ホーム » 食事・レシピ

食事・レシピ」カテゴリーアーカイブ

【画像】ケンタ丼が極上の一品と話題 これ絶対ウマいやつやん…


ケンタッキーフライドチキン(以下、KFC)で丼ものが食べられる――。 
にわかには信じがたいが、ごく限られた店舗で「ケンタ丼」という激レアメニューが提供されているのだ。 

全国で7店舗、東日本では3店舗だけでしか食べられない幻のような存在。 
この情報を聞きつけた筆者は、さっそくケンタ丼を提供しているスカイツリーソラマチ店へと向かった。 

お米の上に乗っているにも関わらず時間が経ってもサクサクと食感があまり失われない。 

どれを食べても水気でべちゃべちゃになってしまった部分がほとんどなく、揚げたての美味しさを存分に楽しめた。チキンの味も、 
いつもとは異なる和風テイストになっている。流石はフライドチキンの王者KFCと思わざるを得ない。 

全体の味としては天丼に近いが、甘辛いタレの味付けなどはビミョウに異なる。割りと量が少な目なタレが 
それぞれの具材の引き立て役に徹してくれるため、飽きが来ないのもポイント。普段、丼ものを扱っていないにも関わらず、分かっている。 

タレを大量にかければ良いと思い込んでいる店はKFCをぜひとも見習ってほしい。 





http://news.livedoor.com/article/detail/16559158/

 

(さらに…)

米政府、宮中晩餐会のステーキに要望『徹底的にカチコチになるまで火を通してほしい』ケチャップも用意


 令和初の国賓は、アメリカのトランプ大統領(72)となった。宮中晩餐会は5月27日の月曜に予定されているという。政治担当デスクが解説する。 

「トランプ大統領の大好物は、マクドナルドのハンバーガーとケンタッキーフライドチキン、そして牛肉のステーキと言われています。特にステーキは肉が焦げ、カチコチになるまで焼かせ、それにケチャップをかけます。 
この大統領のスタイルは、アメリカでも有名らしく、『ケチャップなんて子供っぽい』、『せっかくの牛肉が台無し』、『下賎』と散々なのですが、トランプの支持層には『気取らないところがいい』と歓迎されているそうです」 

 ステーキの食べ方でさえトランプは“米国民を分断”してしまうわけだが、宮中晩餐会でも、その好みを変える気はないという。 

「米政府からは『羊肉でOK』という意向が伝えられたそうですが、焼き方についてはベリー・ウェルダン、つまり『徹底的に火を通してほしい』という要望が来ており、ケチャップも用意するそうです。 
宮中晩餐会で供される自慢の羊料理は、食べた方が少ないので正確な実像は分からないのですが、ややレア気味に仕上げ、丹精込めて作られたソースが添えられていると言われています。オーソドックスな食べ方とは、かなり違うことになるかもしれません」(同・政治担当デスク) 

週刊新潮WEB取材班 

2019年5月27日 掲載 
全文
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16522739/
http://pbs.twimg.com/media/Dw7nN5vUcAAv6G0.jpg

 

(さらに…)

【中国メディア】ラーメンも餃子もライスも主食なのに「日本人はなぜセットで食べるのか」

日本で食べられているラーメンや餃子は中国から伝えられた料理であることは周知の事実だ。中国でもラーメンや餃子は日常的に食べられている料理だが、1つ異なるのは日本のようにご飯がセットになることはなく、あくまでも主食として食べられていることだろう。それゆえ、中国人からすれば、日本の「ラーメンライス」や「餃子定食」のように、ラーメンや餃子がご飯のお供として食べられていることは不思議に感じるという。 

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本人はなぜラーメンと一緒にご飯を食べるのかを考察する記事を掲載し、「中国人はこの食べ方を受け入れられるか」と読者に問いかけている。 

 記事はまず、日本を訪れたことのある中国人であれば、「日本人はラーメンとライス、餃子とライスのように、中国人にとっての『主食と主食』を組み合わせた食べ方をしている」ことに驚き、疑問を抱いたことがあるはずだと主張。 

 続けて、「日本人はこの食べ方についてどのように感じているのか」と疑問を提起する一方、多くの日本人にとっては白米こそが「主食」であり、ラーメンや餃子は「おかず」とみなしていると指摘、だからこそ日本人は「中国人にとっての主食と主食を組み合わせた食べ方をしているのだ」と主張した。 

以下ソースで読んで 
2019-05-21 12:12
http://news.searchina.net/id/1678960?page=1
★1 2019/05/21(火) 20:21:20.72
前スレ★3 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1558447374/-100

 

(さらに…)

焼津のかつ丼。揚げたカツオにオニオンソースを絡めて野菜やかつおぶしをのせる。


焼津に新たな名物グルメが誕生する。14日に行われる「第65回焼津みなとまつり」で、「日本一の焼津の自慢 筋金入りの負けず嫌い勝三郎のかつ丼」が限定200個販売される。 
昨年販売され話題となった「勝男さんのかつサンド」に続く第2弾。揚げたカツオに、レタスやトマトなどの野菜と特製オニオンソースを合わせた一品で、かつお節を「追いがつお」として 
トッピングしたり、カツオだしをかけ「ひつまぶし風」に食べるなど、3種類の食べ方が楽しめる。 
同商品は、中部地域の観光活性化に取り組む公益財団法人するが企画観光局が、「バリ勝男クン。」シリーズを生み出した水産加工会社シーラックと共同開発。 
シーラックパル株式会社の大勝雅一さんは、「焼津の新グルメとして自信を持って作っているので、ぜひ焼津に来て食べていただきたいです」とアピール。 
するが企画観光局の石原達也さんも、「勝利の『勝』なので験担ぎとして、愛されることを願っています」と、カツオ漁獲量日本一の街の新名物としての定着を目指している。 
当日は、かつサンドも販売し、パン派とご飯派の投票も行うという。かつ丼、かつサンドともに500円。 

http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201904090000402.html

 

(さらに…)

同じ水を何度も沸騰させると、酸素の構造が変化し、ヒ素や硝酸塩、フッ化物などが生じる

水を2回沸騰させてはいけないという理由がここに! 
http://www.imishin.jp/water-boiling/

お茶を淹れたり卵を茹でるのに、必要量を測らずに水を沸かして水が余ってしまった。捨てるのはもったいない。 
こうした状況に覚えのある方もいるのではないでしょうか。その水をどうしますか? 

通常、余った水はポットやガス台の上の鍋の中にそのままにしておいて、後でまた使います。 
別に何も問題ないですよね?いいえ、実際はかなり問題ありなのです。 

水が沸騰すると何が生じるか、よく見てみましょう。気泡と湯気が出てきますが、化学物質のレベルでもあることが起こっています。 
同じ水を何度も沸騰させると、酸素の構造が変化し、潜在的な危険性を持つ物質が蓄積されていきます。 
この変化はお茶を淹れるとわかります。新しい水で淹れたお茶は、再利用された水で淹れたお茶よりもずっと美味しいはずです。 

水を沸騰させるのはバクテリアを殺す良い方法ですが、水を何度も何度も沸騰させていると、化学構造変化の結果として、ヒ素や硝酸塩、 
フッ化物などの危険性のあるガスや毒性物質が生じる可能性があります。 
フッ化物が神経と脳に与える悪影響については多くの研究で証明されています。 

こうした過程を経ると、ただの水を飲んでいるというわけではなくなってきます。 
カルシウムのような体に良いミネラルも問題を生じ、腎臓結石の原因になる可能性があります。

 

(さらに…)

【未開国】大韓航空がピーナッツアレルギーの10代少年を搭乗拒否 「アレルギーだろうとナッツは出す」


ナッツリターン事件、ナッツ姫で騒動となった大韓航空がまたもナッツ関係の騒動を起こしている。 
ピーナッツアレルギーのあるアメリカ国籍の10代の少年を航空機に搭乗拒否したというのだ。 

少年は家族らとジョージア州アトランタを出発しソウルを経由しフィリピンに行く途中だった。 
その際に16歳の長男がピーナッツアレルギーがあるという理由で搭乗を拒否され、韓国の空港に数時間放置されたという 
理不尽な事件が起きた。 

家族は16歳長男が深刻なピーナッツアレルギーがあることを航空会社側に事前に報告し、デルタ航空は機内での 
ピーナッツサービスを中止し問題がなかった。 

問題はマニラ行きの大韓航空で発生した。ピーナッツアレルギーということを大韓航空の従業員らにも事前に伝えていたが、 
それにも関わらず乗務員は「ピーナッツを提供する」と公言。その後搭乗口担当者が一度搭乗した少年を飛行機から降ろした。 
10代の少年は仁川国際空港からデルタ航空を使いアトランタに戻る羽目になった。 

家族は大韓航空に返金と補償を要求している。 

大韓航空は声明で「ピーナッツなどの食品アレルギーは、アレルギーのリスクが全くない環境を確保することはできませんが、 
安全で実現可能な方法を検討している。今後アレルギーの乗客により良いサービスを提供できるようにする」と約束した。 

デルタ航空も何故か家族に謝罪し「私たちは今回の事案を調査するために大韓航空側と協力している」と述べた。 
また「今回の調査結果をもとに、私たちはデルタ航空と提携航空会社を利用する顧客に信頼性の高いサービスを提供したい」と説明。 

このニュースに対して韓国のネットユーザーは「あんたらはナッツリターンが趣味かよ」、「この航空会社は毎回ナッツで問題が発生してるな」、 
「この際、会社名をピーナッツ航空に変えようぜ」という意見が投稿されている。 

http://gogotsu.com/archives/49674
画像はナッツ姫
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2019/03/daikan.jpg

 

(さらに…)

犬が店番する焼き芋屋が話題に! 可愛すぎる おまえらより働くな


犬が店番する焼き芋屋が話題になっている。 

犬が店番、もしくは店員の焼き芋屋がTwitterに画像と共に投稿され、大拡散。その画像には 
屋台のような焼き芋屋に「イヌのやきいもやさん」と書かれている店。 

実際にイヌが顔を覗かせており、店員の名前が店先に書かれている。「今日のイヌは 紅 はるか」と書かれており、 
またYouTubeにも動画が投稿されている。 

最初誰も居ないように見えて、人が近づくとひょっこり顔を出すのだという。 

場所は札幌市清田区の住宅街の中にあるのだという。場所が近い人やこの場所が心辺りある人は行ってみてはどうだろうか? 

http://livernet.jp/a/3253
http://livernet.jp/wp-content/uploads/2019/03/yakiimo.jpg
http://y2u.be/0F1t7ATF3nU

 

(さらに…)

吉野家、超特盛(780円)と小盛(360円)を発売


吉野家HD、牛丼に28年ぶり新サイズ 超特盛と小盛 

吉野家ホールディングス(9861)傘下の吉野家は4日、28年ぶりに主力メニューの牛丼で新サイズの商品を発売すると発表した。 
7日4時から「超特盛」「小盛」の販売を開始する。超特盛(価格は税込み780円)は米が「大盛」や「特盛」と同じ量だが、肉が大盛の2倍になる。 
小盛(同360円)は肉と米が「並盛」の約4分の3の量。牛丼に新サイズが加わるのは1991年の特盛以来で、牛丼は全6サイズになる。 

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL04HJM_U9A300C1000000/

 

(さらに…)

【悲報】フルーツ牛乳生産終了


http://news.biglobe.ne.jp/economy/0304/jc_190304_7348324635.html
銭湯の定番飲料が消滅——。 
明治が販売する清涼飲料水「明治フルーツ」が、2019年4月で終売となる。 
同社が3月4日、J-CASTニュースの取材に明かした。 

SNS上では、「平成も終わるけど、昭和も消えていく」と惜しむ声が少なくない。 

「お客さまの健康志向の高まりにより…」 

フルーツ牛乳は、リンゴ、バレンシアオレンジ、パイナップル、洋ナシ、バナナ、レモンの果汁入りの清涼飲料水。1958(昭和33)年9月に発売され、消費者の間では「フルーツ牛乳」の名で長年親しまれてきた。 

明治広報部によれば、終売の理由は中期的な売り上げ不振だという。 

SNS上では、「平成も終わるけど、昭和も消えていく」「銭湯では必ず飲んでいたのに」と惜しむ声が相次いでいる。 
広報部は「そのようなお声をいただき、申し訳ない思いがある一方で大変ありがたいことだと思っています。 
本商品は50年以上の歴史を持つ商品であり、多くのお客さまにご愛飲いただいていたこと、改めて感謝しております」とした。 
4月以降は在庫限りの販売となる。 

なお、同じく瓶入り飲料の「明治コーヒー」「明治牛乳」は今後も販売を継続する予定だとした。 

Copyright(C) 2006-2019 株式会社ジェイ・キャスト

 

(さらに…)

「飲むおにぎり」なるものが3月1日に発売開始! 10秒チャージできる次世代おにぎり


忙しいときにちょっとした腹ごしらえと言えばコンビニやスーパーで売られているおにぎりだが、 
そのおにぎりを食べる時間さえない人のために「飲むおにぎり」なるものが登場した。 

株式会社ヨコオデイリーフーズ発売されたもので3月1日よりこんにゃくパークの通販サイトで購入可能。 

「梅こんぶ」「梅かつお」の2種類があり、原材料名を見てみると「うるち米」と書かれていることから 
一応お米が入っているようだ。ただうるち米が使われているので食感は餅米に寄っているかもしれない。 

値段は1個160円だが6個セットでの販売となり960円(税込み1037円)となる。 

会議などで内ポケットからサッと取り出しし「飲むおにぎり」で栄養補給したら注目の的だ。 

http://gogotsu.com/archives/48636
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2019/03/onigiri.jpg
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2019/03/002.jpg

 

(さらに…)