ホーム » 科学

科学」カテゴリーアーカイブ

【ホラー】 AI(人工知能)にルービックキューブの仕組みだけ教えたら自力で解法を見つけ一瞬で解いた


ルービックキューブを一瞬で解くことに深層強化学習アルゴリズムが成功 

囲碁のトップ棋士に勝利したAI「AlphaGo」は、自らの進化形として生まれた「AlphaGo Zero」に、 
誕生からわずか30時間で超えられてしまいました。AlphaGoとAlphaGo Zeroの違いは、 
AlphaGo Zeroが人間の棋譜を参考にせず、自身による強化学習で鍛錬を重ねたという 
点にありました。これと同じように、カリフォルニア大学アーバイン校(UCI)が生み出した 
深層強化学習アルゴリズム「DeepCubeA」は、人間の手助けなく、ルービックキューブを 
ほんの一瞬で解けるようになったそうです。 

6色のパネル9枚で構成された六面体の立体パズル・ルービックキューブは、慣れてくると 
50手程度で解くことができ、最短だと20手を切ることが可能です。 

UCIのピエール・バルディ教授らは、このルービックキューブを「DeepCubeA」と呼ばれる 
深層強化学習アルゴリズムで攻略。事前に解法を与えたり、人間を手助けをしたりすることなく、 
2日間かけた自己学習の結果、解決率100%、うち60.3%の事例で最短の解き方を得ることに 
成功しました。解くのにかかる時間は「ほんの一瞬」だとのこと。 

バルディ教授によると、「DeepCubeA」は解決戦略が人間の解き方と異なっており、 
そもそも推論形式が異なっていると考えられるとのこと。プロジェクトの究極の目標は 
次世代AIシステムの構築にあるとのことで、「今回のことは、大きな目標への一歩です」と 
バルディ教授は語っています。 

なお、今回の事例は「自己学習で解法に到達した」という点がポイントの1つ。 
すでにコンピューターを用いた「ルービックキューブ早解き」は相当な速度に到達しており、 
2018年にはマサチューセッツ工科大学のベン・カッツ氏とジャレッド・ディ・カルロ氏がわずか 
0.38秒での攻略に成功しています。 

http://gigazine.net/news/20190717-rubiks-cube-solve-deepcubea/

(さらに…)

【自然】100年に一度しか咲かない希少な花、“アガベ” 開花


100年に一度しか咲かない“アガベ”開花 滋賀 守山 

 最長で100年に一度しか花が咲かないと言われる 
多肉植物「アガベ」が滋賀県守山市で開花しました。 

 「アガベ・マクロアカンサ」はメキシコ原産の多肉植物です。 

 守山市にあるサボテンなどを扱う園芸店がおよそ1年半前に仕入れました。 

 アガベは数十年から100年に一度しか花が咲かないという珍しい性質をもち 
「センチュリープラント」と呼ばれています。 

 ことし2月ごろから開花の兆しとなる茎がぐんぐんと伸び始めました。 

 そして、今月に入って茎から伸びた枝の先端から 
黄色い花を咲かせたのを店主が確認しました。 

 花びらはなく黄緑色の房から黄色いめしべとおしべが3、4センチほど伸びています。 

 花が咲くのは一生に一度で咲き終わると全体が枯れてしまうということです。 

 滋賀県湖南市から訪れた男性は 
「100年に一度咲くと聞き、珍しさで来ましたが、見られてよかったです」 
と話していました。 

 店主の廣政康孝さんは 
「初めて開花を見たのでとてもうれしい。あと少しで枯れてしまうが多くの人に見てほしい」 
と話していました。 

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20190709/k10011987741000.html

(さらに…)

エイリアン?エルフ?UMA? ネタでも合成でもない本物の未確認生物映像がアメリカで発見され話題に


アメリカのとある家の防犯カメラに、ETなのか、エルフなのか…非常に奇妙な生き物が映ったと、 
米ニュースサイト『インサイド・エディション』が報じた。 

 去る6月7日に撮影されたヴィヴィアン・ゴメスさん宅の赤外線防犯カメラの映像は、約10秒間にわたっている。 
防犯カメラは旧式のようで、1回につき10秒しか録画できないため、映像が途切れてしまっている。 
フェイスブックにアップした後、「インサイド――」が取材し、UFOマニア界が話題騒然となった。 

 かなり細身でひょろっとした全裸の人型の生き物がゴメスさん宅のドアから出て、腕をふりふりしながら、 
がにまたで道路の方に歩いていくシーンが映っていた。 
映っている車との比較で、身長は90センチから130センチの間だと推測できる。 
典型的なリトル・グレイ型のエイリアンのようにも見える。もしくはエルフのようにも見える。 

 ゴメスさんは、「朝、防犯カメラの映像を確認したところ、これが映っていました。 
カメラは計3台ありますが、この1台にしか映っていませんでした」と話す。 
この生物については「何だか分からない」としている。 

 ちなみに、9歳の息子さんがいるが、「インサイド――」から、息子ではないかと問われると、 
「夜に、外を裸で歩かせません」と否定している。 

 本サイトでは昨年、「身長120センチのエイリアンが高速道路でヒッチハイクする動画」を報じた。 
まさにそっくりと言える。やはり、グレイ型エイリアンの可能性は高そうだ。 

 あるUFO研究家は「夢遊病の息子さんが帽子をかぶって裸で歩いているという説がありますが、全く違います。 
この映像を見ると、エイリアンの多くの特徴を持っています。上腕部が人間より1.5倍ほど長く、 
ひじから手首までが非常に短くなっています。体が細身なのに、頭部が極端に大きい。 
人間ではありませんね」と指摘している。 

 楽しげに歩いているように見えるので、「地球侵略」などという物騒な考えはないことを祈りたい。 

現地の公式配信ニュース映像(英語)
http://www.youtube.com/watch?v=mGgPGR1Pjyk

そーす
http://www.excite.co.jp/news/article/Myjitsu_087728/
防犯カメラにバッチリ映った“楽しげに歩く”人型エイリアン

(さらに…)

太陽に異常に近づき軌道を鋭角に変えて遠ざかったオウムアムア UFOではないと結論


太陽系外から飛来したことが初めて確認され、小惑星や彗星(すいせい)にはない奇妙な形や軌道などから 
「異星人のUFO説」が話題になった小天体「オウムアムア」について、米ハワイ大などの国際研究チームは 
「これまでの観測から、異星人によるものとする説得力のある証拠は見つからなかった」と結論付けた。 
論文は2日、英科学誌ネイチャー・アストロノミーに掲載される。 

 オウムアムアは2017年10月、ハワイ大のパンスターズ望遠鏡で発見。ハッブル宇宙望遠鏡などで 
集中的に観測され、太陽系外から来た小天体と初めて認定された。 

 観測の結果、細長い葉巻のような形(長さ約400メートル)で、太陽に異常な高速で接近した後、 
軌道を鋭角に変えて遠ざかったことなどが判明した。 

 研究チームは、オウムアムアの色や成分が太陽系内の小惑星と似ていることや、シミュレーション結果などから 
太陽系以外の惑星系からはじき出された小天体が飛来する確率が高いことなどを挙げ、UFO説を否定。 
米大学や研究機関が22年に本格稼働を予定している高性能の望遠鏡を使えば、年1個のペースで 
太陽系外からの飛来天体を観測できる可能性が高いとした。 
http://www.jiji.com/jc/article?k=2019070200014&g=soc

(さらに…)

魚に恋愛感情があると判明 失恋すると悲観的な行動 一方で恋愛成就すると繁殖に意欲的な行動


魚にも恋愛感情?、失恋すると悲観的に 仏研究 

(CNN) 魚にも気に入ったパートナーに恋い焦がれる感情があり、好きな相手と別れさせると生きることに 
対して悲観的になる――。そんな研究結果が12日の学術誌に発表された。 

発表したのはフランス・ブルゴーニュ大学の研究チーム。魚の恋愛感情について調べるため、一夫一妻の 
習性をもつ中米原産の魚、コンビクトシクリッドのメス33匹に好みのオスを選ばせ、意中の相手とペアに 
なれなかった時の反応を調べた。 

その結果、好きな相手と一緒になれなかったメスは、問題に直面した時の反応が悲観的になることが分かった。 

実験では餌が入った「肯定ボックス」と、何も入っていない「否定ボックス」を水槽に入れ、色と場所を覚えさせて 
魚たちが識別できるようにした。 

続いて3つ目の「あいまいボックス」を入れ、意中の相手と別れる前と別れた後についてメスたちの反応を観察したところ、 
意中の相手と一緒にいるメスはすぐにあいまいボックスをチェックしに行ったのに対し、意中のオスと別れさせられた 
メスは反応が鈍くなる傾向があった。 

「コップ半分の水を見て、まだ半分あると思うのが楽観主義。半分しかないと思うのは悲観主義。魚にも同じことがいえる」 
と研究者は解説する。 

実験では、好みのオスとつがいになったメスの方が早く卵を産み、卵に寄り添う時間も長いなど、「繁殖のために 
より多くを投資する」傾向があることも分かった。 

http://www.cnn.co.jp/fringe/35138437.html

 

(さらに…)

【ハゲ】環境省「男も日傘をするべき。紫外線で毛根が死んでしまう」


http://www2.ctv.co.jp/news/2018/07/11/14219/
http://www.ytv.co.jp/press/kansai/35229.html
http://www.ytv.co.jp/press/pictures/thumbnail_800x450/20190522_192930933u.jpg
http://www2.ctv.co.jp/news/files/2018/07/unnamed-file-18-600×336.jpg
http://www2.ctv.co.jp/news/files/2018/07/unnamed-file-22-600×335.jpg

「日傘男子」がジワジワ定着 環境省推進 
環境省は熱中症対策に「男性の日傘」を推進する方針を明らかにした。 
「日傘男子」はジワジワ定着しつつあるようだ。 

21日、自ら日傘をさして涼しさをアピールした原田環境大臣。 
昨年、全国各地で記録的な猛暑となったことから、環境省は熱中症対策に 
百貨店などと連携して男性の日傘を推進することを明らかにした。 

日傘は薄毛も救う? 
 さらに、日傘を差していないと、こんな深刻な問題も 

「(頭皮が)太陽光を浴びると、薄毛の原因になってくる」 
(藤田保健衛生大学皮膚科学 岩田洋平 准教授) 

岩田先生によると、紫外線によって毛根が傷められてしまい、 
髪の毛が抜けやすくなってしまうということです。 

「薄毛にもなりますし、紫外線の影響で、さらに長期になると発がんといった 
問題も出てきますので、遮光度の高い日傘を使うのが有効」

 

(さらに…)

5G実験、オランダで鳥が大量死、スイスでは牛がバタバタ倒れ、韓国では人がキチガイに


東京オリンピックが近づいてきた。来年の実用化に向け、5Gインフラの整備が急ピッチで進んでいる。 
5Gは「次世代モバイル通信」と呼ばれ、通信速度が単純計算で4Gの100倍に跳ね上がるというから頼もしい。 

だが、もろ手を挙げて喜んでいいものかどうか――事件が起きたのだ。 

■5G実験中に297羽のムクドリが突然死 

昨年10月、オランダのハーグで5Gの実験が行われたらしい。 
らしい、というのは実験そのものが非公開だったからだ。 
オランダ鉄道は将来的な運用を目指し、デン・ハーグHS駅に5Gのアンテナ塔を設置しており、 
その通信エリアの確認および駅ナカや周辺にある機器に影響が出るかどうかをチェックする実験だったという。 

実験の同時刻、近隣ハイゲンスパルク地区にある公園で不可解な現象が起こった。 
木の枝に止まっていたムクドリが、次々に墜落し始めたのだ。 

ムクドリ以外にも、池で泳いでいたカモが一斉に頭を水中に突っ込んだり、我先にと飛び立ったかと思うと、 
少し離れた地面や水路に急降下したり。驚いたことに落ちてきたムクドリは、皆息絶えていたという。 
その数、合計297羽。 

さながら、ヒッチコックの『鳥』を彷彿させるようなパニックシーンだったろうが、 
散乱していた鳥の死骸はすぐに撤去され、現在は公園の一部を人も犬も立入禁止としている。 

だが、死屍累々を目撃した町の人々は気づいたのだ、新しい5Gアンテナ塔の実験により、突如として野鳥が大量死してしまったことに。 

http://tocana.jp/2019/02/post_85230_entry.html

 

(さらに…)

【宇宙ヤバイ】太陽でCME発生、コロナガスの衝撃波が15-16日に地球到着


太陽 中心付近で爆発発生!コロナガスの衝撃波 15~16日に到来か? 
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/9/29210.html

けさ未明、太陽の黒点周辺で弱い爆発現象が発生した。 
この爆発にともなって、コロナガスが噴出し、太陽全体を取り囲むような放出現象が起こっている。 

NICTによると、日本時間13日午前4~5時ごろ、太陽の中心部分に位置する黒点群の周辺で、 
太陽面から大量のプラズマが噴出する現象が発生したのを、太陽探査機SOHOと太陽観測衛星SDOがとらえた。 

この爆発に伴って、コロナガスが太陽全体を取り囲むように広がる「コロナ質量放出(CME)」と呼ばれる衝撃波が観測された。 
太陽の表面は、コロナと呼ばれる超高温のガスに覆われていて、放出されると電気を帯びたプラズマ粒子が噴き出す。これが太陽風だ。 
(略)

 

(さらに…)

Microsoft「ペイントとかもう使わんやろ。そろそろWindowsから消すわ」 → 世界中の嘆きの声で継続へ


一時は「死んだ」と思われたWindowsの「ペイント」はまだまだしぶとく生き残る 

MicrosoftがWindowsに標準搭載してきたお絵描きツールの「ペイント(Microsoft Paint:MSペイント)」は、 
1985年に登場したWindows 1.0から標準搭載されてきたソフトウェアです。そんなペイントが、2017年の 
Windows 10 Fall Creators Updateで削除・非推奨リストに追加されてしまい、将来的にはなくなってしまうのではと 
ささやかれていたのですが、2019年5月10日にリリースされるWindows 10の最新ビルドに、ペイントが含まれることが 
明らかになっています。

Crap artists rejoice! MS Paint is getting a last-minute reprieve | Ars Technica
http://arstechnica.com/gadgets/2019/04/crap-artists-rejoice-ms-paint-is-getting-a-last-minute-reprieve/

Microsoftは2017年の「Windows 10 Fall Creators Update」で、ペイントを「削除される機能」および「開発が非活発化していて 
将来的なリリースで削除を予定している非推奨機能」の一覧に追加しました。これは将来的なWindows 10のアップデートで 
ペイントを削除する方針であることを公に示すものともいえます。実際、ペイントには「Product alert」ボタンが追加され、 
これをクリックするとユーザーに「このバージョンのペイントはすぐにPaint 3Dに置き換えられます。昔ながらのペイントは、 
Microsoft Storeから利用可能になります」というウィンドウが表示され、「標準搭載のお絵描きツール」としての地位は 
完全に失われることとなっていました。 

http://i.gzn.jp/img/2019/04/24/ms-paint-reprieve/s02.jpg

その後もペイント内での通知が「ペイントはMicrosoft Storeへ移ります。心配しなくても、無料でMicrosoft Storeから 
ダウンロードできます」に変化。ペイント自体は依然として存在するものの、「標準搭載のお絵描きツール」から 
「Microsoft Storeで配信されているMicrosoft純正アプリのうちのひとつ」という地位にまで落ちていました。 

http://i.gzn.jp/img/2019/04/24/ms-paint-reprieve/s01.jpg

しかし、2019年5月10日にリリースされるWindows 10の更新プログラムでは、ペイント内に搭載されていた「Paint 3Dへの 
移行とペイントのMicrosoft Storeへの移動を通知」するための「Product alert」ボタンが削除されることが明らかになっています。 
さらに、Microsoftのシニア・プログラム・マネージャーであるBrandon LeBlanc氏が、「どうしてProduct alertボタンが消えるの?」 
というユーザーからの疑問に対して、最新のビルドでは「ペイントがWindows 10に含まれるから」と答えており、 
ペイントが標準搭載に戻ることを明らかにしています。 

一時は削除・非推奨機能リストに入れられ、標準搭載のソフトウェアリストから外されたペイントですが、 
その根強い人気からか再び標準搭載されることとなるようです。 

http://gigazine.net/news/20190424-ms-paint-reprieve/

 

(さらに…)

同じ水を何度も沸騰させると、酸素の構造が変化し、ヒ素や硝酸塩、フッ化物などが生じる

水を2回沸騰させてはいけないという理由がここに! 
http://www.imishin.jp/water-boiling/

お茶を淹れたり卵を茹でるのに、必要量を測らずに水を沸かして水が余ってしまった。捨てるのはもったいない。 
こうした状況に覚えのある方もいるのではないでしょうか。その水をどうしますか? 

通常、余った水はポットやガス台の上の鍋の中にそのままにしておいて、後でまた使います。 
別に何も問題ないですよね?いいえ、実際はかなり問題ありなのです。 

水が沸騰すると何が生じるか、よく見てみましょう。気泡と湯気が出てきますが、化学物質のレベルでもあることが起こっています。 
同じ水を何度も沸騰させると、酸素の構造が変化し、潜在的な危険性を持つ物質が蓄積されていきます。 
この変化はお茶を淹れるとわかります。新しい水で淹れたお茶は、再利用された水で淹れたお茶よりもずっと美味しいはずです。 

水を沸騰させるのはバクテリアを殺す良い方法ですが、水を何度も何度も沸騰させていると、化学構造変化の結果として、ヒ素や硝酸塩、 
フッ化物などの危険性のあるガスや毒性物質が生じる可能性があります。 
フッ化物が神経と脳に与える悪影響については多くの研究で証明されています。 

こうした過程を経ると、ただの水を飲んでいるというわけではなくなってきます。 
カルシウムのような体に良いミネラルも問題を生じ、腎臓結石の原因になる可能性があります。

 

(さらに…)