ホーム » 話題

話題」カテゴリーアーカイブ

「猫城主」大奮闘……ブサイクだけど愛嬌があって可愛らしい猫いるよな


———-
「猫城主」活躍のためには何が必要? 岡山 高梁 

城に住みついたネコが岡山県にいます。観光客からは「猫城主」と呼ばれ人気 
です。地元では“末永く「招き猫」として活躍してもらいたい”といろいろ知恵 
を絞っています。 

岡山県高梁市にある備中松山城では7月の西日本豪雨のあとに3歳のオス猫が 
住みつきました。 

「さんじゅーろー」と名付けられたこの猫、地元では「猫城主」と呼ばれ、観 
光客の人気を集めています。 

豪雨で落ち込んだ観光客の回復に一役買った「招き猫」にできるだけ長く活躍 
してもらおうと市の観光協会は話し合いの場を持ちました。招かれたのは市内 
で動物病院を営む獣医師。ネコにとって暮らしやすい環境などを学ぶためです。 

獣医師からは、決まった時間に餌を与えて生活リズムを守ること、なるべく広 
いトイレを2か所以上つくることが大切だとアドバイスされました。 

「さんじゅーろー」は休養のため、いまは観光協会の事務所で過ごしています 
が、今月20日ごろからは再び「猫城主」としての務めを果たす予定です。 

高梁市観光協会の相原英夫事務局長は「『さんじゅーろー』が安心して過ごせ 
る環境を整え、地元の魅力の1つとして全国に発信していきたい」と話してい 
ました。 
———-
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20181206/k10011736811000.html

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20181206/K10011736811_1812061407_1812061411_01_03.jpg
http://scontent-dfw5-1.cdninstagram.com/vp/8e3923b7728f05ba667d93c7588a85e8/5CA942DC/t51.2885-15/e35/46148020_267260913936348_5266340965463905809_n.jpg

 

(さらに…)

【悲報?】ミズノ、パンツの「大事な部分」が破けるとして自主回収


スポーツ用品大手ミズノは、スポーツ用下着の一部製品に、使用直後に股の部分が破れるおそれがある製品が混じっていることが明らかになったとして、自主回収を発表した。 

 リコールの対象となるのは、2016年から販売している「ミズノプロ スライディングパンツ」(黒/サイズ:S?XO/税抜価格3900円)。 

 同社によると、ソケイ部のメッシュ生地の強度が低い製品が混在していることから、使用して早い段階で破れるおそれがあるという。 

 スライディングパンツとは、野球選手が走塁をする際に太ももや尻を衝撃から守るために履く、少し長めのボクサーパンツ。 
ミズノの製品には、急所を保護するためのファウルカップ部分の内側に縫い付けた品質タグに8桁の製品番号「12JB6P01」と、「27200」から始まる9桁の製造番号が記載されているという。 

スライディングでビリッ!ミズノのパンツ「大事な部分」裂けるおそれ
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/7/27515.html
http://www.hazardlab.jp/contents/post_info/2/7/5/27515/mizuno001.png

 

(さらに…)

【悲報】Facebook社員にiPhoneを含むApple製品禁止令。もしかして意識高くなりすぎたか?


米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は、米アップルのティム・クックCEOとの論争を受け、フェイスブックの職員に対し、iPhoneを含むアップル製品の使用を禁止した。 
フェイスブックの職員は、Android OSを搭載したスマートフォンに切り替えなければならないという。 
ザッカーバーグ氏は、クック氏が、フェイスブックは利益のためにユーザーを監視していると公に非難した後、このような決断を下した。 
クック氏はMSNBCのインタビューで、サービスが人々の個人的な生活に侵入するのは受け入れらないことだとの考えを表し、 
フェイスブックが入手した個人情報をもとにユーザーを追跡する行動ターゲティング広告は「おぞましい」と指摘した。 
またクック氏は「プライバシーは、あらゆる人間の権利だ」と強調した。 
このようなザッカーバーグ氏を苛立たせるようなクック氏の発言を受け、ザッカーバーグ氏は、フェイスブックの職員に対し、アップル製品の使用を禁止した。 
なおThe Vergeは、フェイスブック経営陣のTwitterアカウントを確認した。最新の投稿で判断する限り、複数の経営陣はまだiPhoneを使用しているという。 

http://jp.sputniknews.com/science/201811155587570/

 

(さらに…)

ロト7、史上最高31億円以上のキャリーオーバー


アメリカで発売されている「メガ・ミリオンズ」という数字選択式宝くじで、1等の賞金額が史上最高の約1700億円になり話題になった 
(現地時間10月23日に当せん)。ここまで高額とはいかないまでも、実は日本でも同じような現象が起きている。 

数字選択式宝くじ「ロト7」で、9月14日の抽せんを最後に1等の当せんが出ていない。そのため、キャリーオーバー(次回へ繰り越す制度)の金額が、 
平成27年の26億7000万円という記録を大きく上回り、31億8000万円以上に達した(10月27日の抽選で1等が2口出たなどしたため、 
現在は約18億5000万円に)。 

キャリーオーバーの金額は、週を重ねるごとに加速度的に増えていく。売り場販売員によると、これには主に2つの理由があるという。 

1つは、同じ組み合わせで複数口を買い、当たった時の金額を増やそうと思う人が増えたこと。そしてもう1つは、購入する組み合わせのパターンを増やし、 
当せん確率を上げようと考える人が増えたことだ。 

ちなみに「ロト7」で8億円が当せんした番号は、機械がランダムに数字を選ぶ「クイックピック」から出ている。いつもの購入方法に「クイックピック」を 
加えてみてはいかがだろうか。 

http://www.news-postseven.com/archives/20181101_793450.html?PAGE=1

 

(さらに…)

お前らが酷評したホンダN-VANが異常な売り上げ


ホンダ N-VAN 累計受注が発売3か月で2万4000台超…納期最長5カ月も 

ホンダの鈴木麻子執行役員は7月13日に発売した新型軽商用バン『N-VAN』の累計受注台数が2万4000台を超えたことを明らかにした。 
発売から1か月経過した時点の受注台数は1万4000台だったことから、その後2カ月間でさらに1万台積み上がった計算になる。 

鈴木執行役員は10月24日に都内で開いたN-VANの法人客であるダスキンの担当役員との対談イベントに登壇し、 
現在のN-VANの受注状況について「(10月22日時点で)2万4000台を超える数字を頂いている」と述べた。 

その内訳は「個人のお客様が先行していて、最終的には法人のお客様も増えてくると思うが、 
まだ法人のお客様は非常にその中では限られた数字になっている」という。 

「N-VANの前のモデルとして『アクティバン』があったが、(軽商用バンとして)19年ぶりのフルモデルチェンジということで、 
残念ながら軽商用車の中ではプレゼンスがなかなか上がらなかったこともあって、しばらくご縁の切れていた法人様もいる」と、 
鈴木執行役員はN-VANの受注で個人ユーザーが先行している背景を語る。 

これはN-VANの納期状況にも実際に表れている。ホンダの広報部によるとN-VANの納期は、L、Gグレードが約1か月に対して、 
個人客を想定した+STYLE FUNおよび+STYLE COOLの両グレードは4-5か月かかるとのことだ。 

今後の法人客への対応に関して鈴木執行役員は「今回いろいろと新しい取り組みを(N-VANで)してきたことで、 
とくにインターネット通販が増えているということで宅配の業者のみなさんには積極的にアプローチしているし、 
しばらくご縁の無かった法人様からもお問い合わせを頂いているということで、幅広く積極的に営業活動をしているところ」と話していた。 

http://response.jp/article/2018/10/25/315403.html
http://response.jp/imgs/p/HyHJUDsvwEJjLfURx1fZfoRN5UBBQkNERUZH/1351599.jpg

 

(さらに…)

女子中学生2人、悪魔崇拝し同級生を切り刻み血を飲み肉を食う計画を立て逮捕

同級生を切断して血を飲む計画、女子中学生2人を逮捕 米 
http://www.cnn.co.jp/usa/35127581.html
米フロリダ州バートウの警察は24日、地元の女子中学生2人が同級生をナイフで切り刻み、 
その血を飲む計画を立てていたと明らかにした。トイレで待ち構え、体格の小さな生徒15人を組み伏せる準備をしていたという。 

容疑者の生徒2人は23日に逮捕され、殺害を企てたり学校の敷地内で武器を所持したりした疑いで訴追された。 

当局者によれば、逮捕された11歳と12歳の少女は悪魔崇拝者を自称。殺害した生徒の血を飲み、 
場合によっては人肉食にも及ぶつもりだったと供述している。自殺する計画も立てていたという。 
(略)

 

(さらに…)

【悲報】「すき家」の牛丼の肉の量が少な過ぎて詐欺ではないかと話題に

早くて安くてウマい丼ものといえば、やはり庶民の味方の『牛丼』。 

どの牛丼チェーンもワンコイン未満で食べられるのは非常にありがたい限りだが、ネット上では気になる意見が少なからず見受けられる。 

それは「肉の量が地味に減っている」ということ。 
Twitterを見ると、「すき家も吉野家も松屋も肉が減った」というコメントがあるが、本当に減っているのだろうか? 

実際に減ったかは過去と見比べなければわからないため、 
メニューの写真と実物でどれだけ差があるのか確かめることにした。 

実際に店へ行き、まずはメニューの写真を確認。 
並盛りのイメージには肉がびっちり敷き詰められ、非常にウマそうだ。 

しかし、実際に来た並盛りの牛丼はこちら。 
写真とぜんぜん違うし、半分以上玉ねぎやんけ! とブチギレたくなってくる肉の少なさである。 

牛丼店の肉の量が地味に減っていると話題 調査1回目『すき家』
http://sirabee.com/2018/10/23/20161846538/
http://img.sirabee.com/wp/wp-content/uploads/2018/10/sirabee20181022sukiya002-768×513.jpg
http://img.sirabee.com/wp/wp-content/uploads/2018/10/sirabee20181022sukiya004-768×513.jpg

 

(さらに…)

【首都】スカイツリー 塔の外に出られる「第3の展望台」

開業から6年。新たな展望台が登場だ。東京スカイツリーに登場した第3の展望台。安全ベストなどを着けて向かうのは、なんと塔の外だ。 

 自立式電波塔で世界一の高さを誇る東京スカイツリー。634メートルの高さを生かしてこれまで2つの展望台があったのだが、23日に地上155メートル第3の展望台がオープン。ガイドツアーが始まった。この展望台ガラスがないのだ。ツアー参加者にはヘルメットと安全ベストの着用が義務付けられている。さらに手荷物検査があるなど参加条件は厳しい。もう1つの魅力は、光だ。夜間ツアーも予定されていて、LED照明でライトアップされた鉄骨など色鮮やかな夜景が楽しめる。さらに、今月からスタートしたギャラリーでは実物と同じ大きさのスカイツリーのてっぺんに付いている避雷針の模型も見ることができる。スカイツリーは開業から6年。現在、来場者数は400万人ほどで推移していて、開業当時より3割ほど減っている状況だ。また、スカイツリーは安定的な団体旅行の維持を目的に来年4月から団体入場予約券の料金値下げを決めている。

2018年10月23日 17時29分 テレ朝news
http://news.livedoor.com/article/detail/15487816/

動画
http://youtu.be/HmqThqb-bVw

画像
http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/e/9/e99f7_1641_405350c8_7afd3bce.jpg

 

(さらに…)

ギリシャの湖畔で数十万匹による全長1kmの巨大な蜘蛛の巣

湖畔に悪夢の光景… クモ大量発生、全長1キロを巣で覆う ギリシャ 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00000001-jij_afp-int

【AFP=時事】ギリシャ北部のビストニダ(Vistonida)湖では今、クモ嫌いの人にとって悪夢となる光景が広がっている。大量発生した数十万匹のクモが、湖畔に巨大な巣を張ったのだ。 

【写真】ギリシャ・ビストニダ湖の湖畔を走る道路で、クモの巣に覆われる路肩など 

 生物学者らによると、この現象は珍しいものの過去にも発生しており、季節外れの暖かい気候によってクモの餌となる蚊などの羽虫が増えることで引き起こされる。湖の周辺では、計約1キロにわたって道路沿いの茂みやガードレール、低木がクモの巣で覆われた。 

 大量発生したのは脚の長さからアシナガグモと呼ばれる種類で、水源の近くに巣を張ることで知られているほか、水面を移動できる種類も存在するとされる。 

 同じ現象は先月、ギリシャ西部の沿岸都市エトリコ(Aetoliko)でも起きていた。クモの巣は気温の低下と降雨の増加に伴い消えていく見通しだ。【翻訳編集】

 

(さらに…)

【ゲーム脳】ゲーム『PUBG』にハマリ過ぎた13歳の少年 ゲームを真似て高所から飛び降りて死亡

中国でゲームに熱中しすぎた13歳の少年がゲームを真似て高いところから飛び降りて死亡するという事故が起きた。 

事故が起きたのは8月30日で、少年の名前はスィジン。この子がはまっていたゲームは『PUBG Mobile』でiPadで 
毎日プレイした。事故前日も午前3時までゲームをすると友人と約束をしていた。少年は姉のiPadをこっそり持ち出して、 
夜の10時から深夜までずっと『PUBG Mobile』に熱中。 

しかしこの日少年は午前0時にオフライン状態に切り替えその後消息が途絶え、翌日に死体で発見された。 
当時家には家族や親戚がいたが少年には何の異常も感じられず、いつものように明るい姿だったという。 

親は「息子は海外生活の経験も多く、学業のストレスもなかった。また礼儀正しく交友関係もかなり良くて明るい子だった」と伝えた。 

数年前に息子がインターネットのゲームに熱中しすぎて家のパソコンを片付け、携帯電話やiPadも与えなかった。 
しかし今年の夏休みに南アフリカ旅行の際に親戚から『PUBG Mobile』を教えてもらったようだ。 

ただ少年が死んだ原因については、親族がゲームのせいだと決めつけているだけで、 
実際は事故なのかゲームを真似てなのか自殺なのか不明なままだ。 

http://gogotsu.com/archives/43837

 

(さらに…)