「現金なんて煩わしい。俺はスマートに電子決済」厨、が札幌地震停電で何も買えずに茫然自失

北海道地震、電子マネーのキャッシュレス派がピンチ「現金を一切持ってない」 

9月6日未明に発生した北海道胆振地方中東部を震源とする地震の影響で、北海道全域が停電。スーパーやコンビニなどでも、 
停電でレジを稼働させることができない店舗が多数あるようだ。こうした状態のなか、普段から電子マネーを利用して 
現金を持ち歩かないキャッシュレス派の人々が、苦しい状態になっているらしい。 

■ 停電時にApple payが使えない 
地震のあった6日朝7時に、はてな匿名ダイアリーへ投稿された「完全電子マネー派の北海道民だけど積んだ」というエントリが 
深刻さを物語っている。「現在進行形だけどマジでヤバイ」という言葉から始まった同記事によると、投稿者は電子マネーが便利だからと 
普段の買い物はほとんどApple Payで済ませてきた。財布も持っておらず現金は仕事を除くと最近所持したことはなかったという。 

いままでに感じたことのないレベルの地震に飛び起き、冷蔵庫の中の確認すると牛乳とマヨネーズしかなかった。コンビニへ出かけると、 
ドアが全開放され非常用ライトを店中に置いて営業していたという。人々が食料や水を買おうと並んでいるのを見て、 
投稿者も購入しようとしたところでふと気づく。 
「そういえば俺は現金を一切持ってなかった。あるのは残り充電量62%のiPhoneのみ。Apple payがむなしそうにぼんやりと画面に浮かんだ 
当然、どこでも何も買えない 諦めてトボトボ家に帰って、今7時だけどまだ停電中 いつ治るんだ。腹減った。現金持っとくんだった。これ積んだわ」 

http://www.excite.co.jp/News/smadan/E1536213271743/

(さらに…)

HUNTER×HUNTER:5カ月ぶり連載再開へ

冨樫義博さんの人気マンガ「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)」の連載が、22日発売の「週刊少年ジャンプ」(集英社)43号で約5カ月ぶりに再開されることが5日、分かった。 

 同作は、第380話が掲載された4月2日発売の18号で「次号よりしばらくの間休載いたします。 
再開が決まり次第、本誌でお知らせします」と発表され、休載していた。 

 「HUNTER×HUNTER」は、1998年に「週刊少年ジャンプ」で連載を開始。休載をはさみながら連載していたが、「蟻編」に続く「選挙編」を終え、新しいエピソードに突入したばかりの2012年3月に連載を休止。 
14年6月に約2年3カ月ぶりに連載を再開したが、作者の腰痛のため、同年8月に再び休載となった。 
16年4月に約1年8カ月ぶりに連載が再開されたが、同年7月に休載。16年7月~17年6月、17年9月~18年1月にも休載するなど、連載と休載を繰り返している。 

http://news.mynavi.jp/article/20180905-688830/

(さらに…)

【お菓子】「きのこの山・たけのこの里 国民総選挙2018」9月11日(火)に結果発表!ついに長年の戦いに終止符!

きのこの山・たけのこの里 国民総選挙2018、打ち上げパーティー開催決定! ~勝利党マニフェスト体験会・新商品食べ放題~ 9月11日(火)18:00~@原宿 

■勝利党のマニフェストのいくつかをイベント会場で体験! 
■『きのこの山 紫いも味』『たけのこの里 和栗味』を9月4日(火)から新発売! 
 打ち上げパーティーでは食べ放題! 
■選挙結果に基づいた松本潤総選挙委員長出演の新CMも9月11日(火)より公開! 

 株式会社 明治は、2018年2月26日(月)から7月31日(火)まで実施した「きのこの山・たけのこの里 国民総選挙2018」の結果を、9月11日(火)に発表することを決定し、18時より、「打ち上げパーティー」を開催します。 
 打ち上げパーティーでは、勝利した党のマニフェストの実現計画を発表し、そのマニフェストの一部を体験いただけます。また、国民総選挙への参加に感謝を込め、9月4日(火)から発売される新商品「きのこの山 紫いも味」「たけのこの里 和栗味」を含む合計4種類の「きのこの山」「たけのこの里」の食べ放題ビュッフェや、「きのこ党」「たけのこ党」の党首と記念撮影が行えるなど、長期にわたる国民総選挙の締めくくりとして、「きのこの山」「たけのこの里」を楽しんでいただける内容となっています。 

 さらに、国民総選挙の結果に基づいた、松本潤総選挙委員長が出演する新CMも9月11日(火)より放映いたします。 

 打ち上げパーティーの概要は以下の通りです。ステージ上でのコンテンツのほか、体験や展示をお楽しみいただけます。 
※国民総選挙の結果は、打ち上げパーティー前に発表いたします。 

■開催日時 
2018年9月11日(火)17:30開場、18:00開始、19:00 終了(予定) 

■開催場所 
ラフォーレミュージアム原宿(東京都渋谷区神宮前 1-11-6 ラフォーレ原宿 6階) 

■参加条件 
先着順で、どなたでもご参加いただけます。 

■参加人数 
先着100名様 

■内容 
・結果発表、新CM披露、勝利党マニフェスト実現計画発表、新商品告知 
・勝利党マニフェスト体験会、「きのこの山」「たけのこの里」食べ放題ビュッフェ、党首との記念撮影 
・おみやげ 
※着席/立ち見は自由 
※2018年2月~7月実施のキャンペーン当選品の「党員証」を持参いただいた方には特典があります 

全文 
http://news.biglobe.ne.jp/economy/0903/prt_180903_0754504422.html 

(さらに…)

この世でもっとも「信用できない言葉」 一生のお願い 怒らないから正直に言いなさい

日頃生活する中で、信用できない言葉はたくさんあるだろう。たとえば、社交辞令で言われている言葉もそうかもしれない。 
しらべぇ編集部では、「安易に信じられない言葉」について全国調査を行なった。その結果をランキング形式で紹介しよう。 

■第8位:ずっと友達だよ(5.8%) 

■第7位:映画のキャッチコピー「全米No.1」(5.9%) 

■第6位:また今度ね(7.4%) 

■第5位:結婚式の「誓います」(10.2%) 

■第4位:頭いいヤツの「全然勉強してない」(10.9%) 

■第3位:無料(11.1%) 

■第2位:怒らないから正直に言いなさい(14.8%) 

■第1位:一生のお願い(33.9%) 

http://trend.sunnysideworkers.com/archives/6415556

(さらに…)

「今すぐ基地のフェンスを撤去しろ!」承認撤回に狂喜乱舞 辺野古でプロ土人が大はしゃぎ

【辺野古問題取材班】県の埋め立て承認撤回から一夜明けた米軍キャンプ・シュワブのゲート前で1日午前、集中抗議行動が行われた。県内各地から市民約800人(主催者発表)が駆け付けた。 
市民は待ち望んだ「撤回」を手をたたき、指笛を鳴らして改めて祝った。 
ガンバロー三唱では、互いにつないだ手を高々と突き上げ「建設断念まであきらめない」と誓い合った。 

マイクを握った沖縄平和運動センターの大城悟事務局長は「撤回により国は工事ができなくなった」と強調し、その上で「ゲート前のフェンスをすぐに撤去しろ」と訴えた。 

恩納村から参加した大城勝泰さん(74)は「翁長知事が新基地反対の県民の思いを背負って撤回の道筋を作った。今度は私たちが引き継ぐ番だ」と語った。 

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-794948.html

1日、名護市辺野古で新基地建設に反対の意思を示す大規模な抗議集会が開かれました。 

集会の冒頭、平和運動センターの山城博治議長は「朝、ゲート前に来ました。撤回されたということは政府は(移設工事をする)権限を失ったということです。ですからゲート前のフェンスは撤去されるべきです」と訴えました。 

連日の抗議が続いているキャンプシュワブのゲート前では、県が埋め立て承認の撤回に踏み切ったことを受け、1日は朝から多くの人が集まり、改めて移設工事阻止を訴えました。 

参加した人たちは「翁長知事の遺志を引き継ぎ、抗議の声を上げ続けよう」と呼びかけました。

http://www.qab.co.jp/news/20180901106073.html

(さらに…)

【三重】西洋では「悪魔の魚」 タコと日本人を考える企画展 鳥羽・海の博物館

鳥羽市浦村町の市立海の博物館で、日本人の暮らしと密接に関わる海の生きもの「タコ」を通して、人と海とのつながりを考える特別展「こまったときのタコだのみ~まちを元気に、タコに願いを~」が開かれている。 

 西洋ではタコは「悪魔の魚」と呼ばれ嫌われているが、日本では古くから食べられてきた。鳥羽市もタコ漁が盛んで、神島と渥美半島間の伊良湖水道に生息するタコは、海流にもまれて身が締まり「おいしい」と評判だ。 

 タコ薬師やタコ地蔵として信仰を集める。英語のオクトパスに引っ掛けて「置くとパス」する受験の願掛けや、「ひっぱりダコ」から連想する商売繁盛など、地域振興にも活用される。 

 特別展は「タコへの信仰と伝承」「タコの捕り方いろいろ」「タコ食と地域振興」の3部門に分けて約200点を展示した。 

 信仰と伝承は、兵庫県明石市から借り受けた合格祈願の「たこ神社」や、絵馬、祭具、古文書などを使って解説。捕り方では、タコ漁の歴史や海女とタコの浮世絵、日本最古とされる弥生時代のタコつぼなどを並べた。タコ食では、各地のタコを使った郷土料理の他、まちづくりに奮闘するタコのキャラクターや、タコをデザインしたマンホールのふたなどを紹介している。 

 博物館学芸員の縣拓也さん(38)は「タコは、不思議な姿から恐れられながらも、信仰と関心を集め続ける、ミステリアスな海の生き物だ。人と海との密接なつながりを感じとってほしい」と話している。11月25日まで。【林一茂】 

(さらに…)

【秋の味覚】名取市閖上でサンマ祭り 去年よりひと回り大きく脂の乗りも良いということです/宮城

http://www.tbc-sendai.co.jp/01news/fr.html?id=00002737

名取市閖上で26日、サンマが無料で振る舞われ訪れた家族連れらが秋の味覚を楽しみました。 
今年で33回目を迎えた名取市のゆりあげ港朝市「さんま祭り」。 
26日は北海道根室沖で獲れたサンマおよそ2000匹が無料で振る舞われました。 
訪れた人たちは炭火でサンマを焼きその場で、熱々の秋の味覚を堪能していました。 
主催者によりますと今年のサンマは去年と比べてひと回り大きく脂の乗りも良いということです。

(さらに…)

16式機動戦闘車ってスラローム射撃出来るの?

動画で見る「平成30年度富士総合火力演習」。16式機動戦闘車の砲撃シーンなど 
2018年8月28日 06:00 

8月23日~26日にかけて陸上自衛隊は東富士演習場(静岡県御殿場市)の畑岡地区で開催された、 
“そうかえん”こと「平成30年度富士総合火力演習」。 
このそうかえんは、実弾射撃を伴った演習が行なわれ、陸上自衛隊最大の 
一般公開イベントとして知られている。 

2018年は16式機動戦闘車(MCV)が、初めて実弾射撃をそうかえんで公開。 
装輪装甲車らしい高い機動力と、52口径105mm砲の火力展示を行なった。 
本記事では、そうかえんのダイジェスト映像、戦車火力映像、 
ヘリコプター火力映像の3本を紹介する。 

平成30年度 総合火力演習 ダイジェスト
http://youtu.be/8PblnSeJbz8
http://youtu.be/eoxHb04jS1w

(さらに…)

平成生まれがついてこられないスレ

ポートピア連続殺人事件 
グリコ森永事件 
ゲイラカイト 
コーラのヨーヨー名人 
たけしのフライデー乱入 
スーパーカーブーム 
高橋名人 
11PM 
サスケ(ジュース) 
ゲームウォッチ 
エリマキトガケ 
引っ張ると指が挟まれるガム 
国盗り合戦 
風雲たけし城 
ビートたけしのスポーツ大賞のカールくん 
ラジコンブーム 
FF、DQ 
岡田有希子さん自殺 
なめ猫 
夕にゃん 
日航機墜落 
スライム 
ルービックキューブ 
スペースシャトル 
「機長、やめてください」 
ガンプラ 
マリオブラザーズ 
スモモ 
ポキール 
(さらに…)

女子中高生にふさわしいブラジャーの色って何色?

明るい色の地毛の生徒に黒染めを要求するなど、学校に存在する理不尽な独自ルール「ブラック校則」が問題視されている。 
下着の色を指定するという校則に対し、ランジェリーショップの「BODY FOCUS」はどの色の下着が透けるのかを検証。白など肌よりも淡い色はより透けるとしている。 

NPO法人などで構成する「ブラック校則をなくそう! プロジェクト」が今年2月に実施した調査によると、現在の10代で中学生時に下着の色を決められていた人は約16%。 
現在の年齢が上がるほど下着の色指定を体験した率が減るため、この校則は現在の流行りといえる。また、男性教員に下着をチェックされたという女性生徒の声も少なくないという。 
なお、下着の色指定をはじめ多様なファッションを抑制する理由は、教員の多忙化による一括管理化などが考えられるが、実態は不明だとしている。 

ランジェリーショップ「BODY FOCUS」は、下着の色を指定する理由の一つとされている「透けないように」に対し、白色が本当に透けないのかを検証。 
検証方法は、人の肌色に近い封筒を下地に、左から白・ピンク・水色・ベージュ・赤・紺の生地を並べ、その上に白い布を被せて透け具合を確かめるというもの。 
色の濃い赤や紺の方が透けると思われがちだが、結果は逆。水色・ピンク・白の淡い色がより透けるという結果となった。 
「BODY FOCUS」は、「肌よりも薄い淡い色はとっても透けます。透けないようにが目的の校則であれば是非キャミなどインナーの着用をお勧めします」と提言している。 

ベージュや赤の下着の方が白い服から透けにくいことに、ネットでは驚きや共感の声が多数。 
また、透けるかどうかは後から取ってつけた理由で「セクハラ目的、画一的な女性生徒イメージの強要。慣習・道徳と法律の混同」だと指摘する声や、 
透けていた生徒を見かけ学校に「生徒を晒し者にするのか?と、苦情の電話を入れたら、関係無い人は黙って下さい、と回答」されたといったコメントも寄せられ、大きな反響となっている。 

「下着の色は白」は理不尽なブラック校則 下着店が検証「肌より薄い淡い色はよく透ける」

(さらに…)