ホーム » 科学

科学」カテゴリーアーカイブ

こうのとりからの回収カプセル無事回収 日本も単独で有人飛行が


国際宇宙ステーションから地球に物資を持ち帰る日本初の回収カプセルは、11日朝、宇宙輸送船 
「こうのとり」から切り離されて大気圏に突入し、午前7時すぎ太平洋上に着水しました。JAXA= 
宇宙航空研究開発機構は、カプセルを船で回収し、計画は成功したと発表しました。 

地球に物資を持ち帰る日本初の回収カプセルは、無人の宇宙輸送船「こうのとり」7号機に搭載され、 
今月8日、高度400キロの軌道を回る国際宇宙ステーションを離れました。 

「こうのとり」はエンジンを噴射しながら徐々に高度を下げて地球に近づき、11日午前6時24分に、 
回収カプセルを切り離しました。 

そして、回収カプセルと「こうのとり」は11日午前6時40分ごろ日本の北陸地方の上空で大気圏に 
突入しました。 

「こうのとり」は宇宙ステーションで積み込んだゴミとともに、大気圏で燃え尽きましたが、 
回収カプセルは日本の上空を横切り、午前7時すぎに目標としていた小笠原諸島の南鳥島の近海に 
着水しました。 

その後、JAXAは午前10時25分に海上に浮いていたカプセルを船に引き上げ回収を完了したと 
発表しました。 

回収カプセルはおよそ2000度にもなる大気圏突入時の高温に耐え、内部の温度を低く保つ設計と 
なっていて、今回は宇宙ステーションの実験で結晶化させた医療研究用のたんぱく質などが 
入っていて、今後、中身を取り出して状態に問題がないかどうか検証が行われます。 

JAXAの植松洋彦HTV技術センター長は会見の中で「こうのとりの打ち上げが何度も 
延期されるなどしたが最後は成功して大変にうれしい。カプセルの地球への帰還は手前みそだが 
100点満点だった」と述べ計画は成功したとの認識を示しました。 

国際宇宙ステーションから地球に物資を持ち帰る回収カプセルの技術は、現在、アメリカとロシアしか 
もっておらず、将来の有人探査にも応用できることから計画の成否が注目されていました。 
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20181111/k10011706541000.html

 

(さらに…)

利き手はなぜあるのか→協力行動を取るために利き手が統一されていった、つまり左側は

右利きと左利きという「利き手」はなぜ生まれるのでしょうか。実は利き手の概念は人間特有のもので、犬や猫、あるいはチンパンジーやゴリラなどの類人猿にもないそうです。 
ではなぜ人間にだけ利き手があるのでしょう。近年の研究によれば、脳の非対称性に関連があるという説が有力だとのこと。 
つまり、言語を司る左脳が文字を書く右手をコントロールすることが多い、ということです。 

ハンク・グリーン氏:このビデオを見ている10~15パーセントの人が左利きです。あなたがメジャーリーグのピッチャーでなければですが。メジャーリーグのピッチャーの30パーセントはサウスポーなんです。 
あなたがアメリカの大統領だった場合も話が変わってきます。直近7名のうち5名の大統領は左利きでした。これは実際重要な事実ですね。 
ところが90パーセントの人は──僕も含めて──右利きです。 
なぜ僕らは片方の手の方が、もう一方よりも使いやすくなっているんでしょうか? どうやって利き手が決まるんでしょうか?答えはおそらく進化にあります。 

利き手という感覚は人間特有のものです。霊長類の中で比較的近いチンパンジーやゴリラにも利き手はありません。イヌやネコのようなその他多くの動物が、片方を好むことはありますが、右利きと左利きの比率はほとんど同じです。 
科学的には、利き手を決める遺伝子はまだ証明されていません。一卵性双生児だからといって、利き手が同じとは限らないんです。右利きが進化の過程における協力の副産物だという説はたくさんあります。 
2012年に発表された研究は、道具を共有するような協力行動を取るためには、グループ内で同じ利き手を持っている方が便利だから右利きが増えたんだとしています。

http://logmi.jp/10681018

 

(さらに…)

東京から名古屋を16分で繋ぐ時速1200kmの高速真空管列車を世界初公開

夢の交通手段と呼ばれる高速真空管列車「ハイパーループ」の実物大の試作品が世界初公開された。 

アメリカのハイパーループ開発会社である「ハイパーループトランスポーテーション・テクノロジー(HTT)」は 
2日にスペインのエル・プエルト・デ・サンタ・マリアにて試作品「キンテロ・ワン(Quintero One)」と公開。 

実際に人が乗ることが可能な試作品で、ハイパーループの会長は「2019年実際に人を乗せる準備を終える」と明らかにした。 

この日HTTが公開したプロトタイプは長さ32メートル、重量5トン、耐久性が非常に高い二層構造の複合材料で作られたもの。 
乗客は28名から最大40名まで乗ることが可能。 

もしこれが実現すれば、理論上は東京から名古屋まで16分で走破することが可能となる(助走やブレーキなどは考慮なし)。 

http://gogotsu.com/archives/43638
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2018/10/01-4.jpg
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2018/10/02-3.jpg

 

(さらに…)

マンモスのミイラが凍土から発見されているという事実wwwwww

1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/15(日)02:22:00 ID:tnq
これDNA採取して復活とかできんのかな…
no title

(さらに…)

【速報】松岡修造、AIと対談

1: 風吹けば名無し 2018/07/10(火) 08:15:23.79 ID:ExKo/10f0
no title

no title

(さらに…)

水とかいう0度で凍って100度で沸騰する奇跡の自然素材

1: 名無しさん@おーぷん 2018/06/21(木)23:42:21 ID:XZK
すごいよな

(さらに…)

この世に科学で解明できない力ってあるよな

1: 名無しさん@おーぷん 2018/06/12(火)01:16:35 ID:Ve7
超能力っていうのかサイキッカーっていうのか分からんけど
あの類に科学はほぼ無力や、科学では通用しないしない法則、エネルギーが存在するんや

(さらに…)