ホーム » 雑学 (ページ 2)

雑学」カテゴリーアーカイブ

最近知って驚いたこと

1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [US] 2018/07/20(金) 22:17:22.85 ID:t6ZCtNVi0 BE:837857943-PLT(16930)
sssp://img.5ch.net/ico/u_giko_ebi.gif
石田純一がママチャリで送り迎え、東尾理子「周りは驚いたみたい」
https://abematimes.com/posts/4579460

つのだじろうとつのだ☆ひろは兄弟だった
両国国技館の地下は焼き鳥工場である
運転免許所の番号の下一桁は免許を無くした回数だった

(さらに…)

江戸時代の人はどうしてたんだよってこと上げてこうぜ

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/16(木) 02:22:46.32 ID:wVjhQY9k0
スズメバチの巣の駆除

(さらに…)

芽殖孤虫とかいう寄生虫wwwwwwwwwwwww

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/02(月) 18:39:23.443 ID:yGhwJM1d0
怖すぎ

(さらに…)

最近知ってびっくりしたこと254

(さらに…)

クーラー以外で車内を涼しくする方法ってある?

1: 名無しさん@おーぷん 2018/03/30(金)19:10:05 ID:lhr
ガソリンすごい食うから安くしたい

(さらに…)

お前らが知ってる役に立つ雑学 ハチミツは腐らない

1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [ニダ] 2018/02/28(水) 22:47:43.92 ID:+An58ueZ0 BE:837857943-PLT(16930)
sssp://img.5ch.net/ico/u_giko_ebi.gif
けんちんと言う言葉の由来には二通りがあり、ひとつ目が江戸時代に幕府の保護を受けた寺のひとつである建長寺説。
鎌倉時代に南宋(今の中国)から建長寺に招かれた僧侶が、崩れた豆腐を無駄にせず、野菜と一緒に煮込んだ汁物が
『建長寺汁』と呼ばれ、それが『けんちん汁』になったと言われています。

ふたつ目が、江戸時代に京都の萬福寺(まんぷくじ)で作られ始め、広く愛好された普茶料理※のひとつ、巻繊(けんちぇん)が語源とする説。
この料理は本来、野菜と豆腐の炒め物を具にした春巻のような食べ物、もしくはもやしの炒め物なのですが、
いつしか炒め煮の汁物を指すようになりました。

http://mag.japaaan.com/archives/69258
no title

(さらに…)

都会っ子が知らなそうなことwwwwwww

1: 名無しさん@おーぷん 2018/06/02(土)09:19:34 ID:Kc5
自転車通学ではヘルメットを被らなくてはならない

(さらに…)

面接官「クジラはなんででかいんですか?」ワイ「」

1: 風吹けば名無し 2018/05/14(月) 16:15:01.76 ID:AzLXZ1xl0
なんて応える?

(さらに…)

ペットボトル入りの牛乳がない理由

1: 風吹けば名無し 2018/05/05(土) 18:39:07.76 ID:hsuGti5100505
お前らなら知ってるよな

(さらに…)

トンネル照明の橙色なぜ減った? そもそも橙色にはある理由があった

1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [US] 2018/05/05(土) 18:00:51.44 ID:y3ZE5Nsy0 BE:323057825-PLT(12000)
sssp://img.5ch.net/premium/8114876.gif
■トンネル内部を明るく照らす照明は、従来は橙色(だいだい色/オレンジ色)が中心

 高速道路を走っていると、トンネルを通過することが多いです。この内部を明るく照らす照明は、従来は橙色(だいだい色/オレンジ色)が中心でした。しかし最近は、白っぽい照明が増えています。その理由をNEXCO東日本に尋ねました。

 トンネル内部の照明に、もともと橙色が多かった理由は、「橙色には光を通しやすい性質があり、排気ガスや塵(チリ/細かなゴミなど)の影響を受けにくいためです」とのことです。

 橙色の光を放つ照明は「ナトリウムランプ」と呼ばれ、発光管の内部において、ナトリウム蒸気中の放電を利用して発光させます。1960年代から普及が開始され、今でも使われています。
クルマのフォグランプ(霧灯)にも橙色があり、これも光を通しやすいためです。

 以前の「ナトリウムランプ」は、ホールや体育館などで使われている「水銀ランプ」に比べると、消費電力を30~50%に抑えることが可能なので、明るさの割に消費電力が少ないことも魅力でした。
また「ナトリウムランプ」は、前述のように「水銀ランプ」などとは光の波長が異なるため、虫を引き寄せる働きが弱いこともメリットになっています。

 このように「ナトリウムランプ」は、排気ガスなどで空気が汚れたトンネル内部でも視認性が高く、経済性にも優れ、虫を引き寄せない特徴もあるとのことから、
1960年代から1999年頃まで、長期間にわたって高速道路のトンネルを照らす定番の照明でした。
従ってベテランのドライバーには「トンネルの照明は橙色」と認識されているほどです。

トンネル照明の橙色なぜ減った? クリーンな排ガス車増加で照明もエコに!?
https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20180505-10307351-carview/?mode=full
no title

(さらに…)