ホーム » 自然

自然」カテゴリーアーカイブ

台風12号の進路www

1: 風吹けば名無し 2018/07/30(月) 07:08:17.83 ID:WScbQTwK0
なんやこいつ…
no title

(さらに…)

暖かい日、にわか雨が降ったときのあの匂いの正体とは …MIT研究報告

1: 名無しさん@涙目です。(宮城県) [US] 2018/07/16(月) 13:14:55.37 ID:+4Cul8fG0● BE:601381941-PLT(13121)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_kuma01.gif
科学的にここまで解明されている「雨の匂い」の正体

雨が降るときなどに感じられる、いわゆる「雨の匂い」。心地よさが感じられ、好きだという人も少なくないのでは
ないでしょうか。あの独特な香りについては科学的に研究されており、「ペトリコール」という名前もつけられているのだとか。

今回は「雨の匂い」の雑学をご紹介します。

■「雨の匂い」の正体

雨の匂いを表す「ペトリコール(Petrichor)」という名称が生まれたのは、1960年代。オーストラリアの科学者らによる
論文に登場する造語で、「暖かく乾いた天気が続いた後、雨が降ったときのよい香り」として使用されたそうです。

この研究では、雨の匂いの原因物質が岩石などに含まれている油であることが明らかに。それで、ペトリコールには、
ギリシャ語で石を意味する「Petra」が使われたのだといいます。なお、実際にはこの成分は植物に由来するもので、
放出後、岩石などに蓄積されるのだとか。

また、この他にも土壌細菌が作り出す「ゲオスミン(ジェオスミン)」など複数の物質が、雨の匂いを構成する要素として
知られています。

では、これらの成分はなぜ、雨が降ったときに匂いとして感じられるのでしょうか。

マサチューセッツ工科大学は2015年、「ペトリコールの発生メカニズムが説明できるかもしれない」という研究結果を発表。
ハイスピードカメラで落下する雨粒を観察した結果、砂などに衝突したとき、エアロゾル(気体中に浮遊する微小な液体や
固体の粒子)が発生することが判明したそうです。雨が、土壌内の物質を大気中に広めるはたらきをしているというわけですね。

同研究によると、エアロゾルが多く現れるのは「軽く中程度の雨」のときで、大雨のときはあまり発生しないとのこと。
ここから「雨の匂いには“感じやすい雨の強さ”があり、土砂降りの場合は感じにくい」ということができるかもしれません。

Rainfall can release aerosols, high-speed video shows
https://www.youtube.com/watch?v=Waqmq_GTyjA

no title

no title

no title

no title

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1807/13/news092.html

(さらに…)

台風12号襲来、東京都心が「風速55m/s」で消え去る予定

1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [ニダ] 2018/07/26(木) 08:38:29.82 ID:fswQO2Ad0 BE:422186189-PLT(12015)
台風第12号 (ジョンダリ)
平成30年07月26日03時50分 発表

<28日03時の予報>
強さ 強い
存在地域 八丈島の南東約500km
予報円の中心 北緯 30度05分(30.1度)
東経 143度40分(143.7度)
進行方向、速さ 北東 35km/h(18kt)
中心気圧 965hPa
中心付近の最大風速 40m/s(75kt)
最大瞬間風速 55m/s(105kt)
予報円の半径 280km(150NM)
暴風警戒域 全域 410km(220NM)

http://www.jma.go.jp/jp/typh/1812.html

(さらに…)

【環境】南極上空のオゾンホールは消滅・・・欧州宇宙機関(ESA)発表

1: 野良ハムスター ★ 2018/07/13(金) 07:36:54.07 ID:CAP_USER
欧州宇宙機関(ESA)は、南極上空のオゾンホールが消えたと発表した。同データは、2017年11月の大気の調査中に、ESAの地球観測衛星センチネル 5プリカーサーが入手したもの。

ESAは、南極の半分を覆うオゾンホールが昨年11月26日までに消えたとみられる画像も公開した。

再びオゾンホールが形成されることはないのか?それはまだわからない。これはパブリックドメインに置かれたESAの一次情報にすぎない。

オゾン層は太陽からの有害な紫外線から地球を守っているため、南極上空のオゾンホールは地球生態系に対する深刻な脅威の一つとなっている。

https://jp.sputniknews.com/science/201807135108037/

(さらに…)

【悲報】 暑さ、今月下旬まで続く見込み 原因は「2層高気圧」

1: 名無しさん@涙目です。(宮城県) [US] 2018/07/16(月) 17:53:59.68 ID:+4Cul8fG0● BE:601381941-PLT(13121)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_kuma01.gif
暑さの原因は「2層高気圧」 今月下旬まで続く見込み

気象庁によりますと、今回の猛烈な暑さは、勢力の強い2つの高気圧が重なり合い下層から上層まで
暖かい空気に覆われていることが原因で、この気圧配置は今月下旬まで続く見込みです。気象庁は、
東日本と西日本では、少なくとも次の日曜日ごろにかけて猛暑日が続くおそれがあるとして「高温に
関する全般気象情報」を出して、熱中症にできるかぎりの対策を取るよう呼びかけています。

気象庁によりますと、フィリピン付近の対流活動が活発な影響で、日本付近への太平洋高気圧の
張り出しが強まり、西日本と東日本の広い範囲を覆っています。

さらに、偏西風が蛇行している影響で、大陸のチベット高気圧が日本付近の上層に張り出し、
下層にある太平洋高気圧と重なり合っているということです。

このため、西日本と東日本は、上層から下層まで高気圧に覆われた状態になり、各地で強い日ざしが
照りつけて空気が暖められ続けているため、この3連休は各地で猛烈な暑さとなり、特に16日は岐阜県で
39度を超え、ことし全国で最も高い気温を観測しました。

この気圧配置は今月下旬まで続く見込みで、気象庁は、東日本と西日本では少なくとも次の日曜日、
今月22日ごろにかけて35度以上の猛暑日が続くおそれがあるとしています。

このため気象庁は「高温に関する全般気象情報」を出して、熱中症にできるかぎりの対策を取るよう
呼びかけています。引き続き警戒が必要です。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180716/k10011535311000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

(さらに…)

【大悲報】日本さんご自慢の四季、無くなりそう

1: 風吹けば名無し 2018/07/16(月) 08:18:15.01 ID:33GjMJtb0
最近はニ季しかない模様

(さらに…)

【猛烈な暑さ】 きょうも40度近くの場所も 熱中症に警戒を 15日 ★2

1: みつを ★ 2018/07/15(日) 17:39:31.90 ID:CAP_USER9
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180715/k10011534061000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004

猛烈な暑さ きょうも40度近くの場所も 熱中症に警戒を
2018年7月15日 6時09分気象

西日本と東日本を中心に15日も猛烈な暑さが続く見込みで、ところによっては最高気温が40度近くになると予想され、熱中症に警戒が必要です。特に記録的な豪雨の被災地では熱中症のリスクが高まっているとして気象庁はできるかぎりの対策を取るよう呼びかけています。

気象庁によりますと、14日は岐阜県や三重県、それに京都府で最高気温が38度を超えるなど西日本と東日本の広い範囲で猛烈な暑さとなり、国内の927の観測地点のうちおよそ300の地点でことし最も高い気温を観測しました。

15日も西日本と東日本を中心に広い範囲で勢力の強い高気圧に覆われ、厳しい暑さが続く見込みです。

日中の最高気温は、埼玉県熊谷市と京都市、それに大分県日田市で38度、さいたま市、岐阜市、岡山市、福島市で37度、東京の都心、名古屋市、大阪市で36度、広島市で35度などと広い範囲で猛烈な暑さが予想されています。

ところによっては40度近くまで気温が上がる見込みで、熱中症に警戒が必要です。

気象庁は、特に記録的な豪雨の被災地では避難所での生活など環境の変化によって、より熱中症のリスクが高まっているとして、水分や塩分の補給をふだん以上にこまめに行ったり、復旧作業の際には日陰で十分に休息を取ったりするなど、できるかぎりの対策を取るよう呼びかけています。

一方、午後からは気温の上昇と上空の寒気の影響で、東日本を中心に大気の状態が不安定になる見込みで、局地的に急な雷雨が発生するおそれがあります。

被災地では、今も地盤が緩んでいたり、土砂や流木で川の流れが悪くなっていたりするところも多いため、引き続き土砂災害や川の氾濫に十分な注意が必要です。

★1のたった時間
2018/07/15(日) 06:38:42.85

前スレ
【猛烈な暑さ】 きょうも40度近くの場所も 熱中症に警戒を 15日
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1531604322/

(さらに…)

被災地のハザードマップが絶望的すぎる。どうやって逃げるんだよ。

1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [US] 2018/07/09(月) 16:57:51.86 ID:Tu0vmMSt0 BE:422186189-PLT(12015)
sssp://img.5ch.net/ico/folder1_03.gif
no title

https://www.google.com/search?q=2009%252Bver.m&ie=UTF-8

(さらに…)

気象庁「梅雨明けしたぞー!日本史上最速だ!」 梅雨「お待たせ~」 何故なのか…

1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [US] 2018/07/04(水) 21:49:42.48 ID:IiJdp1gh0 BE:323057825-PLT(12000)
sssp://img.5ch.net/premium/8114876.gif
関東甲信地方では観測史上最速で「梅雨明け」が宣言されたばかりだが、気象庁は4日、停滞する前線の影響で、本州では来週8日ごろにかけて大雨が続くおそれがあると発表した。

 気象庁が発表した「大雨に関する全般気象情報」によると、北日本から西日本の広い範囲では、
低気圧や前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、前線の活動が活発化して、大気の状態が非常に不安定な状況が8日ごろにかけて続くという。

 このため、本州付近では来週8日ごろまで大雨となり、数日間、同じような地域で降り続くおそれもあるという。

 あす5日午後6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで、▽四国300ミリ、▽東海250ミリ、
▽関東甲信220ミリ、▽近畿・北海道200ミリ、▽北陸180ミリ、▽九州南部150ミリ、▽東北120ミリ、▽九州北部・中国・奄美地方で100ミリ。
その後の24時間でも、東海地方を中心に、各地で100?400ミリの大雨が降る見込みで、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒するよう呼びかけている。

停滞する梅雨前線!本州の大雨「来週8日ごろ」まで続く 気象庁
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/5/25492.html
no title

(さらに…)

100均で釣竿買ったから釣りするわ

1: 名無しさん@おーぷん 2018/05/18(金)16:58:12 ID:CIK
100円でお魚食べれるとか有能

(さらに…)