよ旭日旗のせいにせーよw


韓国サッカーU-18代表、大会優勝トロフィーに”足あげポーズ”で物議 サッカーU-18韓国代表チームが中国で開かれた大会で優勝。その後の優勝セレモニーでみせた 
行動が物議をかもしている。 

 韓国代表(U-18)は29日午後、中国・成都で開かれた「パンダカップ2019」で中国を3-0で破り、 
優勝を手にした。この試合の前に、タイ(2-1)、ニュージーランド(4-0)を破り、3戦全勝で優勝トロフィーを手にした。 

 問題は優勝セレモニーの最中に起きた。一部の選手がトロフィーに足を乗せてポーズをとり、 
記念撮影をはじめたのだ。この写真が中国のSNSで拡散し、中国サッカーファンの怒りを買った。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00000039-wow-socc

幼虫ども

 

(さらに…)

【韓国外交団訪日】『おのれ日本め、こちらはベテラン議員5人なのにそっちはワタミの社長1人かよ』


「韓日関係がどれほど悪化しているかを東京で肌で痛感した。コリアパッシングが深刻だった」 

29日、東京のあるレストランで特派員に会った尹相ヒョン(ユン・サンヒョン)国会外交・統一委員長は席に座ると同時にこのように話した。 
尹氏は外交統一委所属の議員と共に28日~29日の1泊2日の日程で東京を訪れた。 
悪化した韓日関係の実状を現地で実感し、日本国内の専門家と解決方法について話をするためだった。 
千正培(チョン・ジョンベ、民主平和党・6選・元法務部長官)、兪奇濬(ユ・ギジュン、自由韓国党・4選・元海洋水産副長官)、 
鄭鎭碩(チョン・ジンソク、自由韓国党・4選・元院内代表)、李貞鉉(イ・ジョンヒョン、3選・無所属・元セヌリ党代表)議員ら 
重量感のある野党重鎮が尹委員長(3選)に同行した。 
衆参両院のカウンターパートに会って深いレベルの話をしようとしたが、出張を準備していた段階から 
日本側の反応は冷ややかだったという。 
尹委員長によると、駐日韓国大使館を通じて接触した衆議院外交委員会(自民党所属・若宮健嗣議員)側は最初から連絡を避け、 
特別な理由もなく回答をしなかったという。 
参議院の渡邉美樹・外交防衛委員会とは会った。だが、当初日本側から渡邉委員長の他に議員3~4人が出てくるだろうと期待していたが、 
結局約束場所に現れたのは渡邉委員長1人だった。 
http://japanese.joins.com/article/905/253905.html?servcode=A00&sectcode=A10
結局、参議院比例代表初当選の渡邉委員長が、当選回数をすべて合わせると20選に達する韓国の重鎮議員5人を 
1人で相手にした格好だ。 
兪奇濬(ユ・ギジュン)議員は「これまで公務で日本を7~8回訪問したが、このような冷遇を受けたのは今回が初めて」と打ち明けた。

 

(さらに…)

東海東海うるせー韓国が宗主国さまに『オメーんとこの湖、名称変えろや』とすごまれるw


戦勝記念で付けた名称に「気分が悪い」という理由で変更を要求 

米国と貿易戦争を繰り広げている中国が、国内の反米感情をあおるため6・25戦争 
(朝鮮戦争)史を中国の視点から美化する一方、韓国政府に対しては、 
敗戦の痕跡を消すために江原道華川郡の「破虜湖」の名称を変更せよと圧力を加えていることが27日までに分かった。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190528-00080078-chosun-kr
破虜湖は、植民地時代の1944年に華川ダムが建設されたことでできた人工湖だ。 
6・25戦争で韓国軍が中共軍に勝利したことを記念して、当時の李承晩(イ・スンマン)大統領が 
破虜湖(オランカイ〈北方の蛮族〉を打ち破った湖)と命名し、現在に至る。しかし中国は、 
韓国政府や自治体に「中国の観光客が不快に感じている」として、名前を変えろと要求しているという。 
中国の要求は、駐中韓国大使館など外交チャンネルはもちろん、江原道や華川郡など自治体にも伝えられた。 
崔文洵(チェ・ムンスン)華川郡守は27日「新華通信など一部の中国メディア関係者も、こうした要求をしたことがある」と語った。 
盧英敏(ノ・ヨンミン)大統領秘書室長も、駐中韓国大使だった当時、中国側からこうした要求を受けたといわれている。 

 中国が投げ付けた「火種」で、韓国の国内世論すら分裂している。華川郡の一部市民団体の関係者らも 
「韓中および南北関係、そして平和の雰囲気づくりのため、破虜湖を元の名前の大鵬湖に変えよう」という運動を繰り広げている。 
しかし崔文洵・華川郡守は「67年間使ってきた歴史と勝利の記録の代わりに、 
植民地時代の名前に戻すというのはあり得ない」として、名称変更に反対した。 

 中国は、破虜湖のほかにも、高句麗の将軍・楊万春(ヤン・マンチュン)と唐の太宗の戦いを題材にした 
韓国映画『安市城』に対し「中国の英雄を侮辱している」として抗議したといわれている。 
破虜湖から『安市城』に至るまで、韓民族の勝利の記録を中国側の思い通りに変えろというのだ。

 

(さらに…)

米政府、宮中晩餐会のステーキに要望『徹底的にカチコチになるまで火を通してほしい』ケチャップも用意


 令和初の国賓は、アメリカのトランプ大統領(72)となった。宮中晩餐会は5月27日の月曜に予定されているという。政治担当デスクが解説する。 

「トランプ大統領の大好物は、マクドナルドのハンバーガーとケンタッキーフライドチキン、そして牛肉のステーキと言われています。特にステーキは肉が焦げ、カチコチになるまで焼かせ、それにケチャップをかけます。 
この大統領のスタイルは、アメリカでも有名らしく、『ケチャップなんて子供っぽい』、『せっかくの牛肉が台無し』、『下賎』と散々なのですが、トランプの支持層には『気取らないところがいい』と歓迎されているそうです」 

 ステーキの食べ方でさえトランプは“米国民を分断”してしまうわけだが、宮中晩餐会でも、その好みを変える気はないという。 

「米政府からは『羊肉でOK』という意向が伝えられたそうですが、焼き方についてはベリー・ウェルダン、つまり『徹底的に火を通してほしい』という要望が来ており、ケチャップも用意するそうです。 
宮中晩餐会で供される自慢の羊料理は、食べた方が少ないので正確な実像は分からないのですが、ややレア気味に仕上げ、丹精込めて作られたソースが添えられていると言われています。オーソドックスな食べ方とは、かなり違うことになるかもしれません」(同・政治担当デスク) 

週刊新潮WEB取材班 

2019年5月27日 掲載 
全文
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16522739/
http://pbs.twimg.com/media/Dw7nN5vUcAAv6G0.jpg

 

(さらに…)