北朝鮮も離れ韓国孤立


朗報を待っていた韓国政府だが、記念日まで8日の21日になり、北朝鮮から「時期的に 
共同行事の準備は難しい」と韓国統一省に公式に通報が来た。 

 また、韓国は「抗日」での共闘を呼びかけたが、北朝鮮は今月、漂流漁船や船員を 
救助した日本に謝意を表明するなど、関係改善に向けて日本に秋波を送ってもいる。 
南北共同行事への韓国の期待は外れた。 

 今年は三・一独立運動に加え、中国・上海での亡命政府「大韓民国臨時政府」の設立 
(4月11日)から100周年に当たる。 
http://www.sankei.com/world/news/190221/wor1902210034-n2.html

 

(さらに…)

蛇口からカルピス 全国9カ所で


“「カルピス」じゃぐち”全国9カ所で展開、「カルピス」誕生100周年記念で/アサヒ飲料(食品産業新聞社ニュースWEB) 
〈みんなの想いを子どもたちを祝う1杯に〉 

アサヒ飲料は、「カルピス」誕生100周年施策の一環として、2月22日から全国9カ所で“「カルピス」じゃぐち” 
を展開する。 

「げんきがいちばん!」「なんでもたのしくやろう!」など、特設WEBサイト上にある“子どもたちへのお祝い 
メッセージ”を選んでクリックすることで、1回あたり1杯の「カルピス」をイベント会場の子どもたちに届け 
られる仕組み。会場では、子どもたちが蛇口をひねると「カルピス」が出てくるとともに、全国から集まっ 
たメッセージが届くという。 

2月22日から3月3日まで実施する東京ドームシティ アトラクションでの展開を皮切りに、5月5日の子ども 
の日周辺まで全国9カ所で展開する。 

アサヒ飲料は、毎年ひなまつり時期に、「カルピス」が白酒の色に似ていることから、全国の希望する保育 
園・幼稚園全園に園児一人一杯分の「カルピス」をプレゼントする活動を1963年から50年以上続けている。 
ブランド発売100周年となる今年は、親だけでなく、社会全体で子どもたちの成長を願い、祝うことを目的に 
「人を想う記念日ACTION!」の一環として「カルピス」じゃぐちを実施する。 

2月21日に都内で開催された「カルピス」ブランド100周年新CM発表会でも、「カルピス」じゃぐちが披露され、 
22日から放映される新CMに出演する長澤まさみさん、永野芽郁さん、竹野内豊さんが体験。竹野内さんは 
「こんな蛇口があったら最高だ」と語った。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00010001-ssnp-bus_all

http://amd.c.yimg.jp/amd/20190221-00010001-ssnp-000-5-view.jpg
“「カルピス」じゃぐち”を体験する永野芽郁さん

 

(さらに…)

アブドーラ・ザ・ブッチャー(78)引退


“世界の16文”こと故ジャイアント馬場さん(享年61)の「没20年追善興行」(19日、東京・両国国技館)で、 
“呪術師”アブドーラ・ザ・ブッチャー(78)が引退セレモニーを行った。 

第3試合終了後、入場曲「吹けよ風、呼べよ嵐」が流れると、ブッチャーは車いすに乗って登場。 
リングに上がると徳光和夫アナウンサー(77)らマスコミ関係者、マスカラス兄弟、 
初代タイガーマスク、秋山準、武藤敬司、坂口征二、スタン・ハンセン、ドリー・ファンクJr.から花束が贈られた。 
またザ・デストロイヤー、鈴木みのるからはビデオメッセージも届いた。 

1970年の日本プロレス初来日から多くの日本のファンに愛された呪術師は 
「一つだけ、ここにババがいてくれたら完璧だった。若い人たちにどうしても言いたいことがある。 
自分の親が老いたとき、老人ホームにぶち込んで放置するのだけはやめろ。 
お前らもいつか同じように年を取るんだ。自分の親を大事にすることを忘れるな」とメッセージを送った。 
最後は「日本のファンの皆さん、ありがとう」と何度も感謝を口にしてリングから去った。 
http://www.tokyo-sports.co.jp/prores/mens_prores/1285771/
http://img.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2019/02/525a538b7dbb706a226865d1a3d35592.jpg

 

(さらに…)

不倫は自由!最高裁で不倫相手への慰謝料請求を棄却!まあお前らには関係ないか


不倫相手には請求できず=離婚の慰謝料、初判断-最高裁 
2/19(火) 14:57配信 

 配偶者の不倫が原因で離婚した場合、不倫相手に離婚に対する慰謝料を請求できるかが争われた訴訟の上告審判決で、 
最高裁第3小法廷(宮崎裕子裁判長)は19日、「特段の事情がない限り、請求できない」との初判断を示した。 

  
 争いになったのは、離婚による精神的苦痛の慰謝料。不倫行為自体に対する慰謝料は、行為を知った日から3年以内で 
あれば、配偶者と不倫相手双方に請求できる。 

 第3小法廷は判決で、「離婚は本来、夫婦間で決められるべき事柄で、離婚させたことの責任を不倫相手が直ちに 
負うことはない」と指摘。不倫相手に離婚の慰謝料を請求できるのは、「離婚させることを意図し、夫婦間に不当な 
干渉をした場合」に限られるとした。 

 その上で、不倫相手に慰謝料など198万円の賠償を命じた一、二審判決を取り消し、原告側の請求を棄却した。 

 上告審判決などによると、原告の関東地方の40代男性は1994年に結婚し、2人の子どもをもうけたが、2010年に 
妻の不倫が発覚。15年に離婚し、同年、不倫相手に慰謝料など495万円の賠償を求めて提訴した。  

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00000071-jij-soci

 

(さらに…)

ドイツ政府「殺虫剤や夜間照明は昆虫への虐待。昆虫保護法で守られるべきだ」


【AFP=時事】ドイツのスベンヤ・シュルツェ(Svenja Schulze)環境相は17日付の独紙ビルト日曜版(Bild am Sonntag)で、昆虫を保護するため、 
殺虫剤の大幅削減や巨額の研究費拠出を盛り込んだ法律を制定する方針を明らかにした。 
人間の活動が昆虫の生態に及ぼす影響に対しては世界的に懸念が高まっている。 

 社会民主党(SPD)のシュルツェ氏は同紙に「私たち人間は昆虫を必要としている。昆虫は法律で守られてしかるべきだ」と語っている。 

 独DPA通信によると、シュルツェ氏が掲げる「昆虫の保護に向けた行動計画」では、昆虫保護のために年間1億ユーロ(約125億円)を拠出し、うち2500万ユーロ(約31億円)を研究に割り当てる計画だ。 

 さらに2050年まで道路や住宅建設のために更地をコンクリートで覆うことを禁止するほか、昆虫が方向感覚を失ってしまわないように夜間の照明も制限する。 

 行動計画では、連邦政府は「環境や自然が耐えられる殺虫剤散布や、昆虫が生息する場所での殺虫剤やその他の有害物質の大幅な削減」に関する規則を設けるとし、 
議論の的になっている除草剤成分「グリホサート」を2023年までに禁止することも盛り込んだ。グリホサートはフランスも禁止する方向だが、全面禁止の時期は決まっていない。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00000022-jij_afp-sctch

 

(さらに…)

【動画】 女性の生殖器、精子1億匹を選別する関門だった “強い精子”しか先に進めない特殊構造


弱い精子は卵子にたどり着く前にブロックされることがよくわかる実験映像 

一度の射精でおよそ1億匹の精子が放出されるといわれていますが、そのうち卵子にたどり着き受精を果たせるのはたった1匹。 
およそ1億分の1という激しすぎる競争を勝ち抜けるような強い精子を選別するために、女性の生殖器は精子たちをさまざまな 
ふるいにかけます。その一例に「体液の流れと生殖器の構造」があるとして、コーネル大学の研究者らが生殖器官内での 
精子の動きをシミュレーションし、実験を行った結果を発表しています。 

Strictures of a microchannel impose fierce competition to select for highly motile sperm | Science Advances
http://advances.sciencemag.org/content/5/2/eaav2111

実際にデバイス内を必死に進もうとするも押し流される精子の姿は以下のムービーから見ることが可能です。 

Strictures of a microchannel impose fierce competition to select for highly motile sperm – YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=rHnWW2gStzo
※NGワード回避 大文字tを小文字に

食品化学者のAlireza Abbaspourrad氏率いる研究チームは、生殖器官内での精子の動きを高い精度でシミュレートできるような 
装置をマイクロ流体デバイスで開発しました。マイクロ流体力学は、100ナノメートルから数百マイクロメートルの単位の世界で 
化学的・物理的に液体の挙動について研究する学問です。技術の発展と共に精度の高い実験装置を作ることができるようになり、 
髪の毛よりも細い管をガラスやシリコンに通した「マイクロ流体デバイス」も開発されたことで、近年勢いを見せる分野の1つです。

http://i.gzn.jp/img/2019/02/14/sperm-model-reproductive-tract/001.jpg

研究チームはあらかじめマイクロ流体力学に基づいて、精子の動きを予測する数式モデルを作成していました。 
そして、およそ40マイクロメートル(約0.04mm)の狭窄(きょうさく)部を設けたマイクロ流体デバイス内に体液に粘度が近い液体を流し、 
その中でウシとヒトの精子がどのようにふるまうのかを観察しました。流れにさからって泳ぐ実際の精子の動きはほぼ予想通りで、 
押し流される距離はシミュレーションよりもやや短かったとのこと。以下の画像のDは精子が流される距離(縦軸)と精子の速度(横軸)を 
グラフにしたもので、シミュレーション(青)と実験値(緑・赤・黒)が比較されています。 

http://i.gzn.jp/img/2019/02/14/sperm-model-reproductive-tract/a01.jpg

以下の画像は、左から右にかけて液体が流れているデバイス内で、1~7までの数字を振られた精子が左から右への流れに逆らって 
狭窄部を通過しようとする様子。1番の精子は左の部屋に移動できていますが、2番や4番、5番は右へ押し流されてしまっています。 
体液の流れや極端に狭い空間を作るうねりやひだは強い精子を選別するための関門となっていて、その関門をくぐり抜けられるような 
強い精子でなければ卵子に到達することはできないというわけです。 

http://i.gzn.jp/img/2019/02/14/sperm-model-reproductive-tract/a02.jpg

http://gigazine.net/news/20190214-sperm-model-reproductive-tract/

 

(さらに…)

【スパコン】”京”後継機の名称を公募


理研、“スパコン京”後継機の名称を公募 – PC Watch 

 理化学研究所(理研)は2月15日、国産スーパーコンピュータ「京」の後継機の名称公募を開始した。 
応募期間は4月8日の17時まで。 

 京の名称は公募によって決められたもので、今回の“ポスト京”についても同様に名前を決める方針。 
京の後継機の開発は2014年4月よりはじまっており、2021年頃の共用開始を目指して開発/整備が進 
んでいる。 

 理研は後継機の名称について以下の2点を期待しているとする。 

・世界トップレベルの研究拠点、スーパーコンピュータであることを知っていただけること 
・日本国内のみならず、世界中の方々にとって親しみやすい名称であること 

応募資格は個人にかぎるものの、誰でも参加でき個人が複数の名称を応募することもできる。応募
フォームはこちらのリンク(http://www.r-ccs.riken.jp/naming)から。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1169974.html

 

(さらに…)

韓国政府アダルトサイト全面遮断で批判殺到 署名が17万も集まる → 「合法なエロサイトはOKにする」


韓国政府が2月11日からアダルトサイトなど違法性のあるサイトを全面遮断した。遮断の対象はアダルトサイト、 
ギャンブルサイト、その他著作権を侵害するようなサイトや有害サイトとなる。 
しかし「表現の自由を奪う」「検閲だ」という議論も沸き、韓国のネットユーザーは激怒。 

「サーバー・ネーム・インディケーション・フィールド遮断方式(SNI)」を採用しており、ネットユーザーの 
パケットをそのまま見れてしまうという懸念も挙がっている。 

更に大統領府(青瓦台)の嘆願書サイトには「httpsブロックポリシーに対する反対意見」という記事が掲載され、 
現在までに17万9605人が署名し賛同。 

この怒りに政府が反応したようだ。主務省であるキム・ジェヨン放送通信委員会の利用者制作局長は 
「合法成人向けコンテンツはブロックの対象としない」と明らかにした。 

これまでは全面遮断されてきており、DMM.comなど合法サイトも閲覧出来なくなっていたが、合法成人サイトはブロックしないとした。 

http://gogotsu.com/archives/48233
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2019/02/01-21.jpg
請願サイト
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2019/02/002-6.jpg

 

(さらに…)

フィリピン大統領「国名を『マハルリカ』に変更したい」


【マニラ=遠藤淳】フィリピンのドゥテルテ大統領は11日の南部マギンダナオ州での演説で「かつてマルコス大統領が国名を 
『マハルリカ共和国』に変更しようとしたのは正しかった」と発言した。現在の国名は植民地時代の名残だとして「いつか変えたらいい」と述べた。 
実現性は乏しいものの、国家としての自立を促す一手段として議論を呼びそうだ。 

フィリピンは1898年まで300年以上、スペインに支配され、国名は後にスペイン国王フェリペ2世となるフェリペ皇太子にちなんで名づけられた。 
ドゥテルテ氏は国家の主体性を高めることをかねて訴えており、植民地時代を映す国名にも矢を向けた格好だ。 

長期独裁政権を敷いたマルコス大統領は1978年にマハルリカに変更するよう求めたが、立ち消えになった。 
当時の政府当局の説明によると、マハルリカはサンスクリット語から来た言葉で「気高く誕生した」という意味だという。 

もっとも、パネロ大統領報道官は12日に国名を変更するには議会で法律を制定し、国民投票にかけるなどの手続きが必要だと説明。 
「大統領の個人的なアイデアだ」と話した。
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO4119759013022019EAF000/

 

(さらに…)

マンガ家になんてなれない。一生の後悔になりそうな「マンガ学部」という学歴

大学でマンガについて学べるのは、もう当たり前になっている。芸術系の学部から社会学系の学部まで、さまざまな形でマンガやアニメ、オタク文化は学問として研究されるようになっている。 

 一方で、乱立しているにも拘わらず存在意義を疑問視されているのが、マンガ家を養成する系統の大学学部だ。2006年に京都精華大学がマンガ学部を開設したのを皮切りに、芸術系の大学を中心として、マンガ家になるための技術を学ぶことができる大学が次々と誕生している。 

 こうした学部が誕生する背景にあるのは、マンガやアニメを中心にオタク文化が世界から注目されるようになったためだ。2000年代後半から、オタク文化が世界に発信できるものだという認識が広がる中で、日本のマンガ家になるためのキャリアプランは疑問視されていた。 

 いくつかの専門学校を除けば、カリキュラムに沿って技術を向上させていくというシステムがないこと。編集の指導、あるいはプロの描き手のアシスタントとして技術を磨くなどの修業方法は、極めて前近代的という風に指摘されていた。 

 それこそ「海外では、こうした技術は学校で学ぶものですよ」という意見が、検証もされないまま、まかり通っていたのである。 

 なにより、オタク文化が注目される中で、それに則した学部を開設すれば、受験生もたくさん集まるのではないかという大学側の期待もあった。 

 そして現在、すでにマンガ学部が誕生して10数年を経過している。どこの大学も、卒業生の主な進路はサイトなどで公開している。そうした資料を見ると、確かに年に何人かは商業誌でデビューを果たしていることはわかる。 

 でも、大多数の就職先は一般企業。良くて、オタク産業に関わる会社ならまだマシなほうで、まったく関係ない業種を選択する学生も多い。 

「こうした学部を目指すのは、親に大学くらいは出ておかないとと、尻を叩かれて受験するモラトリアム志向の学生がほとんどです。本気でマンガ家になりたいと考えている学生も一握りいるかいないか。なので、授業では技術を身につけてゲーム会社、あるいは印刷会社くらいには……と、指導をしてはいますが」(大学教員) 

 もしも、4年間のモラトリアムを楽しんだとして、学歴はずっとついて回る。まったく一般の職業に就いた時に「マンガ学部を卒業しました」は、いったいどんな印象を持たれるのか……。 
(文=是枝 了以) 

http://otapol.jp/2019/02/post-53460.html

 

(さらに…)